スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
舞台芸術部での三年間 ~支えてくださった皆様へ~
なおです

昨日、文化祭公演の「七人の部長」を終え、舞台芸術部を引退しました。
「七人の部長」生徒や大半の先生方は「良かった」と言ってくれましたが、やはりたった四日間で「しっかりテーマを伝えることのできる」レベルの芝居を作ることは出来ませんでした。
悔やまれる点は多々ありますが、これが最後の舞台です。
レベルは置いといて、「七人の部長」は大好きな脚本なのでやれて良かったです。
ブタ芸のみんな、本当にありがとう。

三年間、長かったような短かったような…

中学生のとき、文化祭で「合唱祭がなくなる日」で岡田君を演じて「演技って楽しいな」と思うようになり、俳優ではなく「声優」を目指してみることに。
声優になるためには発声方法と本格的な演技を学ばなきゃ...
そう思って、舞台芸術部がある華陵高校に入学しました。

すぐに入部届けを出しました。
最初の一年生は僕を含めて四人。僕と、マイと、Yと、スギでした。
早速発声方法とストレッチを伝授してもらいました。

「宗教みたい」と多くの友達に言われ、恥ずかしかったけど、舞台に立つため我慢しました。

はじめのアトリエ公演は「生徒総会」
潤一郎をやらせていただきました。

今思えば、セリフが早くて滑舌も悪く、と駄目なキャストだったと思います。
ですが、「本格的な演劇」というのを初めて体験し、もっと演じたいと思う気持ちが出てきました。

スギがドクターストップで部活を辞め、一年生は三人に。

夏の地区大会、「辛く厳しいこの世の中では辛い物好きばかりが目立っていますが、わたしは甘いものが大好きです。ところでからいとつらいって似てますよね。」
ここで中村かける君をやらせていただきました。

アトリエ公演と違って、大会なので先輩達の指導にも熱が入ります。
chi先生曰く、僕はボロクソに言われていたらしいのですが、あまり記憶にありません。
部員一丸となって何度も練習をして挑んだ大会は、惜しくも入賞ならず。

「華陵節」という華陵独特のテンポが原因で落とされてしまいました。
華陵節…?なんじゃそりゃ。
やってるこっちとしてはそんなもの全く分かりません。

そんな課題を抱えながら、秋のアトリエ公演で「ぽっくりさん」のケンジを演じました。
なかなか「華陵節」がなくなりません

「ぽっくりさん」を終え、新人大会の練習に入ろうとしたとき、Yが家の事情で部活を辞めました。
僕とマイの二人だけになってしまいました。

マイも一時期精神的にダウンし部活を休んだ時期があり辞めないか心配でしたが、ちゃんと復活して戻ってきてくれました。

新人大会では「しんがくじゅく」で河村君を演じました。
河村君のラスト15分の感情の流れがどうしても理解できず、初めて役作り悩みました。
彼はただ争いが嫌なだけだったのか…いまだに疑問です。


新入生歓迎公演でも「しんがくじゅく」を上演。

そして2年になり、部長にもなりました。
フミ先生と交代でchi先生が舞台芸術部の副顧問になられました。

シンさんやコバさんに聞くと、華陵を全国大会に2度も連れて行った先生とのこと。
その指導力も今までのものとは全然違いました。

地区大会の脚本をどうしようか迷っていたときにchi先生が「脚本、作ってみたら?」と僕に言いました。

脚本を作る...?
今までやったことないんですが...


部員は僕とマイの二人、一年生が入らないかもしれない、ということを考えて
「男子高校生の婚カツ」(一人芝居)をテーマに、「あるがままに(仮)」を作りました。
今思うとこのタイトル、かなり恥ずかしいです。

ユウトはここから出来上がりました。吹奏楽部、という舞台もここで決定。
しかし一年生が5人も入ってくれたので結局一人芝居は却下で、4.5人の芝居を作ることに。

chi先生はハッチ、シンさん、コバさんに多くのアドバイスをいただきどんどん作り上げていきました。
おばあちゃん登場。

脚本を作っている間、マイ演出の「ぼくんち」で一年生は初のアトリエ公演を上演。
みんな子供らしさが良く出ていてよかったです。

「ぼくんち」が終わったら完成しかけの脚本を一年生に見てもらい、即興劇をすることでどんどん作品の幅を広げていきました。


そして、「カツっ!」が出来上がりました。
マドンナ役はスミレさん、トモが演じました。
あてがきで書いたので、一年生もやりやすかったと思います。
しかし、おばあちゃん役とサクラ役、ミヤコ役が足りない。

