FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
6/1(日)[危 機 感!]
こんにちわ、タマです。
年月の経つのは早いもので、もう6月に入りましたね。
12ヶ月のうちの半分になるんでしょうか。
今年1年間なんて、麗しの高校生生活3年間なんて、本当にあっという間なんですね… まだ私、2年生だった頃の気分が拭えていません(笑) 未だに教室を間違えそうになります。この調子だと、20歳も直ぐなんでしょうか。
こわいこわい


さて、今日は本番目前!ということもあって、通しを2回程、途中、部分練習を挟みつつ行いました。

私は、出停記念日チームの1人として練習をしているのですが、出廷記念日は新入生顔見せ公演の初日なので、内心「このままで間に合うのか!」という不安がとてもとても渦巻いております。
それは今日の通しを見ていて余計に感じたことなのですが、この脚本を練習する中で、途中脚本の解釈を何度も考え、話し合ったことがありました。その苦労もあってか、皆が自分達の解釈をきちんと共有&理解し、練習を今日この日まで着々と進めることができたと思っています。その上での通し、なのですが、やはり通してみると違うもので、いまいちピンと来ない芝居になっているなと感じました。
その原因として、1つは感情が流れてしまっている、つまりはただの動作確認やおままごとのような状態にあるということ。
それからもう1つは(こちらは確実にそうだと思っているのですが)、自分達の解釈、あるいは理想、やりたいこと、をうまく芝居に組み込めていないことだと思います。GONGERAの時にも何度も直面した、「既成脚本の難しさ」を改めて感じます。あまり考え過ぎず、その脚本を素直に表現してみるのも既成の楽しさだということを教えていただきましたが、どうしても頭がかたいのか深く考え込んでしまいます。いや、考えない方がいいという訳ではないのですが、考え過ぎも良くないというか、ううん、なんだか難しい…(´×ω×`)

自分たちの思っている以上に、事態が上手くいってくれません。

それ以外にも、テンポの悪さ、変化の分かりづらさ、希に見られる演技の粗さ等々、本番を不安にさせる要素がのしのしと重くのしかかってきます。

しかし本当に本番まで時間もない為、その問題ひとつひとつにみっちり時間をかけて解決していくことができません。個人の意識と、明日の練習にかかっています。テンポや変化の付け方など、基本となる演技の練習をきちんとこなして、1年生の今後のタメになるような本番にしたいと思います!


それでは、今日はこの辺で!


以下、顔見せ公演の日程です!
6/3(火)→出停記念日
6/4(水)→一日一個の梅干し
6/5(木)→七人の部長
全て16:30頃から開演とさせて頂きます。
(もしかしたら早まったり遅れたりする可能性大。)

宜しくお願いします。
スポンサーサイト
【2014/06/01 22:29】 | 日記~2014年春 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月3日 本番!!

こんばんは。ワンです。
今日私たちの出停記念日のアトリエ公演でした!!
足を運んでくださった方々本当にありがとうございます。
教育実習生としてこのブタ芸の先輩の土井花菜さん部名カナさんも見に来てくださいました。
以下は出停のメンバーとカンさんとカナさんとシンさんからの反省ダメ出しです。

・1年基礎をしっかりやるべき。(口を大きく、腹式)
・表情筋をつける。
・靴のカラーは一緒にするべき。
・テーマが思いっきり出てこない脚本。
・何が言いたかったのか読み取るべき。
・選ぶ脚本を間違えてる。(もっと簡単な脚本にすべき)
・演じる人間になってほしかった。
・お客さんに煮え切らないものがあった。
・この人は過去になにがあったのか考える→リアリティーが出る。
・心情を読み取るために何回も読む。
・体の動きを感情に任せる。
・姿勢を直す。
・立体感が出ててよかった。
・パントマイムをよくする。
・リアルにするならばとことんリアルにする。
・スマホの着信音は音響よりもスマホからのほうがいい。(縦をそろえるため)
・ストーリーがない。
・裏設定が大切。(お客さんの想像を膨らます)
・事前の準備が長い。
・正面を向く。
・声の抜き方ができていない。
・ズボンをはくシーンが長い。
・壁に文化祭の名残があってよかった。
・周子と千愛の関係謎。
・先生に慣れていない。
・ななえ設定が謎。
・同じ台詞が二回もあって気になった。
・全体的に変化が乏しかった。
・全部が単調すぎてた。
・どこを見るのかがわからない。
・瞬間瞬間で誰を見るのか分からない。
・お客さんを巻き込ませる。(お客さんは舞台の一部)
・言葉で出来ないことを演技で演じる。
・リアルタイムの関係が出ていた。
・恥ずかしかった。
・台詞小さかった。
・照れがあった。
・動き間違えた。
・台詞噛んだ。
・演出をしっかり実践しててよかった。
・デジカメのハプニングがあった。
・脚本があまり読み取れてなかった。
・気が楽だった。
・楽しかった。
・1年生がちゃんと脚本の中の心情を考えていて感心した。
・間がある、ゆったりしている。
・スピード感がない。
・学年の差は埋めたい!!!Me too!!
・メリハリついてた。
・練習の時のほうがよかったところがあった。
・最後周子とさやかのメリハリがなかった。
初めて先生という役をやってとても楽しかったです!これからもたくさんの性格のキャラクターができる役者になりたいです!
音響は事前の準備が疎かになってしまってタイムロスをしてしまったことは反省したいです。
演出はやはりまだまだです。カナさんに演出のポイントを聞いてみたいです!!
やっぱりひとつの舞台を後輩先輩同期と一緒に創ることって楽しいです!
創作のほうもテーマが決まったのでみんなと考えて脚本を創っていきたいです。

