スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
6月16日
チカです^^

今日は、先日の公演で頂いた感想の中に「どこがラストか分かりにくい」というものがあり、ラストの音響を変更するか否かを最初に決めていきました。
曲数を減らしたり、フレーズを変えてみたり・・・試行錯誤した結果、減らすことにしました。しかし、そうすると演技力がもっともっと必要になります。受け、間・・・難しいからこそやり甲斐を見つけられると思います。

その後は一場から細かく作っていきました。葦の揺れるタイミングや、コロスで一斉にセリフを言ったり、あのパネルが○○になったり!?パネルから□□が登場したり!? まだつくり途中ですが、たくさんのアイデアが飛び交い、素晴らしいものになっています。皆様、8月の公演是非観にいらしてください!


そして今日は市民劇場の日。1年生は初めてです。楽しめたでしょうか?私の拙い感想(?)を。

今回は「家族愛」がテーマにあり、私達が挑んでいる「われのみそしる」にも共通する部分がありました。
登場人物は母方と父方の祖父母4人と、孫、お見合い相手の女性です。

・理のように家族と言い争う場面があり、だんだんヒートアップしていくところが綺麗。
・どこに反応しているのかがわかるし、言い方がすべてかわる。お客さんに「きかせる」言い回し。
(プロの役者さん方には失礼なことかもしれません><;)相手の言葉を自分の頭に1回通してから、自分の台詞を言っていました。日常では当たり前のことですが、私は演技をするとそれができなくなってしまいます。片岡先生が休憩時間に話していらっしゃった中で、「役者は台詞より先に感情を覚えるらしいですね。」と仰っていて、「そうなのか・・・」と素直に感動してしまいました。私も実践してみようと思いました。
・祖父母達の1つ1つの仕草が凄く自然だった。
劇中では80代を演じていらっしゃっていた役者さんは、もっと若いです。なのに、「あぁ、やるやる」とか「いるなぁ、こんな人」と思えました。おかげですぐ入り込めたし、共感できました。部員も自分の祖父母とそっくりだと言っていました。私も共感を持ってもらえるよう、ばあちゃんを研究していきたいと思います。
少しばかり演出をしていたからなのか、いつもは台詞をさらっと流してしまっていますが、今回は「今聴かせているな」とか「お客さんの笑いを待ってる」とか「そういう言い方があるのか」など、多くのことを発見できたと思います。1人語りが多くあり、お客さんが飽きない台詞回しでした。やはり「感情」が左右するのかな、と思っています。
プロの役者さんと比べてもしょうがないのかもしれませんが、課題を多く見つけました。これから精進していきます。


それでは。
スポンサーサイト
【2012/06/16 23:16】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<6月17日 | ホーム | 6月16日(土)>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/19 12:02】 | #[ 編集] | page top↑
Re: 「われみそ」さらなる可能性へ進化!!
まつシニア様、コメントありがとうございます。毎回まつシニア様のコメントには考えさせられ、勉強になります。

まず、「コロス」の解釈ですが、大体合っているのではないかと思われます・・・^^; コロスには人格がありません。ですので、皆が集中し「合わせる」ことだけに没頭しなければいけません。正直、難しい。でも、まつシニア様の仰るように、挑戦し続けなければぶた芸ではありません。部員一同、諦めません!!

私は今回、認知症のお婆ちゃんという役をいただいていますが、実際に認知症の方にお会いしたこともなければ、身近に年配の方がいらっしゃらない環境にいます。頼りになるのは、貸していただいた本と体験談のお話を聞かせていただくだけ。探り探り演じています。お褒めのお言葉も頂きました。しかし、まだまだ精進していかなければ、と思っています。まつシニア様からのヒントも生かしていきます。ありがとうございます。


「作品をつくっている部員同士の意思疎通はいかがでしたか?? 」ガツンときました。
意思疎通、出来ていませんでした。これは部員全員が感じているのではないでしょうか。
ですが1番の悪の根源は、私でした。何度も石田先生からお叱りを受けていたのにもかかわらず、自分を変えようとせず、部員のモチベージョンを下げるような行動ばかり。2年にもなって自分のことしか頭にない。恥ずかしい限りです。
そんな中むかえてしまった公演。まつシニア様をはじめ、ぶた芸をいつも応援してくださっている方々には簡単に見破られてしまったようです。
「カツっ!」が評価をいただいたのは、何度も話し合いを重ね、思いをぶつけ合い、涙し、笑いあったからこそなんだと、改めて実感します。私達は1つでした。目標は同じでした。
そんな貴重な体験をしておきながら、あの有様。観にいらしてくださった皆様、弱音も吐かず石田先生から私への指導のときに何度も巻き込んでしまった1年生に、心の底から申し訳ないです。

でも、もうそんなことを思っている時間もなくなってきました。夏はもうすぐそこです。
まずは「1つ」にならなければ。ぶた芸全員が同じゴールへ辿り着く為、全力で取り組んでいきます!
【2012/06/19 23:54】 URL | チカ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/890-cea9735c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【6月16日】
チカです^^今日は、先日の公演で頂いた感想の中に「どこがラストか分かりにくい」というものがあり、ラストの音響を変更するか否かを最初に決めていきました。曲数を減ら まとめwoネタ速neo【2012/06/20 04:54】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。