スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第30回周防地区高等学校演劇発表会+創作劇「ヤマタノオロチ外伝」 観劇した感想
こんにちは。エリです。
先日無事に地区大会を終え、いつも私達ブタ芸を支えてくださっている皆様のおかげで最優秀賞を受賞することができました。本当にありがとうございました。

遅くなりましたが、今大会の観劇した感想を書こうと思います。
私の解釈が足りないところやネタバレを含んでいるところがあるのでご注意ください。あまりにも過激な所がございましたらご指摘よろしくおねがい致します。


上演2岩国高等学校「ダイナマイトと蛙たち」
リハの段階から抽象的なセットでどんな作品なのかわくわくして、すごく想像力をかき立てられました。
いざ上演が始まると登場人物が全員蛙だということがわかり蛙目線からの視野、ほぼ等身大のダイナマイトなどとてもおもしろい世界観だと思いました。
ストーリーの展開にも常にハラハラさせられました。蛙達がダイナマイトを所持していることに自信を持っているのと同時にそれだけ恐怖感を抱いていて、それは蛙だけでなく人間でも同じなのではないかと思いました。
やはり生き物というものは巨大な力を手に入れれば入れるほど、同時になにか大きなものを失ってしまうのでしょうか。
私にはそんな苦境の中でも果敢に人間に立ち向かおうとしたケロの姿は私達人間にもなにか大きな勇気を与えてくれたような気がします。記憶に残る衝撃なラストでした。
個人的には一人称を「僕」と呼んでいた女の子の人の性別が女なのか男なのか気になりましたが、私は立ち振る舞い、しゃべり方から女の子かなーと思ってました。笑


上演3新南陽高等学校「、それでもカメは歩き続ける」
舞台は廃部寸前の弱小演劇部。私自身の役柄から若干の対抗心(?)を燃やしつつ、楽しく且つ考えさせられながら観させてもらいました。
パロディすごーく笑いました。笑い声がでかくてすみません。笑
是非県大会でも残してほしい場面です。笑笑
他にもこちらの意表を突くような粋な演出ばかりでとても引きこまれましたが、県大会での上演に差し障りがあってはいけませんので、詳述を控えます。
また県大会での上演を楽しみにしています。


上演4岩国総合高等学校「いっしょに暮らそ」
リハーサルの時から感じていたのですが、抽象的で素敵なセット、センスのある照明に圧倒されました。
お芝居も一人一人の役者さんにそれぞれ味があって、またどの役もキャラがが立っており登場人物が混乱することもなく、スムーズに整理して観れました。
そして分からないセリフがないほどに滑舌が良く、子供からお年寄りまで幅広い年代の役柄を全て妥協せず完壁に演じておられました。
子供は本当に小さな子供に見えましたし、お母さんの立ち方や話し方まさにお母さんそのものでした。
あれだけの演技力、滑舌はやはり日々の練習から身につけているのだろうなと感じました。私も見習いたいです。
ストーリーでは発達障害の息子さんをあえて全面に出して社会提議しているのかなと個人的に勝手に思ってました。誘拐事件ではハラハラさせる場面も多々ありましたが、最後にはふふっと笑えるようなオチがあって、なんだか暖かい気持ちになりました。
直前にキャストを変更したと聞きましたが全然そんなことを感じさせない舞台でした。


上演5光丘高等学校「まじめなBerry」
流石放送部なだけあって滑舌がよく声も通っていてセリフが聞き取りやすかったです。
話が進んでいくにつれ3人の関係の位置付けがはっきりしてきてだんだん真鍋さんの本性があらわになってくるところがおもしろかったです。というか真鍋さん結構好きです。「自分は真面目」というコンプレックスを抱えながらそれを自分で乗り越えようとする姿勢に心を打たれました。
華陵にもランチタイムDJあったらいいですよね。笑
舞台と会場を手拍子で一緒に巻きこむなどいろんな工夫が施されていました。


どの作品も本当に見応えがあって面白いものばかりでした。
やっぱり記録より記憶なのかなぁ~と再確認させられたような気がします。
今回賞に入らなかった高校さんもありますが、でも今回上演された全ての高校の劇は私達観劇した者の心の中に永遠に有り続けると思っています。賞をとることももちろん大事ですが観客の皆さんに思いを届けることも大事だと思っているので。
周防地区代表として恥ずかしくない上演ができるよう、県大会に向けてこれからもっともっと精進できるよう努力していこうと思います。