ワンでした!
【2014/06/03 21:13】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
no title


今日ブタ芸の先輩ワタさんの親御さんから差し入れを頂きました!

ありがとうございました!!
美味しくいただきました!
【2014/06/03 21:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/4(水) 親心
どうも、ユキに代わりまして、本日の担当はサイです!
今日はわたし達の本番でした!もう不安で不安で。お昼もまともに食べられなかったんです、この私が!あの子たちちゃんとできるかな?あそこはああやるの覚えてるかな?とかずっと考えてました。子離れできない親みたいww
いざ本番となったとき、びっくりしました。パネル裏で聞いてても分かるくらい、セリフに感情が入ってました。なんか余計な心配だったと思います。
もちろん、悪かった点も。あるべきものがそこにないというハプニングが!アドリブではけてやったりとか、セリフ入れて誤魔化したりなど、なんとかできました。もっとちゃんと確認するべきですね、次は気をつけます
では、地区大会に向けて、今回の反省をいかして頑張ろうと思います!
ではではサイでした!
【2014/06/05 06:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月5日「次に向けて」
こんばんは。今日のブログはナナです(^^)

今日はアトリエ公演最終日、そして私たちの本番でした。
この3日間この公演を見に来てくださった皆様、ありがとうございました。
また、教育実習生で、ブタ芸の先輩にあたる土井花菜先生にアドバイス、
ダメ出しもいただきました。

・全体的に話し方のテンポが一定。
・間が悪かった。
・セリフがあまり入ってなく、脚本を読み込めてない。
・セリフから思いが伝わってこなかった。
・蓮美のセリフのテンポが一定で、抑揚がなかった。
・音響はC.IよりF.Iの方がよかった。
・伝えたいことが伝わってこなかった。
・劇の執着点がよく分からなかった
・劇全体の盛り上がりがなかった。
・ネタをもっと爆発させた方がよい。
・もっと極めるところが欲しかった。
・1年生の発声、体の動かし方のバリエーション
個人の感想*
ルリ:今回初めての演出で、キャストとか変わって練習不足だったかも。
   今回、照明なども少し分かって、技術的にも精神的にも強くなれたと思う。

アユ:今回の劇でお客さんにもウケていて、良かった。照明と音響が上達していて
   良かった。

サナ:今回、この役を通して新しい自分に気づけた気がする。皆が揃わない日が多々
   あって心配だったが、できてよかった。「受け」の演技が1年生も2年生もできるようにならなければと思った。

