スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
文武両道って現実的にはかなりキツイ
こんにちは。今日の担当はエリです。


今日は最初に発声をした後、昨日の続きからやっていきました。
午前中は第2場の番組の最初から第4場の放送が終わった所までの演出をつけていきました。
学食戦争のシーンは無駄な間を削ってテンポを良くしていったり、逆に必要な所には間をあけたりしてメリハリをつけたりしていきました。
スタジオの上と下の兼ね合い、台詞のかぶりなども調整していきました。
大体動きも確定してきたのでこのまま定着、さらに向上していけたらなと思っています。
いじめ報道のシーンでは鳥山の感情をもっと高ぶらせて、「余裕しゃくしゃく」なかんじで新田を批判するというよりは「一生懸命で正義の味方な私をアピール」路線で創っていきました。(なんだかわかりにくい説明ですね・・・)鳥山会長は独特の雰囲気を持っていて、個人的にとても好きなキャラクターです。これからまだまだ創りこんでいけたらいいなと思います。

午後は藤あさひの独白のシーン、うわさのシーンなどをやりました。
自分の中でもまだ何がしたいのか、どんな報道を目指しているのかわからずにいる藤さんの葛藤をどう表現していくかというところで苦戦しました。
ヒマラヤスギの所も、まだまだ改善の余地がありそうです。
あと、藤さんが「世界中を飛び回って、中継とかしたい!」と言っているわりには国内の被災地を中継していることに違和感を感じる、という意見がありました。(元の脚本はニューヨークから中継していたので)
藤さんを見ていると「この人は本当にすごいなあ」とつくづく感じます。真っ直ぐで、いつでも自分の意志を貫いていて、この人を間近で見ていると「強い何か(意志?)」のようなものを感じる!なんか言葉では上手く言えないんですけど、かっこよすぎて直視できないかんじっていうんですかね?(笑)多分江西だけじゃなくって私自身も藤さんに対して強い憧れみたいなのがあるんじゃないかなぁ~と思います。もちろん有賀さんにも同じことが言えると思っています。有賀さんは確かに少し過激すぎたり目に余る言動が見受けられたりする時もありますが、彼女もちゃんと自分の意志を持っていて、誰よりも報道に熱い人の1人だと思います。
先輩方の後ろ姿を見ながら、私もこんな風になりたいな、で、自分も何か行動を起こしたい!と密かに野望を持っているのが江西さんなんですかね。なんか解釈がおかしかったらご指摘お願いします。

とりあえず、私はこの脚本を演じるにあたってずばり勉強不足だということに気づかされました。
残された時間の中で、今よりもっともっと教養を深めていけたらなと思っています。


それでは今日はこの辺で。
スポンサーサイト
【2013/02/17 01:05】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2月17日 (日)「集中」 | ホーム | 今日の出来事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://butagei2525.blog98.fc2.com/tb.php/1175-d3510e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。