そんな時、トキとシオ、サトが手伝ってくれることに。
音響や照明にも三年生が入ってくれました。

地区大会は「華陵節」のことはあまり言われず、突破することができました。
去年のリベンジが果たせてよかったです。
シオは受験の関係で引退。ありがとうございました。

次は、県大会。脚本強化で頑張ろうと思った矢先、トモの「やめる」発言。
地区大会前にみんなで涙流して話し合って、いい感じになったと思いきや、あれ?と思いました。
宝塚受験とかやりたいことがたくさんあったんだよね。

chi先生はあっさり退部をOKして、県大会の脚本制作に入りました。

イセさんが脚本制作を手伝いにきてくださいました。
一目見て「部長」という役職をやっていたことがわかりました。
お仕事バリバリな感じで、クールビューティーで演出についてもどんどん意見が出せて,,,

尊敬します。


県大会の前に文化祭公演、スミレさんはシオンさんに変更。三年生は「修学旅行」をやろうとしてましが、一年生の勉強のために「カツっ!」をやってもらうことに。

無理なお願いをして申し訳ない気持ちでいっぱいです。


県大会、サクラをアキラに変更し、Y君に戻ってきてもらいました。
やっぱりバイトがあったので、練習時間は限られていましたが。

県大会も突破し、中国大会。
トモが照明で復活し、島根に行きました。

島根に集まった中国5県の強豪達。
あの三刀屋高校もいました。

これが最後かも。。。
そう思って全力を出しました。

結果発表の時。

「全国大会に出場してもらうのは、山口県立華陵高等学校です」

・・・え?

驚きと喜び。二つの感情が入り混じって興奮状態でした。


ですが中大でYが離脱、2月の凱旋公演で、トキ、サト、マツが引退。
出来るならこの面子で全国に行きたかった...なんで年度またぐんですかね...


主要な人たちが引退して、部員不足になりましたが、ブタ芸は全国出場を諦めませんでした。
地元のテレビ局や新聞社にお願いして、新入部員の勧誘をしました。

ですが、3月11日、大震災の影響で福島のホールが使用不可能に。
僕たちに何ができるか考えましたが、「カツっ!」をやることしか思いつきませんでした。


新入生歓迎公演のために「七人の部長」を練習し始めました。
ですが、自分の計画性のなさと部長としての自覚のなさにchi先生に喝を入れられました。

なんとか新入生歓迎公演を終えると、8人もの新入部員が!!
しかも男子が2人も!本当にうれしかったです。

早速一年生に発声を教え、「カツっ!」を練習。
シオン役、トモにするかチカにするか。
chi先生は「華があるトモがいい」とおっしゃっていましたが、僕はずっとチカがいいなと思っていました。

マリさん経営のオシャレな喫茶店(ミルクセーキ美味しかったです)でオーディションをしました。
トモの滑舌が前より良くなっていたことに驚きました。


その数日後、話し合いの結果チカがシオンに。

記念公演、公開練習でスターピア、周南文化会館の方たちに大変お世話になりました。


全国大会、僕は「勝つ」ことではなく「楽しむ」ことを目標に挑みました。
そのおかげで、全国ではリラックスした気持ちで望めました。

そして、なんと結果は最優秀賞。国立劇場への切符を手にしました。
同時に日本一という看板を背負うことに。
日本一、人生で一回きりですよね多分。

国立劇場。一年半作ってきた「カツっ!」の最後の公演。
本当に楽しかったです。今まで溜まってたストレスが一気に発散されるぐらいに。

公演が終わってトキに会ったとき、涙がでました。
なんででしょう...長らく会えなかったからでしょうか?

