スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
3月24日 「田布施座公演感想」
こんばんは、2日連続で失礼します(笑)、サナです。今日は行ける人のみで見に行った田布施座さんの「赤い取調室」という舞台の感想を書きます。

刑事ドラマが好きな私にとってこの作品は非常に楽しめたお話でした(タイトルを見た瞬間にこれは楽しそうだと…)。
この作品は一人芝居でした。この作品の中には、たくさんの人物が出てきます。演じられている方は男性ですが、女性の役も演じられます。もちろん1つのシーンで3人くらい人が出てきます。その人物は全く違います。しかしその違う人物になる切り替えが素晴らしかったです。

真犯人ではない被疑者とその被疑者を犯人に仕立てようと誘導する警部たち…。被疑者は警部が関係者から聞いた話を少し変えながら話す話を事実だと思い込みつなぎ合わせあたかも自分が犯人であるように話すものの、警部にそれは嘘だといわれ誘導されるままに答える、赤ずきんをなぞった殺人事件の取り調べのお話です。

赤ずきんをなぞっているところは、腹に石を詰めた、というところで気づきました。しかし、真犯人は言われるまで全く想像できませんでした。また、最後の展開も全く予想していなかったもので、気持ちよく裏切られた、また自分の想像の何倍も上をいく素晴らしい脚本だったと思います。

その中で私が一番注目した点は、警部の取り調べ方法です。
上手く吐かせる状態を作り、自白させる部分。見逃してほしいと頼まれたことを専門外だからと目をつぶる部分。誘導し、被疑者を真犯人と仕立てあげる部分。真犯人とするために関係者の事情聴取でわかったことを、被疑者が真犯人となるのに有利なように変え、被疑者に話す部分…。
最後の展開を知った今では納得がいきますが、実際にはあってはならないことです。

警察官というと、人々の安全を守ることが仕事です。もちろん、犯人であっても守らなければならない…。
だからこそ、いかなる事情があっても悪いことはきちんと悪いと判断し、報告するべきです。私情を挟んではいけないとは少し違いますが、今回の話のように専門外だから、と目をつぶるのはやってはいけないことですよね。
切り捨てることに勇気はいります。しかし、警察官であればやらなければならないことだと私は思います。

人を疑うことが警察の仕事です。検挙率を上げることも仕事の一環です。
しかし、すべてを疑うことで事件が解決するか、と言われたらそうではありません。時には人を信じることも大事なのかなぁと思います。
疑いすぎると物事は一方向からしか見ることができません。しかし、視点を変えてみることでまた新たな推理が生まれる可能性もあるわけです。
見る方向を変えると何か新しいものは見えてくるというのは警察官の方だけが使えるものではありません。むしろ、日常生活のほうが使えるのではないでしょうか。

この作品を通してこれから生かせるなぁと思ったことは「人を信じる力」「聞く力」です。
人を信じられない時、人を疑いすぎてなんだかわかんないといったことがよくあります。疑い続けて疲れるといったこともよくあります。
人を疑うということはしょうがないことです。しかし、疑いすぎると人間不信に陥るなんてことも考えられます。
人というのは1発ではわからないものです。何度も話して素を知り、やっと「この人ってこんな人なんだなぁ」と理解できます。

見た目だけで「性格悪そうだからいやだなぁ」と考えるのではなく、何度も話したり班活動などを一緒にしたりなどして本当の相手を見つけ出すことが大事になってくると考えました。

また、この作品では、被疑者の意見を無視し警部が突っ走るということが多かったです。
相手の意見をすぐに「違うのではないか?」と決めつけるのではなく、相手の発言をよく聞き、自分の中で理解して自分の意見を発するべきなのかなぁと考えました。

相手の意見をしっかりと聞くこと、人を信じることは平和への第一歩にもなると思います。聞かずに自分の意見を発するために相手との関係がこじれるという可能性も否定できません。
これは今の国同士の問題だけでなく、人間関係の問題にも代用できるのではないでしょうか。

これらを念頭に置き、これからもがんばります!

今回の舞台、本当に素晴らしかったです!!ありがとうございました!!

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。以上、サナでした!
スポンサーサイト
【2014/03/24 21:59】 | 観劇メモ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<3/24(月)[心機一転!] | ホーム | 遅くなりましたが、「演劇フェスタ」の感想です>>
コメント
ありがとう
感想を詳しく書いてくださって、ありがとう。
華陵さんの反応がとっても良かったので、演技の方もそれに助けられました。お互いに研鑽しましょう。ではまたの機会に。
【2014/03/26 19:14】 URL | 田布施座 #-[ 編集] | page top↑
おはようございます、お返事遅くなってすみません!
そして初めまして、サナといいます。

コメントありがとうございました!本当に拙い簡単な感想で申し訳ありません…。
でも、本当に素晴らしい舞台でした!感動しました。

また公演見に行きたいです。今度は部員全員でお邪魔出来たらいいなぁと思います。

本当にありがとうございました。
【2014/03/28 08:35】 URL | サナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/1565-ead484c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。