スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
6月18日 「変なこだわりよりは純粋に」
こんばんは、今日凄く寒い中で水泳をやったため、風邪をひくのではないかと心配なサナです。しかし、「病は気から」という言葉があります。気持ちを切り替え、ポジティブに風邪ひかないぞという気持ちで頑張りたいです。

さて、今日もシンさんより演出のことを教えて頂きました。しかし私はホームステイの説明会があったため途中からの参加となりました。そのため、詳しいことが書けません…すみません。
ちなみに私は七人の部長のラストシーンを使って実際に演出をつけていくというところの途中から参加しました。アトリエ公演でやったということもあり、その印象が強かったですが、演出がついていく中で今までの七人の部長とは印象ががらっと変わったような気がします。視点の動き、シーン分け、共感というところに重点を置くだけで、同じ脚本でも何通りもの見せ方があるのだなぁと実感することができました。

その講座が終わった後、創作組、短編組にわかれ、それぞれで練習をしました。
今日は同じグループのエポがいなかったため、ケーの本番時の髪型を決めたり、改めて研究してみての自分の作品イメージをざっと伝えて終わりました。

ラーメンズで大事なのはテンポと間、そして演出は観客に飽きさせない工夫が必要というアドバイスを昨日シンさんよりいただきました。飽きさせない工夫というのは何とも難しくどのようにしていけばいいんだろう…と考えています。

シリーズものの本やドラマがずっと続いているのは、そこに飽きさせない工夫が詰まっているからだと思います。
同じ作家さんの本で同じような、前に見たことがあるようなシーンだなぁと思ってもなぜか見てしまう、気になってしまう。同じ本なのに何度も見てしまう。これらには飽きさせない工夫がきっと詰まっています。

本は何冊も何冊も続きます。しかし、今回のラーメンズの台本は5分~6分程度の短いものです。それを考えれば飽きさせない工夫という意味での演出は意外とできるのかなぁと思います。

ブログを書いていて一つ思ったのが、考え過ぎはよくないということです。
演技でも同じことが言えるように、変にこだわり過ぎたり考え過ぎたりすると逆によくない結果をうむと考えます。だから私はもう純粋にまず自分が見ていて飽きないような演出をつけようと思います。
あとは演出をつけながら笑ってほしいと祈るばかりです(笑)。

やるからには自分たちが楽しまなきゃ損ですよね。自分たちだけでも楽しければそれでいいんです、たとえ笑いが起きなくても。でもやっぱり見ている方が面白いと思ったところで各々思い切り笑って頂きたいですね!
演出の私としては、思い切り笑ってほしいのと、実際に演じるケーとエポが楽しんで欲しいというのが願いです。

私たちのこれからの課題はやはりテンポと間の取り方ですね。ドラマという部分がない分、そこを鍛えていこうと考えています。
テンポといえば、全校ワックスのポケベルのシーンを思い出しますね(笑)。そこでずっと言われ続けた100回練習しようという言葉を思い出しました。テンポよくいくためにはやはり練習の繰り返ししかありません。しかし、テンポを上げると言ってもセリフのスピードを速くするのではありません、間を詰めるのです。これはよく言われていることです。
となると、滑舌も大切になってきますね。ナチュラルなスピードで聞き取りやすいようにきたえなければ…!人の滑舌を注意できるくらい滑舌がいいというわけではありませんが、指導はちゃんとしていき、分からないところはすぐに相談して間違ったやり方を教えないように心がけます。

今日のブログのタイトルは「変なこだわりよりは純粋に」です。これは飽きさせない工夫のお話に関連しています。演技も演出も変に力を入れては堅苦しいものになってしまいます。それよりは純粋に純粋に自分が思ったとおりに率直にやっていくのが一番いい方法だと考えます。その中で行き詰った時はキャストの人と話し合ってそのシーンの解釈を考えていくのも方法だと私は思います。それを踏まえての今日のブログのタイトルです。…うーん、言葉にするって難しいことですね…。頭で分かっていてもいざ文章にするとなるとこんなにも難しいんですね。

さて、三作品のセットのバミリが終了しました。キニサクハナノナは2グループがやりますが、2つともそれぞれに個性があり楽しみになってきました!!どんな作品に仕上がるかとても楽しみです!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。以上、サナでした!
スポンサーサイト
【2014/06/18 22:15】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<6月19日「自主性と妥協」 | ホーム | 6/17(火) 演出とは…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/1643-ea1c8ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。