スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
9/7【華陵祭本番!】
どうも、ユキです(`∇´)

今日はついに華陵祭本番でした!
「ごはんの時間2ぃ。」上演を終えての感想を書こうと思います。



チカ:台詞を間違えたり、フォローできなかったりしたが、皆が笑ってくれてよかった。
   県大会へ向けて、1・2年生で頑張ってほしい。

モモ:台詞を噛みそうだったがなんとか無事に最後までできたので良かった。

マリ:一つ台詞を噛んだが、最後の舞台を楽しくできて良かった。

ミサ:フォローしきれなかった台詞が心残り。1・2年生にはこれからも長いと思うが頑張ってほしい。

トキ:今回の劇で得たものを次のGONGERAやそれより先の物に活かしていきたい。

エリ:内容が凄く共感しやすいもので見ていて凄く楽しかった。

ワタ:色々ハプニングはあったものの最後まで出来たので良かった。


タマ:見ていてキャストが楽しそうだった。今回で自分たちで考えなければいけないということを再認識したので
   今後みんなで活かして頑張っていきたい。

ユキ:クラスの企画の方の手伝いをしなくてはいけなくて、本番前四日間ほど練習に出られなかったのが
   申し訳ない。今回の上演を見て、改めて三年生の凄さを感じた。劇を見ていて、三年生の演じる姿を見られる
   「最後」を感じて泣かないようにするのに苦労したが、キャストが楽しそうに演じていたのがとても印象的だった。

カナ:客席から見ていて、楽しくなって笑った。台詞を何度か間違えたのは不安だったけどキャストが
   楽しそうに演じていたので良かった。
   演出をしっかり出来なかったので今度からは思っていることがあれば言うようにしたい。


サイ:劇全体としては、間違えたりしてもフォローしあっているのが流石だと感じた。
   待機中にはけてくるトキやワタを見て劇が終わっていくのを感じ、不安だったが楽しかった。

モチ:動きが大きくて客席の後ろ側からでも分かり易かったし、観客の反応も良かったので嬉しかった。
   あまり意見を言えなかったので今度からはしっかりと意見したい。

ユウ:練習を始めた当初は長台詞が多かったので観客の集中力が途切れるのではと心配だったけど、
   演出が進むにつれてその心配がどんどんなくなっていったので凄いと思った。
   準備などの時、全て片岡先生に任せっきりだったのでそれらも全員が出来るようにしたい。

ルリ:観客の反応が音響卓でもよく分かった。ユウ同様片岡先生に頼りきりだと感じたので自分たちで
   しっかり考えて動けるようにしたい。

ツゥ:練習が足りなかったと感じる。もっと隙間の時間に練習できたのではと思い、そこが悔しい。
   自分ではあまり上手く出来たとは思わない。でも凄く楽しかった。

サナ:客席から見てて、先生含めの観客の反応がよく、ちゃんと届いてるんだと思って嬉しくなった。
   キャストも練習の時より凄かったので自分も頑張ろうと思えた。
   人に頼るより自分からやろうと思う。これからもきっとたくさんぶつかることはあるけれど、それを
   ズルズルと引きずることはなく部活は部活で切り替えてみんなで頑張れるようにしていきたい。

ナナ:自分は練習の時何もしていないと感じる時間が多々あり、それが自分でも嫌だったので
   これからはそういうところをなくせるようにしていきたい。

アユ:あまり練習に関われなくて、自分のなかでは罪悪感しか感じない。舞台を見ても自分が携わっているように
   感じられなくてどこか悲しかった。
   気を使って自分から行動することなども出来なかったので、これからはきちんと皆と関わって、
   自分が出来る最大限のことをしていこうと思う。

ワン:アドリブなどをキャストが楽しんでいる姿、演じてイキイキしている姿を見て、改めて三年生を尊敬した。
   その場にいる全員で舞台を作っているかのように感じられたのが嬉しかった。
   演出をもっと頑張りたかったと思う。演出自体には興味があるのでこれからもっと頑張りたい。


ホリ:初めてマイクを使った演劇を見て、「マイクを使うとこんなにも伝わりにくいものなんだ」と思った。


です。
他にも先生方から「流石の三年クオリティ」「演じられるキャラクターの振れ幅に驚いた」「やっぱりブタ芸は凄い」
などのお言葉をいただきました。


華陵祭においての三年生引退公演も終わりました、さぁ次は県大会へ向けて
部員一丸となって頑張っていきましょう!
とりあえず「全力」で、「本気」で演劇に取り組もう!!
スポンサーサイト
【2013/09/07 23:35】 | 日記~2013華陵祭 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<9月11日「今までから切り替えて」 | ホーム | やっとの華陵祭! 9/6>>
コメント
お疲れ様!
上手側の一番前から娘と一緒に見せてもらいました。

面白かったですよ!