オー:脚本をちゃんと読み込めてなかった。今回の劇で座っている事が多く、動きのバリエーションも考えていかなければなと思った。

ニコ:初めて舞台で緊張したが、やりきれてよかった。セリフはちゃんと言えなかった
   部分もあったが、無事に終えれて良かった。

モチ:初めての大きな役で不安だった。セリフをよめてなかったり、後悔する事も
   あったが、この経験をばねにしてこれからも頑張りたい。

ナナ:始まる前はとても緊張したが、楽しかった。間違えてしまった部分もあって
   少し悔しいが、お客さんに結構笑ってもらえて良かった。

私がやったアニメ部は明るくて、ムードメーカーな感じでほんとうに楽しかったです!(笑)
これから地区大会に向けて切り替えて頑張っていこうと思います!!
【2014/06/05 23:51】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/6 市民劇場
投稿遅れてすみません!アユです。今日は市民劇場にいって来ました。
題目「樫の木坂四姉妹」
感想
補足 場所→長崎 時代→21世紀前
・建物自体は煤がかかってて古びたお家。昔らしいものがいっぱいでてくる。紗幕は樫の木をモチーフに書いてあり、場転のときにでて来たりしたのでとっても綺麗でした。後、紗幕に証明を当てるとき樫の木の影を演出していて細かいところまで凝っていてすごいなっと思いました。音響も細々と指定されていて不自然なときに入っていなくて見やすかった。生ピアノと生合唱(?)があり、キャストの皆さん歌がお上手で聞き惚れました笑
・今回でて来たのが
長女→しを 次女→ひかる 四女→ゆめ
このお三方は俳優座養成所をご卒業され賞を受賞された方々です。劇でもこのお三方が中心とした展開になっています。
私は特に次女役の方が素敵で、意地っ張りな性格とか人を引き付ける何かに惚れました。
元々、家族は七人でお父さんとお母さんは亡くなられ長男は特攻でやられ三女は原爆の下敷きに。ひかるは被曝者であり劇中でも病に犯されました。ゆめも被曝の影響で鼻と口から血がタラタラと。しをは劇中の最初は体調が優れていませんでしたがひかるが倒れた途端家の家事をして、面倒見のよい姉なんだとつくづく思いました。
そんな家族とであったのは洲崎さん。洲崎さんはあんまり劇中で感情をあらわにすることはなかったですがその人のいることで家族の秘密とかが知れたのですがはっきりいうときっかけ作りの人としか私は感じませんでした。第三者からの干渉があることで話が展開されている劇なのでしょうか...?よくわかりません。
昔の人たちには家族がいることで幸せを感じたり些細なことで笑えたりするのが微笑ましかったです。長男が死んでコスモスが咲いたとき家族がお兄ちゃんの生まれ変わりだっと言った時うっと心打たれました。
長女の話、次女の話、四女が三女に対する想いが伝わってきました。長女の経験と次女の経験がすれ違ったりしたときはなんとも言えない気持ちになりました。
一人一人の触れてはいけない部分があらわにされて感情のブレが自分の心を揺さぶりました。
・一番気に入っているセリフは「名もない被爆者にひかりはなりたくない」という被爆者が思っていることを私は考えもしませんでした。改めて訴えられると劇中に色んなことを考えさせていただきました。

私の書いている以上にすごい劇で自分の感想がこのブログに書いていいのやらと思ってしまうほどにすごかったです。
【2014/06/08 08:55】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月8日(日)「目標と試み」
今日のブログ当番のもちです。

今日は、今後の進め方と部の目標についてをみんなの意見を共有して、目標設定を行いました。

その事について書きたかったのですが……
自分の意識の低さ、不注意により、メモしていた紙を部室に置き忘れてしまいました……

そのため、正確なことをかけないです…
すみません。

とりあえず、第一の目標を「中国大会出場」に置くことが決まり、この目標を達成させるために現状の良い点、悪い点、等の意見を言い合い、まとめました。
そして、今後、その悪い点を改善させるためにどのような取り組みをするのかを決めました。

悪い点には、時間にルーズや、深刻に考えすぎる等があり、改善策はわりと多く見つかったように思います!
もっと良い部活になることを願っています。

また、今回の地区大会に向けて脚本の創作をし始めました。
今回は、人数が多いことや、基礎ができていないこと等により、「脚本を作る」のだけではなく、一年と二、三年数人ほど12人ほど「基礎など、演劇の練習をする」方を作り分かれました。
「脚本を創作する」方では、初版を完成させることを第一の目標に頑張っておられました。
私は、「基礎練習」側の方の担当になりました。
基礎の発声、トレーニング等や、裏方の知識、を取り入れながら、10~25分?の短編の少人数でできる劇、或いはコント等をして、技術面の向上をはかる予定です。
現状況では、二、三年は演出にまわり一年が演じる予定です。
今まで「演出」という役割をもらったことなかったので、精一杯努力したいと思います。
また、基礎の確立を頑張ろうと思います。