保護者のみなさん、OB・OGの皆さん、華陵の皆さん、地元の皆さん、他校の皆さん、多くの人に支えられて作り上げてきた「カツっ!」は最高の舞台で、最高の形で終わることが出来ました。


部長になったのに全然自覚、責任が無くてchi先生に怒られて、本当に辞めたくなるくらいでした。

何で自分ばっかり…「部長なんだから」って言うの辞めてほしいんですけど…勉強したいんですけど…面倒くさいんだけど…

人のせいにばっかりして、面倒くさがりな自分は何もしてなくて。「部長」「演出」と名前だけもらって。
周りを見て指示をちゃんと出せずに、仕切れずにいて。

国立前にchi先生にまた喝を入れられて、もっと仕切ろうと意識して行動していたのですが、やっぱり駄目だったのでしょうか、国立劇場の方にその統率力のなさから「あ、部長だったんだ」と言われちゃいました。
はい、そうです。部長なんです。

新聞社さんの取材に部長として答えるときなんか、自己嫌悪になります。


新年あけてみんなの前で言いました「ダメ部長と言われないよう頑張る」
結局最後までダメ部長でした。すみません。
自分が不利な状況になったとき、他の人のせいにするとんでもない奴です。

「部長失格」これ、chi先生に何度も言われました。
はいはいそうですか~、と言われるたびに思ってましたが、悔しかったです。とても。

こんな部長でごめんなさい。ついてきてくれてありがとう。

ルカ、「三隅」とか言ってからかってましたが、二年生の中で一番信頼しています。
何言われようがくじけない強い心を持っているルカなら、絶対みんなついてきてくれると思います。

全然お手本になれんでほんとごめん。


でも、この舞台芸術部に入ってから、コミュニケーション能力は確実にあがったと思います。
中学の時より、堂々としゃべれるようになったし、人前に出てもあんまり恥ずかしくなくったり。

学べたことはたくさんありました。勉強の成績も何故かどんどんアップ(笑)

トミー、フウ、タマ、サカ、シオ、サラ、マツ、サキ、アキ、トキ、アッコ、サト、モエ、カナ、ユラ、マイ、Y、スギ、ルカ、エミ、ユウ、ナミ、トモ、チカ、トキ(オ)、ワタ、エリ、ミサ、マリちゃん、モモちゃん、ユカ、シンさん、コバさん、イセさん、マリさん、センさん、支えてくださった皆さん、そして、ハッチとchi先生。

今まで本当にありがとうございました。

これから勉強が大変ですw
第一志望校合格のため、頑張ります。

県大会、見に行くから部員一丸となって「カツっ!」に続く最高の作品を作り上げてください!


では、さらばです(^ω^)ノシ

舞台芸術部部長 河野直人
スポンサーサイト
【2011/09/03 10:18】 | 日記 road to 文化祭公演 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<9月4日15:00~17:00 NHK Eテレ | ホーム | 文化庁のホームページに!>>
コメント
頼りにしてたよ
この日記をみると、どんだけ部長にひどい顧問だったか!? 
「もっとやり方があるんじゃない?」
とシオンに怒られちゃいそうな指導方法ですね。
厳しいことばかり言ってごめんね。
でも、すごく期待していたので、がんがん言っちゃいました。
これからも、まだまだ期待してますよ。
卒業するまで苦しめちゃうかも・・・!
覚悟してね。

なおがいたから、ここまで来られました。
間違いなく・・・
自信を持ってください。

部長のリーダーシップの取り方も様々な方法があると思います。
常に目立って仕切るのが最善ではないと思います。
だから、なおのやり方はなおのやり方で正解だと思います。
ただ、何かトラブルが起こったときに、部長として責任をとる覚悟さえあれば良いのだと思います。
なおは矢面に立って、しっかり叱られたから責任を果たしてたといえると思いますよ。

なおは気づいてくれないけど、私は心からなおを愛しているし、誇りに思ってます。
本当にお疲れ様!
受験、がんばろうね!
本当にお疲れ様でした。

【2011/09/03 19:44】 URL | Chi #-[ 編集] | page top↑
言い忘れてました
演出としても、歴代のぶた芸の演出の中でもトップクラスの優秀な演出でした。
細かい演出は完全に任せきりでした。信頼してましたよ。
ありがとね
【2011/09/03 20:35】 URL | Chi #-[ 編集] | page top↑
ありがとうございます(T_T)
覚悟しておきます...ww

ですが、chi先生の喝や助言が無ければ、ここまでこれなかったと思います。
心から感謝しています。

県大会のことでホント忙しいと思い申し訳ないのですが、受験に関する指導、よろしくお願いします。

「名だけ演出」にならないように、出来るだけ頑張りました。
【2011/09/03 21:01】 URL | なお #xMMPNw/A[ 編集] | page top↑
なおへ
本当に3年間お疲れ様でした!