さて、話題は変わるのですが昨日大社文化プレイスうらら館にて三刀屋高校の「ヤマタノオロチ外伝」を観劇してきました。観劇した感想を書こうと思っているのですがおそらくばんばんネタバレを含んでいるので初見の方などは見ない方が良いかもしれません。





まず中国大会と大幅に変更されていた点から。
中大では上下、センターに階段が置かれていましたが、今回ではその階段がよりリアルで立体的に、神話チックに。
以前はちょっと滑りやすそうな印象でしたが、今回のはかなりがっちりしていてとても強化されていました。
そしてセンターの階段の両わき(もしかしたら片方だけだったかもしれません。違ったらすみません)に搭?というか柱のようなものが。時代背景を象徴しているようで素敵な存在感でした。

衣装は以前コロス役の人達はほぼおなじ服装だったのがスカーフや腰巻き(?)のようなものでカラフルに!
赤や緑など、いろんな色がありました。コロスもただスサの国の民なのではなく、それぞれに人格があるように感じました。オトとヤマタはわかりやすいように対象的な白と赤。少し後ろの方に座っていたので見えにくかったのですが、顔にもほっぺたにでかく横線がびっびっと2本メイクされていたように思います。
あとオロの髪も顔が見えやすくなっていたし、王(アシナ)様の衣装も以前よりぐーんと豪華になっていました。

ストーリーですが、一言でいうともうヤマタ方のドラマがやばい!!!!
以前は単にうそつきヤマタとしてどちらかというと悪者のような印象でしたが、オトとヤマタの幼少期の回想シーンがあったり、2人の関係をもっと深く描くことで2人の友情、絆の深さがより堅くなっておりそれだからこそラストシーンでオトが自分の旧友であるヤマタを殺すところが辛くて辛くて観てられませんでした。
オトとオロが王様の命令で捕らえられるシーンで以前はヤマタが「タキガミの民を逃がしたのはオトです」とあっさり王様に報告して、オトをちゃっかりだましてせせら笑っていたのが、今回は自分に疑いの念をかけられこのままでは自分の命が危ないという状況でやむを得ず「オトです」と思わずバラしてしまうという演出に変わっていました。それでオトとオロが捕らえられそうになっている時ヤマタが「やめてくれ!」と必死に叫んでいて、ヤマタにすごく人間味が出たというか、共感することができました。

本当むっちゃ感動してずっとぼろぼろぼろぼろ泣いてました。
個人的に去年の中国大会を思い出してしまい、いろいろな思いがよみがえってきてしまったのもあるかもしれないのですが・・・笑
でもこれがもしビデオやDVDだったとしたら私は泣けないんだろうな~と思います。
幕が開いた瞬間から洗練されたコロスの動き、ど迫力な音響に魅了され、ああこの感動と鳥肌は絶対生で観ないと味わえないんだろうなと確信しました。
役者さん一人一人の魂を感じました!コロスの動き、役者さんの演技、ユーモアありかっこよすぎる掛詞、台詞全て含め、最高の舞台に圧巻です!!観に行けて本当によかったです!


長々とすみませんでした。
それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/08/19 17:08】 | 観劇メモ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<地区大会のダメだし | ホーム | ときの周防地区大会感想>>
コメント
三刀屋高校のがんばりは、中国ブロックの誇りだよね
エリ、ありがとう。
三刀屋高校の上演、私も本当に観たかったです。
やっぱり演劇は生で観るものだよね。
最近、強く思います。
31日に、雲南の体育館で上演されるみたいだから、なんとかスケジュール調整をして行ってこようかなって思っています。
華陵のみんなはもう新学期が始まっていて、いけないんだよね。

みんなにも観て欲しかったね。
【2012/08/19 20:51】 URL | Chi #-[ 編集] | page top↑
>chi先生
生で感じる皆さんのパワー、ただものではありませんでした!!

31日、もし行けたら是非感想聞かせてくださいね。^^

はい。できれば部員全員で観に行きたかったです。泣
でも私自身も公演自体の存在を知るのが遅すぎたので・・・。
また機会があればみんなで観にいきたいです^^
【2012/08/19 22:03】 URL | エリ #yxBLcR7c[ 編集] | page top↑
30日でした!三刀屋高校上演!
先ほど、亀尾先生に教えていただきました。
30日(木)の12:20から
三刀屋文化体育館アスパルです。

行きたいな!
【2012/08/20 15:26】 URL | Chi #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/972-b22c9086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。