今日のブログは詳しく書きたかったのですが…
記憶力がなく曖昧なのであまりかけませんでした……
本当にごめんなさい…

ただ、部活の目標を達成させるための現状で悪い点で「成績」ということがあったのを強く覚えています……
時間は無いわけではないですし、勉強面も頑張ろうと思います。

最後、私的なことになってしまいすみません!
いつも通り、いまいちまとまりがないのですが……

新入生顔だし公演も終わり、一段落つき、これからが目標の中国大会に向けてとても関わることになるとおもいます。
悔いのないように、時間を大切にして、頑張りたいと思います!
【2014/06/08 23:40】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/9【一蓮托生】
どうも、気が付けばもうラストブログ当番のユキです(`∇´)
長いようで短いんだろうなぁとボンヤリ考えていた三年生になり、引退の二文字が近づいてくるという時期……。
いやぁホントに早かったですね^^;
凄いスピードで駆け抜けていったような気がします。
今になってみるともっとじっくり色んなことを考えたり悩んだり学んだりしながらゆっくりと
歩んでみても良かったかなぁと思ったりする道のりでした。

さて、本題ですが今日は
新体制においての役職を発表しました。

役職:部名…今後の課題
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
部長:ワン…比較的冷静に回りをみることが出来るが、意見の聞き入れに偏りがあるので
        全員の意見を平等に見て「皆で」公平に考えられるようになってください。

副部長:ナナ…人の事を考えたり周りを把握する力はあるが
         自分の価値観だけを信じすぎる傾向にある。
         自分と正反対の意見や考え方でもそれは「間違った考え方ではない」。
         人の意見を聞き入れる柔軟さを持って。

副部長:サイ…自分の中に一本強い筋を持っているがそれに頼りすぎて
         自分がどこにいるかを見失いがち、強い意志はそのままに
         自分は何が出来ていて何が出来ていないのかを見極める冷静かつ
         客観的な目、そして第三者からの視点を受け入れる柔軟さを持って。

発声部長:ツゥ…色々発声にて苦労や試行錯誤をしてきたツゥなら
           きっと色々なアドバイスが出来る筈。
           万一間違ったことを教えないよう、今の内から基礎やポイントの再確認を。

発声部長:ワン…部長と兼任、正直大変だと思います。
          部長・副部長の関係と同様にツゥともきちんとコミュニケーションをとりつつ
          しっかりと連携をして頑張ってください。

基礎練ジャー:アユ・ツゥ・ワン・(リヨ・ケイ・ゲン・キィ)…全員が改めて基礎をしっかりと
(発声部長及びストレッチ監督者)              徹底して学んでください。
                                   自分が出来るようになってから
                                   ではなく、共に成長していくと
                                   いうことを忘れずに!

部室管理:サナ・モチ・ルリ・(スズ・ニコ・フユ・エポ)…恐らく一番目立たなくて一番重要で
(徹子及び備品や機材の管理)              一番大変なポジションです。
                                 とにかく、部室のものは余すものなく
                                 大事に扱ってください。
                                 そして各々はっきりとした責任感を持ち
                                 確認を怠らないこと!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
です!
あ、あと基礎練ジャー及び部室管理に配備されている一年生諸君、
この一年間はハッキリと明確に仕事をするというわけではなく(ぃやしてほしいですが)
基本的には二年生の仕事ぶりを「見て学ぶ」修行の期間です。
頑張って!


はい、新体制の役職発表をした後は創作組と基礎徹底組(私は基礎徹底組です)に
分かれて作業をしました。
基礎徹底組は今日は三グループに分かれてやりたい脚本を探しました。
サナ・ケイ・エポのグループはらーめんずの「心理ゲーム」
ユキ・モチ・ニコ・リヨ・スズのグループと
サイ・ゲン・フユ・キィのグループは「キニサクハナノナ」を
やることにしました!
その後脚本を刷ったところでいつのまにか七時を回ってしまい……。
今日の所は基礎徹底組はそれぞれの脚本を持ち帰ってお開きになりました。
創作組の皆さんはまだ残って作業されていました。
時間に余裕があるときは基礎徹底組の作業が終わった後にでも創作組の方の
手伝いもしに行きたいなぁと思いました。


