スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自立(7/12 木)
こんばんは、おはようございます、ポチです。
やっとこさ書いた記事が4回消え、完成してない記事が2回保存されました.......
5回目です。本文を忘れる始末です。現在時刻、AM04:00です。
涙が出てきました。

今日(昨日?)は7時に練習を終え、10時ぐらいまで話し合いをしました。
その内容が一番大切なのですが、それを書いたノートを学校に置いてきてしまいました.....
後日、また詳しく書かせてください。
自分の不甲斐なさを痛感します。申し訳ありません。

私はテストを受けてきたので、少し遅れて参加しましたが、職員室のシーンからやった模様です。
前の日に、主要の先生方以外の先生たちにも何かしゃべらせようということになったので、それを思い出しつつ進めていきました。

 羽生「Impossible.生徒達にはムリって言ってましたよねぇ、四隈先生」
     →言ってました言ってました。
これは単純に、「確かに」という反応です。

 四隈「でも見直しました。結局自分たちで勉強するしかないって気付いたんですから」
     →あの四隈先生が生徒を褒めている!珍しい...
     →そうですよねぇ!
という2パターンの反応を設定しました。色々な反応があった方が、個性豊かな職員室になりますもんね!

 草枕「それはどうかねぇ。ちょっと用心してみてやらんといけんかもしれんよ。急がば回れってね」
     →はぁ?せっかく一致団結しようとしてんのに、水差すなよ...
     →んーまぁ、そうかもしれませんねぇ...
草枕って、結構自分の意見とか主張とか考えとかを、周りの雰囲気に流されずに堂々という人です。それを良いと思う人もそうでないと思う人もいるので、2パターンに分けました。ここでは、ワタ・マカ・私が、反感を抱いた反応をすることになりました。

 羽生「あいつら本当に東大合格しちゃうかもしれませんよっ!」
     →うんうん、いいですねぇ、すごいですねぇ。
ここの反応は、最初は「おぉ!」というものでしたが、それは何か違うんじゃないのということで、「うんうん」というような反応になりました。私、ここの反応をどうしていいか、まだよく分からないんですよね...やはり前に出て、客観的に見るということはとても大切だなぁと思いました。演じながらも、ここはこれで自然だろうかと考えられるよう、努めたいです。

次に、続きの授業仕分けのシーンをやりました。
 羽生が「Let's enjoy English lesson!」と言うところは、みんな席に着いたりあわてて教科書を準備したりと、授業の始まりの雰囲気を醸し出します。
ここでのルートの「失礼します」は、みんなのざわざわにまけないぐらい、はっきりと。

白金の授業での、男子からのクレーム担当は、カナになりました。歩き方やしゃべり方を男子っぽく...難しいね!でもカナならできるよ(^v^)頑張って!!

四隈の授業では、有芽さんの歩き方や手の位置をもっと自然に、理は突然大声を出されたことに対しての驚きの表情をつけること、四隈先生は振り向くときに右手を勢いよく振らないことなど、直したところはたくさんありました。


明日もこれら直したところを忘れず、改善したところはずっと維持できるよう、全力で頑張ろうと思います!!

今回のタイトルは、話し合いで出たみんなの素晴らしい意見の引用です。
話し合いでの内容は、最初にも書いたよう、後日また記載させてください。
スポンサーサイト
【2012/07/13 04:29】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<わからなすぎて | ホーム | 小さな変化は…>>
コメント
もう十分「自立」してるよ!
ぽち、何度もかき込んだのに、消えちゃったのね。大変だったね。
私も、何度か経験あります。
どうしても書きたいことがいっぱいある時に限って、消えちゃうことが多いんだよね。

さて、濃密な話し合いができたこと、嬉しく思っています。
夜遅くなったけど、みんなおうちの人の了解はとっていたの? 大丈夫だった?

考えてみれば、私が顧問だったときも、こうやって、遅くまで話し合ったことが何度も。
そうやって、みんながすべきことを自覚できたし、仲間だってことを確認し合えたし、作品がどんどん良いものになっていった気がします。

時間を忘れて話し合うこともたまには必要だと思います。
でも、平日で、翌日仕事のあるおうちの方たちに迷惑をかけるのは、良くないので、今後はもう少し計画的に!
(何度も迷惑をかけた前顧問が言うと、全く説得力がないですかね?)

「自立」の話。
私はぶた芸のみんなは本当によく自立していると思いますよ。
現顧問の先生方があまり来られない状況の中で、今何をすべきかを自分たちで考え、着々と積み上げていってると思います。
指導員のしんが指導に行けるのは、金、土、日、月だけで、他の日は完全に自分達で相互演出をしているのでしょう。
本当によくやっていると思います。
だから、反対に、たまには、外から誰かにみてもらって、どう見えるかを確認していく方が大切だと思います。
6月の公演前に、私が厳しく注意したのは、観客の目を全く意識していない練習です。
公演直前なのに、通し稽古がほとんど出来ていない。
通し稽古を一度も見てもらっていない。
それをそのまま舞台に出しても良いのかって思ったのです。

だから、これからの練習も、せめて通し稽古のときは、顧問の先生に来ていただくか、保護者の方でも、仲の良い先生でも、お友達でも、とにかく外から見てもらうといいと思います。
60分だから付き合ってもらうのは大変だけどね。
でも、見ていただいて、率直な感想を聞いて、自分達の芝居を振り返ってみる。
そしたら、観客の目を意識した演技って私が言ってる意味が分かると思います。

今の1年生は、最初っから、自分の意見を言えるし、自分なりの解釈で演出をしようと頑張っているし、とっても優秀だと思います。
どちらかというと、ずっとすごい先輩と顧問の後を走ってきただけだって思ってる2年生の方が自信がなくて、なかなか思いが口に出せなかったのじゃないかと思います。
でも、今回の話し合いをきっかけに、お互いの思いをしっかり言い合える空気ができたこと。本当に良かったと思います。

これからも、よい作品を創り出すために、精一杯の努力をしてください。
あなたたちだからできる作品に期待しています。
【2012/07/13 17:04】 URL | Chi #-[ 編集] | page top↑
こんにちは千晶先生!今日は体調も気分も優れられない中、来ていただきありがとうございました!
そうなんですよね、書きたいことがたくさん思い浮かんだ時に限って消えるんですから.......

保護者には、10時までやるよとは連絡しませんでした。あんなにみんなで悩み苦しむとは思いませんでしたから。でも本当に、みんなの本音が聞けてよかったです。
自立......今日先生がおっしゃったように、確かに自立という言葉を使い何が解決できるわけではありません。でも、私が昨日のブログのタイトルに『自立』を引用したのは、エリの意見に本当に感動したからなんです。行動することも大切ですが、一番大切なのは、自分たちが持つ気持ちではないかと思いました。

結局はっきりとした結論はでませんでしたが、話し合ったことはすべて私たちのプラスになりました。決してマイナスになるようなことはありませんでしたよ。
みんなきちんと自分の意見を持っていて、1人1人聞くたびに、自分の心が洗われました。みんな、ぶた芸のことを一生懸命考えていることがひしひしと伝わってきました。

詳しい内容とわたしの気持ちは、本文のほうに記載しておきますので、ご覧下さいね!
【2012/07/14 22:35】 URL | ポチ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/915-8612254c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。