スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
10月27日 県大会、作品の感想
こんばんは、県大会が無事に終了し、ほっとする気持ちと残念な気持ちが入り混じっていて、すごく複雑なサナです。しかし、満足感でいっぱいです!上演に後悔はありません。自分たちの力を最大限表現することができたと思います。これからもっともっと頑張ります!

県大会の作品について、上演の順番の関係上、見ることができなかった作品以外の作品の感想を書きます(上演順です)。

1.宇部中央高等学校「16歳、僕隠れてます」
現代のいじめ、ネット社会を取り上げた、衝撃的な作品でした。少年1と少年2の会話の掛け合い、段ボールに書かれた文字、段ボールの軽さと言葉の軽さのつながり、そのすべてに引き込まれました。
ネット上の偽りの自分、偽りの自分が書き込む言葉…偽りなら、偽りの自分なら書くことができる言葉の数々…レタリング(?)で書かれた言葉の裏に書かれた赤い文字の数々。そのすべてがすごくリアルに感じました。
ラストで、少年1と少年2が手を繋ぎ、外の世界へと歩いていく部分がすごく印象的でした。

2.田部高等学校「笑顔のおまじない」
病気で亡くなった帆夏を中心として展開するドラマに引き込まれました。要所要所で登場する金子みすゞの詩が印象的なお話でした。
帆夏の死から立ち直れていない紗代と転校生の凛のぶつかり合い、劇に関して対立する紗代とひいな、その2人にかけられた帆夏の言葉…高校生、演劇部という設定から、共感してみることができました。
演劇部員の対立、そこにあるのは、帆夏との思い出…人とのつながりについて考えさせられる作品でした。

5.下関南高等学校「タチカエル」
家庭内の悩みを抱えた優子、学校内での悩みを抱えたさくら。2人の悩みは、誰でも抱えることがある悩み事です。その悩みの正反対にいる人を羨ましがる気持ちも、もちろんあります。悩みを一人で抱え込んでしまう優子の気持ちもすごくわかって…あるときは優子に、ある時はさくらに自分を重ねてみていました。
逃げ出したくなっても逃げずに立ち向かっていった優子とさくらの姿から、辛いことをすぐに辛いからといってあきらめないことの大切さを再確認することができました。

6.西京高等学校「キリンは舞台の夢を見る」
演劇部という設定の中で、キャストとスタッフの対立を描いた、見ている間終始共感したお話でした。
舞台は、キャストだけでは成り立たない。キャストがいて、裏方がいて初めて成り立つものです。そのことを改めて感じることができました。嘘を使ってでもキャストとスタッフの仲を修復したいという演出の中野の必死さにもまた感動しました。
キャストの役割、スタッフの役割、舞台の中で大切なことをたくさん学ぶことができました。

7.岩国高等学校「尽生」
地区大会の時とセット、話の流れがすごく変わっていてびっくりしました。自分の人生に絶望する中で、ほかの人物の人生を歩みたいと願う3人の人物。3人の人物に共通するのは、自分の人生への絶望、家族の片方を失っているということ…。「自分のせいで亡くなった」「大嫌いだった」家族に対する3人の言葉が強く胸に残りました。そして、天使が、忘れかけていた生きることの大切さを私に教えてくれました。
生きることの大切さを、辛いことから簡単に逃げないことの大切さを教わりました。

8.下関西高等学校「悪魔のいるクリスマス」
クリスマスイブの、作家と少女、少年のファンタジックなお話なのに、どこかさみしい、切ない気持ちが残るお話でした。
空間の使い方が上手で、幕の裏にも世界が続いているように感じました。ブランコからベンチまでかなり距離があるのに、広いなぁとは全く思わない。素晴らしいなぁと感じました。
少女の歌の後、雪が降ってくる演出がすごくきれいでした。1つ1つがきらきらと光っている様子が、クリスマスらしくて、引き込まれました。

9.宇部高等学校「それはいえない」
接点、性格の共通点が見つからない3人が、グループエンカウンターを通して、自分が思い出したくない過去と向き合う中で友情が深まっていくお話です。
シチュエーション芝居を初めて見て、すごく表現をするのが難しいなぁと感じました。しかし、後半の思い出したくないそれぞれのキャラの過去へのストーリーの運びは凄いなぁと思いました。
失ったもの、ないものねだりをしてしまう気持ちにすごく共感しました。3人のキャラクター、そして柳井先生のその後がとても知りたいです。

県大会でびっくりしたことは、創作作品が多いことです。今回創作作品は9作品中6作品。すごく多いなぁと感じました。
脚本、演技、セット…すべてにおいてレベルが高かったです!また、現代の問題や、現代抱えている等身大な悩みが主なテーマの作品が多く、どの作品にも共感し、感動しました。
上演時間、順番の関係上山口県鴻城高等学校「ハロー、モモ!」は残念ながら見ることができませんでしたが、沢山のお話を見て、感動しました。
結果は残念でしたが、次の大会に向け、これからも頑張ります!!
スポンサーサイト
【2013/10/27 22:08】 | 日記~2013県大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第32回山口県高等学校大会大会 | ホーム | 10/26(土)本番!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/1433-0cd33320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。