スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
上演を終えて~(反省会)8月27日(土)チカ
チカです( ̄ー ̄)
本日やっときました、国立劇場公演日!!!いやー。もう何と言うか……緊張!?(笑)大会とは違う緊張感でした(;^ω^)無駄に小道具いじったり、ゴソゴソしたり…落ち着きませんでした( p-q)
でもどうにか幕が降り、『カツっ!』が終わりました。
以下みんなの反省&感想です。文章じゃないですが、読みとってください(^-^;

なお
いろんな人達に支えられた。千晶先生には感謝しきれないほどの感謝。みんなついてきてくれてありがとう。芝居は絶対楽しもうと思っていて、すごくリラックスして楽しんでできた。ただ、幕前インタビューは緊張した。前回とは違うとこで笑いがあったのが楽しかった。バレーのシーンの笑い&拍手は嬉しかった。心から楽しんだ。

ゆか
みんなお疲れ様でした。完璧でした! リラックスしてできました。楽しかったです。

るか
いろいろあったけど、1年半やってきて、楽しかった。アヤネでよかった。県大からキャストじゃないと思うと胸がいっぱいになって、すごく気持ちが入って泣いてしまった。でも、スタッフも経験していろいろ覚えたいと思っている。

千晶先生
最優秀としての責任とプレッシャーがあった。全国大会からずっと辛くて、余裕がなかった。特に本番前は緊張し過ぎて、うろうろするばかりで何も出来ていなかった。みんなにハグしに行った時、泣きそうだった。袖から見守っていたけど、みんな輝いていた。1年生は短期間でここまで仕上げて本当に辛かったと思う。テンパってて、顧問らしいことができずに、すみません。みんな、本当にありがとう。

ゆう
楽しかった。緊張し過ぎてウロウロしてしまった。焦ってた。

もも
ピンに決まって最初は自覚が足りなくて仕事が出来なかった。記念公演から責任感、自覚が持てるようになって、しっかりと仕事に取り組めるようになった。みんなで悩む時間も大切だったと思う。

みさ
ここまでこれて嬉しい。

まり
失敗があった。「僕もがんばるぞ!」のシーンのライトインのタイミングが少し遅かった。みんながすごく良い演技だったのにすみません。照明のことをたくさん学べてよかった。

とも
お疲れ様でした。失ったものも多かったケド、いろんなコトが発見できたし、学べた。ミヤコに決まってから頑張った。テンションが不安定で、クライマックスシーンでぼろぼろ泣いてしまった。ラストシーンで笑いをとらなくちゃいけないのに、こんなに泣いていて大丈夫かと思った。観客がすごく笑ってくれた瞬間、笑ってしまいそうにもなった。でも、なんとか素に戻らないよう努力した。

しん
お疲れ様でした。指導員として働ききれなかったと反省している。でも、頑張っている部員達をみるのが楽しかった。もっと部員たちにやらせた方がいいようなことも、ついつい手を出したり、中途半端に口を出してしまったことが反省点。

こば
ありがとうございました。まさかもう一度国立に来れるとは思わなかった。「カツっ!」が大好き。今回は、専門のスタッフが足りなくて、キャストが仕込み図とか作成して大変だったと思う。自分たちが全国&国立に行っていたときは、専門のスタッフがいて、すごく助かった。大変ななかみんなよく頑張ってた。すごいと思う。でも、次はスタッフとキャストを分けたほうが良いと思う。

えり
勝ちたいと思ってた。でも初心者だから、本当の演劇の大会が分かっていなかった。闘争心が強いからどうしても勝ちたくて、こばさんにも失礼なコトを言ってしまった。今回の大会、東京公演を通じて、演劇は勝ち負けじゃないとわかった。カツっ!が終わるのは本当に悲しい。マイ、ナオと出来ないのは嫌です。でも、1,2年生で頑張ります。

ハッチ
正直、全国に行けるとは思ってなかった。だから、ビビってた。
心残りは千晶先生を支えられなかったこと。
部員たちに高校生の底力をみせてもらった。諦めたらダメ。
部員たちのがんばりは、たとえ最優秀でなかったとしても、意味のあるものだった。
自分たちのがんばりを誇りに思ってほしい。
ついついネガティブな発言をしてしまう人は、成長したい人が多い。必然のエネルギーを持ってる。
みんな何もせずにここまできたわけではない。オゴってはいけないが、自信をもってほしい。

