スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
6月17日 市民劇場 真砂女
皆さん、こんにちは。 アユです。

今日はいつも通り走って、発声をしました。 そして、部室で脚本を読みました。自分の滑舌の悪さにやばいと感じました。 もとあった、暮井気づいていた説っていうのを復活。段々、脚本が出来てくるので楽しみです。

今日は市民劇場があるということで、早めに部活が終わりました。自分は始めて舞台を見に行くのでワクワクしました。市民劇場は二時間四十五分もありました。自分の思った感想を書きたいと思います。
・舞台装置は回転するやつで、裏も表も使えるようにしているので場面の展開が分かり易かったです。よく、設計もしてあったのでどんま構造になっているのか知りたいなと思いました。また、三構造になっていて最後に真ん中の層を使った演出が良かったです。
・キャストさんの声の出し方。早口で喋っていてもきちんと客席まで届くというところです。ホールなので残響で次の言葉が聞こえなくなるらしいのですが、声がよく通ってて聞こえました。発声の違いでしょうか。自分もあんな素敵な声になりたいです。
・スタッフさんのお仕事。照明なんですが、最後のフェードアウト感が良かったです。最後まで真砂女を照らし続けていたので、なんともいえない気持ちになりました。音響ですが、色んな曲が使われていてその場面の雰囲気を出していたんじゃないかなっと思いました。
今回は、しずむとこと高まるとこがきちんとあったので色々と勉強になりました。私は顔の使い方と声の出し方など課題は山積みです。これから頑張って行こうと思います。

見てくださりありがとうございました。では、終わりたいと思います。
スポンサーサイト
【2013/06/17 22:03】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<6/18 脚本刷れた | ホーム | 6/16[内容の深い脚本]>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/1314-c17a8aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。