そして、今言っても遅いんだけど、前部長がしっかりとした部長じゃなくて本当にごめんなさい。

今でも、どうして自分が部長になったんだろうって思うことがあります。
なおがChi先生に叱られる度に、すごく凹んでいました。自分がいい見本だったら、こんなに叱られずに済んだかもしれないのに・・・って。
実は、私が部長の間、きっと、ナオ・マイ・Yは私を見てくれて、交代したらスムーズに出来るだろうと思っていました。誰がやってもできなくちゃいけない仕事だと思ってたし…。仕事内容だとか、部長としてのあり方みたいなことは言わなかった気がします。

言葉で言わないと伝わらないこともあるのに、言うのを躊躇ってしまい…、何のための部活だって話だよね・・・

―――周りを見て指示をちゃんと出せずに、仕切れずにいて。―――
私が最も出来なかったこと…。焦ってばっかりで、いっつも自分でやっちゃったり、放置してたりと…。いい見本になれんで本当に申し訳ない。

他にも、人間関係にしても、いつも私と誰かが衝突して、しかもちゃんと意見を言えずじまいで、周りに気を遣わせたり、自分のこととして考えてなかったり、演出についてもたいしたこともいえない。(部長である前に、先輩としてどうなんだ…)
本当に先輩として、部長らしいことは最後まで何一つ出来ず…。
(だから、クラスメートや近所の人に、部長はマツと思っていた人が多数いるんだよね…)


だけど、こんなダメダメ部長からバトンと受け継いだのにも関わらず、最後までよく頑張ってくれてありがとう! 本当に感謝しています。

私に出来なかったことをきちんとこなしていたと思う。
ルカはナオのいいところを盗みつつ、ルカらしい部長になるでしょう!


グダグダで暗い話ばっかりで最後までごめんねorz


これからも、受験という、全国の大学受験生と自分との戦いがあるけど、打ち勝ってください!!!
応援しています!
【2011/09/03 22:16】 URL | しお #-[ 編集] | page top↑
なおさんへ
なお=河野直人さんへ

初めに3年間舞台芸術部に在籍し、3年次は部長を務め本当にお疲れさまでしたとまずはひと言書きたいと思います。

「カツっ」と言う舞台を生で国立劇場で、そして、地元で放送されていた取材の模様を見たり、今日のNHKの放送を見て、ある意味、素晴らしいものを見せて頂いた事感謝しています。

少なくとも2005年に一度国立劇場に行き観劇した「報道センター1.2.3」も、今回の「カツっ」も素晴らしい出来であることは間違いなく、自分としても勇気や元気を頂いたこと、本当にありがとうございましたに尽きります。

なおさんが国立劇場でインタビューの中で、国語の教師になって舞台に・・とはありましたが、正直に皆さんの夢が叶って欲しいとフルは感じています。

国立劇場ではChi先生にお逢いし、なおさんを始め部員の皆さんにお逢いできなかったですが、本当に今まで頑張った分をねぎらうことをしたいなと思った次第です。

色々と大変なご苦労をされてきたとは思いますが、最終的には最優秀賞と言う輝かしい記録でとなりましたが、舞台芸術部員皆さんの想いが、届ければ温かい作品は出来るものとフルは思います。

終わりになりましたが、フルは舞台芸術部員ではありませんが、応援する事はこれからも続けていきます。それは、華陵高校には舞台芸術部と言う部があってユニークですよと言うことも言えるのではと思います。