文化祭公演はこれが正解!と思いました。
●遠くからもはっきり見える大げさな演技
●ワイヤレスマイクで完全にセリフを拾う?
●間口が広く、奥行きがないという体育館のステージの使いにくさを逆手にとって、いっそ横一演技!
(上手に場所の入れ替えや動きのバリエーションを入れていて、飽きさせない演出になっていたと思います)
●キャラをはっきりさせた、(ある意味予定調和!? )予測できる展開
多くの人が共感しやすいシンプルなストーリー。

ここのところ、様々なタイプの演劇鑑賞をしているのですが、観客と場に合わせた芝居づくりの大切さを痛感しています。

昨日のぶた芸みんなの演技は、声の通りにくい、見えにくい会場で、あまり演劇を観ていない人たちが楽しめるよう、とてもよく工夫されていたと思います。

お疲れ様でした。

片岡先生のギターの生演奏も素敵で、お芝居にマッチしていました。
市民劇団キラリ☆≡の公演でも、是非、片岡先生の生演奏をしていただきたいと思いました(笑)

地区大会公演、文化祭公演と、「将来への不安・進路の迷い」を演じ続けているあなたたちをみて、自分の心に一番ひっかかっていることを芝居にしたいって思うことは、とってもいいことだと思いました。

トキ、ワタの演じどころが、大会公演とかぶっていたのも、意図的なものだったんだよね?
敢えて地区大会の逆をやるって手もあったけど、校内での素の自分たちの雰囲気から逆転させるってのも、校内公演の楽しみの一つですよね。

みんなの反省にもあったとおり、練習不足による、セリフの抜けや間の悪さやアンサンブルの不完全さはあったけど、効率の良い練習や、各自が出来ることをするって勉強になったのだろうなと思いました。

この脚本は、真ん中の語りの増えていくところが難しいと思いました。
それまでのテンポの良さ、自然な立ち位置替えが効いてたので、一気に見せましたけど、あそこの長い語りの部分をどう見せるかをまた考えてみると、次の県大会の公演にも繋がっていくと思います。

それから、マイクでやるって決めたら、マイクでの効果的な話し方をあらかじめ練習して研究しておく必要があるかもです。
割れるような大声は控えたり、マイクが拾わない位置や動きを確認しておく必要がありそうです。
ワイヤレス、5機しかないと思ってたけど、追加できたんですね。
セリフが鮮明に聴けるというのは、観客にとって絶対必要なことだと思います。
今回のみんなの公演を観た人達が、もっと興味を持って、次の大会や公演にどんどん見に来てくれることを願っています。
恵まれた環境に感謝ですね。

エリにも出演して欲しかったな…。
【2013/09/08 08:39】 URL | Chi #-[ 編集] | page top↑
ありがとうございます
観劇していただき、ありがとうございました。下手袖で演奏していたのですが、多分千晶先生の笑い声だろうな、という瞬間があって(一人だけ、ツボっぽく笑っておられました)、やっぱり来てくださっていたんだ! と嬉しくなりました。
実は、今回初めて舞台芸術部の上演を観られた、今年転勤してこられた先生に随分ほめていただいたのですが、これを励みに、またうぬぼれず、県大会に向けて頑張ります。

ちなみに、ワイヤレスマイクは6本分を舞台芸術部のセットで、1本分を国際交流のセットでやりました。電波の状況が不安定で(アンテナを立てる位置かもしれませんし、マイク同士が近いことによる干渉かもしれません)聞こえたり聞こえなかったりがあったこと、また音響は「聞こえにくくなったら音量をとりあえず上げる」ことによって事態打開を考えてしまいますので、音が割れたりすることとなってしまいました。来年度以降の課題です。いや、ここは「ワイヤレスなしでハッキリ聞こえる」ことをめざさないと。今年くらいの気温なら、そうするべきですよね。

3年生は一部を除き、これで自分の進路実現に向けて一直線です。上演作品での台詞同様、悩みながら、それでも前を向いて頑張れるよう、サポートしていきます。

あ、生演奏、何度やっても難しいです。でも一緒に舞台を作っている感じが最高。
【2013/09/08 18:51】 URL | 顧問Hatch #-[ 編集] | page top↑
ブラボー
お疲れ様でした
●最後の公演、瞼に焼き付けました
ありがとう
(^ ^)
●みんなのおかげです
劇団キラリ☆≡も出来たけど、みんなが頑張り続けてくれていた下地がありました
●お互いに頑張ろうね‼
^_^
【2013/09/08 21:24】 URL | いっせい #-[ 編集] | page top↑
マイクでいいと思います!
片岡先生、早々にお返事コメント、ありがとうございました。

私は、今回、マイク付きの上演を初めて見て、マイク、ありだな!と思いました。

日常極めている芝居作りとは違う次元でやったらいいと思いました。
何より観客の負担が少ないと思いました。
体育館は演劇公演には適しませんよね。
必死で耳をすませて、聞き取ろうとするのは、大きな負担です。

とても良い工夫だと思いました。
【2013/09/09 08:20】 URL | Chi #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/1395-0303c5bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。