スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
3/22(土) ありがたい
だいぶん暖かくなってきましたねー!今日もポカポカとして心地の良い昼下がりでしたー
というわけで本日の担当はサイです!

今日はムービックス周南で「遺体 明日への十日間 」を観ました。
正直、こういった形で感想をお伝えしてもよいのかわかりませんが、感想を書かせていただきます。
個人的には、御遺体が死後硬直されていたとき、無理矢理真っ直ぐにしようと力を入れて押して、骨がバキバキって折れていくのが衝撃的でした。そんな惨状の中、遺体を運ぶ人達に死後硬直の直し方を教える相葉さん。筋肉を解す手がとても暖かく見えました。
自分よりもまだまだ小さい小学生が運ばれてきた時には、何ともやりきれない思いでいっぱいでした。まだまだ外で遊びたかっただろうに。そして生きていたら私達と同じような高校生になっていただろうに。その子のご両親が迎えに来て下さらないシーンでは「なんで迎えに来てあげないの?」という思いと「亡くなられたのかな」という、2つの思いでいっぱいでした。
たくさんの御遺体に、相葉さんが話しかけているシーンには、驚きとよくわからないけど嬉しさがありました。きっと私も話しかけてくれたら嬉しいからだと思います。「御遺体は話しかけると生きていた時と同じように、尊厳を取り戻す」と相葉さんは語りました。私はもう途中からは涙でボロボロでした。
中学2年生の娘さんに目の前で亡くしたお母さん。少しでも一緒にいたいと、避難所に御遺体を運ぼうとします。そんなお母さんのために、相葉さんは体育館に明かりをつけて、一緒にいさせてあげました。その過程は映画には出てきませんでしたが、きっと県警の人達に何度も何度も頼み込んだのだと思います。電気は貴重だから、何度も断られたと思います。それでも一緒にいさせてあげたいという思い。これは思いやりなのでしょうか?それ以上のものです。

海外のメディアに大きな衝撃を与えた日本人の行動。それは震災があったにも関わらず、ものやお金の盗難が無かったことです。「これは我々日本人の誇りに思っている特徴だ」と誰か偉い人がテレビで言っていました。けど。私は違うと思います。日本人といっても悪い人は悪いし、いい人はいい人なんです。盗難事件が少なかったのは、多くの方がいい人だった、そういうことではないでしょうか?(すみません、これは映画とは関係ないです)

話を戻しましょう。今回の映画のまとめとして、どんな状況においても、思いが深い人に人はついて行くのだなと思いました。御遺体一体一体に毎日話しかけたり、御家族にショックが少なくなるような言葉をかけてあげる。そんな思いが深い相葉さんに、皆さん心打たれたと思います。できることなら、彼のような思いが深い人になりたいし、人の役に立ちたいです。
なにやら未だに胸が苦しいです。でも後悔はしていないです。皆様も機会がございましたら、是非ご覧下さいませ。

本日の担当はサイでした。
スポンサーサイト
【2014/03/23 05:27】 | 日記~2014新入生歓迎公演 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<3月23日 「自分に今できる事といえば…」 | ホーム | 3月17日「ほうれんそう。」>>
コメント
遅ばせながら、先日はとっても素敵な追い出し会を開いてくださりありがとうございました(*^^*)
いろんなゲームや出し物が準備されていてびっくりしました。笑どれもとても楽しかったです(^ ^)
色紙やプレゼントも大事にします‼︎1人暮らしの時に持って行きます^_^
今更ながら、ガストで一部で話に夢中になってしまって、もっとみんなと話しておけばよかったな〜と思っていますヽ(;▽;)ノ
3年間本当に充実した時間が過ごせたのは、片岡先生、ほり先生、ちあき先生、あこ先生とぶたげいのみんな、そしていつも私達を支えてくださるサポーターの方々のおかげです。本当に感謝しています。たくさんの方々の支えがあったからこそここまで本気で取り組めたんだと痛感しています。
タマとユキとカナはこの春から最上級生になりますね。最上級生は本当に大変です。進路のこともありますし、下級生も前年度よりぐっと増えます。常に全体を見て、今自分にできる最善を尽くしてください。あと3年生同士での情報共有は絶対必要です。1人で全てやろうとしたら絶対に失敗します。病むよ。(笑)上手に頼る事も大事。3年生は何もかも本当に忙しいからね。今の3年生には助けられてばかりでした。本当に何でも話せた。
今1年生のみんなは春から先輩になりますね。今までは教えてもらうだけの立場だったから、いざ教える立場になると戸惑う事がたくさんあると思います。私も2年生なりたての頃は自分が教えていることは正しいのか、きちんと相手に伝わっているのかどうか不安でいっぱいだったし、どうしていいかわかりませんでした。けれど、何事も経験です。どんどん自分から積極的に動いて、いっぱい体当たりして、いっぱい失敗して、そこからたくさん学んでください。失敗から学べる事は多いです。私はたくさん間違えました。しかし、その経験があったから今の私があると思っています。
ぽちとまかは、絶対に夢を諦めないでほしい。演劇はみんなで創り上げていくものですが、勉強は孤独なものです。先生達は受験は団体戦だと言っていましたが、私は受験勉強ほど孤独なものはないと思います。いくら友達と励ましあっても、結局は全て自己責任なんです。でも、周りへの感謝は忘れないで。
負けたら終わりなんじゃありません。やめてしまうことが本当の終わりなんです。ぽちやまかだけじゃなくて、みんな自分の夢を叶えてほしい。絶対に諦めないで。
私は演劇に出会う事ができて、本当に良かったです。ここまで夢中になれるものに出会えたのははじめてでした。高校時代舞台芸術部で3年間過ごせたことは、私の一生の財産になると思います。みんなと出会えて良かった!本当に感謝(*^_^*)
山口に帰ってきたら、きっとまた華陵に遊びに行きます(^_^)本当にありがとうございました。
【2014/03/23 10:50】 URL | エリ #J.A844pM[ 編集] | page top↑
Re: えりさん
こんにちわ!追い出し会楽しんでいただけたなら幸いです。正直ぐだぐだだったので楽しんでおられないかなと思っておりました^p^


えりさんの言葉はいつも深くて、アドバイスはとても心強いものでした。だからついつい皆相談に乗ってもらうのですが、えりさんは自分の問題をおいておいて、相手の事に人一倍親身になって考えてくださるので、逆に負担をかけていたのではないかと今になって少し申し訳なく思っています…でもおかげでブタ芸の精神面を強く支えてくださいました!

演劇に関しても、ワタやトキなどのほかの方々とは違う熱さ、感じ方、想いを持っておられる方でした。一度決めたことは何がなんでもやり遂げる。困難にぶつかったら原点に帰ってきちんと考える。その熱心な姿勢はブタ芸の中でも一番だったと感じています。そんなえりさんを見て、私も頑張らなきゃ、と思うことが多々ありましたし、ほかの人も同じようなことを感じたはずです。


えりさんや、ほかの先輩方と共に過ごせたこの2年間は、とても刺激的で、楽しく、貴重なものでした。その刺激を次につなげ、今後も頑張っていきたいと思います!応援宜しくお願いします。

えりさんも、一人暮らしや大学生生活等々初めてのことが多く、刺激的な日々を送られると思いますが、ブタ芸で培われた強い精神力や経験を生かして頑張ってください!応援してます。


是非ブタ芸に喝を入れにお越しくださいな(*^-^*)!待ってます!
【2014/03/24 20:40】 URL | タマ #HUmB7UCc[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/1562-8c81a470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。