フルは今はなきコンピュータ部に在籍しておりましたが、母校の話題はとことん情報を仕入れようと思いますのでよろしくお願いします。

ではなおさん、これからの夢に向かって頑張って下さい。そして舞台芸術部がこれからも発展するように、関東からお祈りしています。

ではまた。♪星降る街のフル♪
【2011/09/04 17:44】 URL | ♪星降る街のフル♪ #MrfPXhL.[ 編集] | page top↑
コメント遅れちゃった!
久しぶりにブログみてなおの記事だったから、、、ついコメントしちゃった(*^^*)
ほんとお疲れ様☆
なおが一番大変だったよね。
途中でやめちゃうか心配だったよ(T_T)
国立劇場で久しぶりに見たんだけど普通にすご!みんなうま!ってびっくりしました。
初めて観客してちゃんとみて、さすがぶた芸だなって思いました。
なお、最初きずいてくれなくて残念だったけどね(;_;)笑
でもあとから泣き出してあれ?可愛いってなっちゃった(*^^*)
てゆうか、成績あがったんだね!
なんか話が飛びすぎてごめん。
でもほんといままでお疲れ様(^-^)
ゆっくり休んで受験頑張ってね☆
ここまでがむしゃらにやってきたんだから受験もカツよ!!
ずっと応援してるからね♪

【2011/09/08 06:22】 URL | とき #-[ 編集] | page top↑
河野直人さんへ
3年間舞台芸術部に在籍し、部長を務めた河野直人さん本当にお疲れ様でした。

何というか・・・早かったですね(笑)

初めて見た「辛く厳しいこの世の中では辛い物好きばかりが目立っていますが、わたしは甘いものが大好きです。ところでからいとつらいって似てますよね。」の華陵節・・・観てる側としてはかなり独特であったことを覚えています。

次に新人大会で観た「しんがくじゅく」・・・ゴメンナサイ!あの時の「河村くん」の印象がケンタッキーとヘタレとしか残っておりません・・・

で、昨年の地区大会でやった「カツっ」は観てる側として喜怒哀楽を激しく揺さぶられた作品でした。
あの時は他校とは違う何かがあった・・・と感じました。

そして月日が経ち、華稜が全国行くと聞いたときは本当にビックリしました!

スターピア、文化会館の公演を観て・・・河野さん、本当に生き生きしていました。

顧問や後輩から華稜が日本一になったと聞いて・・・開いた口が閉まらなくなるくらいの驚愕でしたよ!

テレビ出演すると聞いて、観よう!・・・と思ったけどなかなかタイミングが合わず見逃すこともしばしば。
一番痛かったのは、先日のNHKの番組・・・学校の文化祭で見れなかった・・・


・・・とまあ色々語りました。
最後になりますが、河野直人さん、話す機会がありましたら是非話しましょう!
ひとまずコメントとしては終わりにしたいと思います。
【2011/09/09 02:23】 URL | ガオカの人 #fj824vKM[ 編集] | page top↑
コメント遅れてすみません;;

>>シオ
シオは全然ダメではないですよ!
もっと1年の時にシオの行動をもっとよく見ておけばよかったと後悔しています。。。
部のことをちゃんと考えて意見を出している姿を見て、本当にすごいと思いました。
引退した後も大学生活で忙しいのに部活にきてくださってありがとうございました!
アマンドショコラやっぱり最高ですw
何個でも食べたい。
また今度お会いしましょう!

>>フルさん
コメントありがとうございます!
フルさんと一度会ってみたかったです。
去年から応援してくださっていたのにフルさんのお顔も知らないなんて失礼ですよね。
大学受験に向けて、夢を叶えるため頑張ります。
ありがとうございました!
機会があればお会いしましょう!

>>トキ
辛いときもありましたが、トキが話を聞いたりしてくれたおかげで頑張れました!
他の劇でのトキとの掛け合いたくさんあって、楽しかったです!
トキ別人でホント分からなかったんですもんw
成績何故かあがりました(笑)
大学受験、頑張ります!!
ありがとうございました!!

>>ガオカの人 さん
お久しぶりです!
3年間、華陵のたくさんの劇を見てくれてありがとうございました!
青春舞台、とてもよく映っててビックリしましたよ><

受験、頑張りましょう!
またいつか^^
【2011/09/09 19:27】 URL | なお #xMMPNw/A[ 編集] | page top↑
初めましてヾ(^▽^)ノ
初めましてヾ(^▽^)ノ
テレビで【カツっ】見ました!!!メチャクチャファンになっちゃいました(~▽~@)♪♪♪
これからも活動楽しみにしてます(*^.^*)頑張ってください(`・ω・´)

特にあきら先輩役よかったです(*≧m≦*)
【2011/09/09 23:01】 URL | あおかよ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/441-f4ca803c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。