なみ
1番大事なときに風邪で声でなくてすみませんでした。最後に声だせてよかった。去年の県大会でやめたいなんて言ってしまったけどやめなくてよかった。次の県大会では舞台監督を完璧にしたい。キャストはやりたいけど、自分に向いていると勧められた役をとことんやってみたい。

まい
3年間ぶた芸で頑張ってきて本当によかった。先生方、先輩方、後輩に会えてよかった。笑いの部分のなおが完璧にやってくれたので、泣きの部分は自分が頑張らなくてはと意気込んでいたけど、クライマックスでテンパってた。でも精一杯やった。みんなとやるのが最後と思うと悲しい。

わた
よかった。いえーいのシーンで笑いがでたのが悔しかった。それ以外はよかった。このメンバーでできてよかった。

とき
お疲れ様でした。いままで、いろんなことに挑戦してきたけど、こんなふうに勝てたことがなかったから、演劇の全国大会に挑戦して勝てたことは、自分にとって本当に意味のあることだった。
みんなすごく立派だった。
本当にありがとうございました。
途中にるかさんが泣いてて、そこまで気持ち入ってて、懸命で、この人たち本当にすごいなぁと思った。


みんな泣いてました。達成感と、もう終わってしまうという悲しさ、3年生と別れる淋しさでいっぱいだったんだと思います。自分も同じです。

3年生は文化祭公演で引退してしまうけど、1・2年生は次に向けて走り始めなくてはいけません。1年は、また初めての事があると思います。でもこれだけの頑張りができるメンバーです。きっと乗り越えられます!
2年生は、Chi先生に『仲が悪い』と指摘されて、香川で話し合って何か変わりましたか?自分は、まだ一人ひとりが信頼できてないと思います。一人の意見で突っ走ったり、空気を悪くしたり。自分の意見を持つのはぶた芸として良い事ですが、1年がたどたどしいなか、2年生が空気を乱していたら、どうしていいかわかりません。あまり働けていない自分がこんな事を書くのもどうかと思いましたが、県大会だけに集中したいし、団結力を深めたいから書かせてもらいました。

では長くなりました(;・∀・)
スポンサーサイト
【2011/08/28 08:24】 | 日記 road to 国立劇場 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<カツっ | ホーム | 高校演劇じゃないと……松田くんから>>
コメント
力を頂く事が出来ましたありがとうございます。
昨日はChi先生の日記にコメントをさせて頂きましたが、今日は部員の皆さんの日記にコメントさせて頂きたいと思います。

昨日は、楽しい舞台を見せて頂き本当にありがとうございました。

Chi先生にはご挨拶をして帰宅したフルでしたが、2005年以来の観劇となり、別角度で見させて頂きました。

1人1人が色々と悩みながら1つ1つ積み重ねた「カツっ」の舞台はある意味皆さん輝いていらっしゃったと素直に思います。

華陵高校を卒業して少なくとも10年以上経過しているフル、そして、Chi先生が、舞台芸術部の名前を命名された時期を知るフル。本当に素晴らしい部だなと思ったのはある意味確信をつけたと思っています。

大切な仲間を思う気持ち、そして、その気持ちから1つの演劇を作る気持ち、それはある意味、現役生の部員の皆さんの努力してはないことだと感じています。

昨日Chi先生と再会した際に伺いましたが、今日も午前中は稽古だったようですね。それはある意味プロと思えるくらいのことだと思います。

終わりになりましたが、フルは現役時代、舞台芸術部員ではなかったのですが、皆さんの舞台を見て、元気を頂いた事、深く感謝したいと思います。

3年生の皆さんにとっては文化祭で最後の舞台と書かれていますので、精一杯演じきって下さいませ。

それでは、またしばらく日記を拝見させて頂きますのでよろしくお願いします。
【2011/08/28 11:58】 URL | ♪星降る街のフル♪ #MrfPXhL.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/418-0d033045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。