……さて、冒頭にも書きました通り今日でブログ当番が最後ということで。
少々後輩たちに向けて語らせていただこうかと思います。

二年生諸君、これからは君たちが主体でありつつ引っ張りながらサポートをする役割です。
正直、私はこれから君たちが背負っていくブタ芸が物凄く心配です。
でも頑張れる子たちだということは知っているから、もう私にできることは自分の知る限りの
知識を君たちに少しでも多く授けて、信じて託すことだけかな……と、思っています。
まだ何も分かんない状態でめまぐるしく立場も変わって、凄く大変だと思う。
正直ちゃんとやろうと思ったら君たちが一年の最初の頃、ゴタゴタ続きだったときよりも
大変だよ。
去っていく身としては不安だし、心配だらけで、自分達の一個上の先輩たちもこんな感じで
巣立っていかれたのかなとか、いやもっと心配かけてただろうなとか考えたりするけど……
でも、きっと大丈夫だって信じてるから。
全員全力で向き合って、ぶつかって、喧嘩して、悩んで、考えて、そっからまた
全員で歩き出せばいい。

そして一年生諸君、部活にはさすがにもう慣れたかなぁ?
これからのブタ芸がどうなっていくか俺には分からないけど、でもきっと君たちの
本気を引き出してもっともっと演劇が好きになれるような部活に二年生達が
していってくれるはずだよ。
思ったことはその場で口に出してしまえばいい。間違えてしまったなら誤ればいい。
落ち込んでもいいし、悩んだっていい、そんで吹っ切れたら、
その経験をしっかり心に刻んだまま前を向いて歩き出せばいい。
いろんな葛藤を繰り返した方が、絶対に良い物が作れるよ。
創作ってやっぱりすごく大変だし苦しいけど、その分出来た時の喜びとか達成感って
半端じゃないから^^

そんで、最後に一・二年生達へ、
ここで出てきますタイトルの「一蓮托生」。
自分の勝手な考えだけど、ブタ芸部員って引退しても卒業しても繋がってると
思うんだよね。
まぁそれは置いといて、今年は自分ももう受験生を脱退してるし、タマも最後までいるよね。
自分らの先輩と比べたら全然まだまだな私らだけど、伊達に三年間(……二年間?)
ブタ芸やってないからさ、ガッツリ利用してやってくれやww
ずっと言いよるけど発声とか台詞の自主練するときには呼んでくれていいし、
(ていうか呼んでくれた方がいいし)なんかあったらなんでも聞くよ。
勿論部活以外のことでもね。
いつか引退するからってその時も縁を断ち切るわけじゃない。
自分達で考えてもわかんなかったら、どんどんいろんな人に聞いて
色んな人の考え方に触れてみるのが一番だよ、うん。
……とりあえず、何が言いたいのかというと。
わかんないことがあったり話したいことがあったらいつでも
聞きにor話しに来てねってことだな!
サポートするために俺らいるんだからさ^^
っていう話です。


……以上!
ふぉお気が付けばもう11:30過ぎていた;
おかしい、書き始めた時はまだ10時代だったはずだw
まぁ、それではここらへんで。。。(今日はって書けないのが地味に寂しいですw)
長文失礼しました、これからまた新しくなって頑張っていくブタ芸を、
どうぞ宜しくお願いします!!
【2014/06/09 23:34】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初めまして!
1年生のニコです(o^-^o)
舞台芸術部に入ってからまだ少ししか経っていないのに、アトリエ公演も終わり時間がたつのは速いな~笑、と思います。
私がぶた芸に入ったのは男役がやってみたい!と思ったからなんですが……(しょーもない理由ですみませんm(_ _)m)
実際に大会とかではやらないみたいですね笑
先輩の中には色々な声が出せる人とかもいて、とても羨ましい限りです。
発声の仕方を変える…というか、少しずつ低くしたら声も低くなるよと先輩方に教えていただいたので早速実践してみたいと思っています!
でもその前に、発声をもっと上手くできるようにならなきゃですね(*`・ω・)ゞ頑張ろうというやる気に今満ち溢れておりますっ!
1年生が全員キャストになって行うという短い劇では、私達のチームはキニサクハナノナという劇をやります。(゚∀゚*)(*゚∀゚)ワクワク
モチとユキの2・3年生が演出についてくださるのでとても楽しみです!
七人の部長の時には、自分からもっと動けば良かったと後悔したのでこの劇では自分でも台本をたくさん読んで動けるように頑張りたいと思います。
指示待ち人間にならないようにしたいです笑
そして、今日の練習で決まったキャストは、
私→読む人
リヨ→桑島
スズ→たま子
ですかね
それぞれ台詞が多くて大変ですが、頑張ろうと思ってます(っ`・ω・´)っ
初めは皆やりたい役が同じで…
役を決めるときに何回か読んでみた時に、スズのたま子さんが素晴らしい!となり……私とリヨは同じ脚本をやる人と被らないように……とこうなりました。
初めからやりたかった役をやるからには、精一杯やりたいです。
同じ脚本をやるからには2回とも楽しかった~♪ヽ(´▽`)/というような演技が出来たらなと思います。
先輩に迷惑をかけないように頑張りたいと思います!
長々とすみませんでしたm(_ _)m
読んでくださってありがとうございます。
【2014/06/10 20:40】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月11日(火)『習うより慣れろ……?』
遅れてすみません!
昨日のブログ当番のモチです……
よく遅れるので、はやめにあげようと思います!

