スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
学んだことを活かして
ブログを読んでくださっている皆様、こんばんは。そして初めまして!
一年生のキィです。
学ぶことが多すぎて混乱していますが、毎日楽しく部活をさせていただいています。

今日の部活では、昨日ケーとサナが書いていてくれた、ユキとリヨが習って来てくれた
ストレッチが早速、発声練習の前に取り入れられました。
今、体中に走っている筋肉痛から日頃の運動不足を感じさせられました。
(演じるには体の柔軟性も必要不可欠だと中学校時代、ワークショップで教えていただいていたので
家での時間も有効的に使いたいです)

ですが、この後の発声練習でいつもより大きな声がコモンホールに響いていました。
やっぱり基本に帰ることは大切なんだなと改めて思いました。

その後、短編組と創作組に分かれて、練習を始めました。
今、私の「キニサクハナノナ」という短編の台本を練習しています。
同じメンバーは
演出: サイ
     ゲン - たま子
     フユ - 桑島  
     私  - 読む人(ソノヨ)      です。

今日は、一人お休みだったので、私とゲンで実際に動いて、サイに足りないセリフを読んでもらい、
一通り通してみました。初めてなんて言い訳にしかなりませんが、何かと注意をされました。
自分の台本の読み込みが甘かった・・・。
そう思います。
「七人の部長」のとき、OGの方から「台本の読み込みが足りない」ということを指摘されました。
自分たちが決めたテーマを見る人にわかりやすく伝えるためにも、
読み込んで話を深いところまで理解しなければなりません。

私の演じる「読む人」は、「男性」の設定です。
私は動きがゆっくりなので男性らしくキビキビ動けず、悪戦苦闘・・・。
また座るときも、足を広げて座ったりだとか「男性」と「女性」の仕草の違いがよく分からず、
ごちゃまぜになってしまっているところがよくありました。
声を低くしたまま叫ぶのは、私にとって至難の業です。 練習せねば・・・!

演出さんのサイがとても的確なアドバイスを言ってくれるおかげで、
動きに意味がついてきている、そんな風に感じます。

衣装や道具の配置などなどは演出さんがおもにやっていますが
役者を引き立たせるため、いろいろなことを考えてくださっています。
決して他人事として捉えないで、それに感謝して自分の全力を尽くしていきたいです。

明日は全員揃う予定なので皆で力を合わせて、笑顔で練習に励みたいと思います。
少ない時間を大切にして、より良いものを作り上げたいです。

遅くなったうえに、長々とすみませんでした。
読んでくださりありがとうございました。




スポンサーサイト
【2014/06/13 23:26】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<6月13日(金)「それぞれのキニサクハナノナ」 | ホーム | 6月12日 「演出の本当の意味とは…」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/1632-180c1790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。