今回から、1年生が新しくブログを書くことになりました!
最初のうちは、2年生と一緒に投稿するので、1日に2つブログが投稿されます!
それぞれの個性を感じていただけると幸いです!

今日は、発声をした後、基礎組と脚本組にわかれ、基礎組はコモンホールで活動してました。
今日は不幸にも2、3年生が課外やホームステイのこともあり、私とユキだけでした。
そのため、最初は「わたし、あなた」というのをしました。
これは、ユキが九州ビジュアルアーツさんから、教えていただいたものの一つで、文面で説明がしにくいのですが、コミュニケーションと、声を飛ばすところの意識、などができると思われます。
その後、キャスト決めをし、本読みをしました!
私達のところは、サイ達と同じ台本をするのですが、全く別の作品をつくりたいと思います!
私は、演出未経験で、不安しかないのですが……
不安ばかり持っていても仕方ないですし、「習うより慣れろ」とありますが、が必要かな、人から習うとこも大切だし、百聞は一見にしかずとも言いますが……と、どうやって演出の付け方を慣れればいいのか迷っている所帯です!

とりあえず、本読みをしてキャストそれぞれの個性をだせれるようなキャラクター作りや演出をつけたいと思っています!
見ている人も楽しい演劇になることを目指し、頑張りたいです!
【2014/06/11 07:37】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小さなことも丁寧に
今日は3人劇の練習でしたが2人いなかったので、演出のサイとセットや服を決めました。

セットを決める時はキャストの人が動きやすいように配置しました。
ブロックを置くのですがずっと同じ場所に座らないように、3個置いたり
パネルの位置を決めたりと
とても細かいとこまで丁寧に決めました。

これから、脚本の練習を進めて行くにつれてどんどん良い方に配置などは変わって行くけれど、最初が一番肝心だと思いました。



iPhoneから送信
【2014/06/11 21:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/11(水) じとじと
皆様こんばんは!今日も夕方から雨でじめじめ、じとじとしましたね( ´'ω'` )
というわけで本日の担当はサイです!
私は基礎徹底組(?)のほうで演出をすることになりました。正直に言いますと、梅干し終わったらもう演出なんて二度としないだろう、と思ってました。まあ、これも何かの縁でしょうから、前回の反省を生かしてやっていってみようと思います!
さてさて、今回は初の短編もの。脚本の薄さに新鮮さを感じていますwモチのグループと同じ脚本なので、演出を全く別のものにしていきたいです!できたらおもしろく、そして伝えたいことをちゃんと伝えられたらなって…。みんなで何が伝えたいんだろうか、というのを明確にしてから演出をつけていきたいなと思います!
顔見せ公演よりやる気が出ています(多分2週間という短い期間だからw)前回よりもよりよいものが作れたらいいなと思います!
それでは今日はこのへんで!担当はサイでした(〃・д・) -д-))
P.S 骨折治りました、ご心配おかけしましたm(_ _)m
【2014/06/11 22:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/12(木)  「学と理解、考える力」
ブログの読者の皆様、はじめまして!!
新入部員のケーです!
私が舞台芸術部に入って、早2か月が経とうとしています。
時が経つのは早いものですね・・・

さて、前略が長くなってしまいましたが・・・本日は、ユキとリヨが前回行ってきたビジュアルアーツさんで習ってきたストレッチとシンさんに演出について学びました!

ストレッチは、演じる際に急に体を動かしてどこかを痛めないようにするためのものです。
体幹を鍛えたり、様々な腱を伸ばしたりしました。
普段運動してないだけあり、横腹がつったりともっとちゃんと体を動かそうと思うような感じです・・・
でも、楽しめながらできたのでよかったです。
これからきちんと続けていきたいと思います。

シンさんには、上でも書いた通り演出を習いました。
演出とは・・・
・演技がお客様にどのように見えるのか計算する
・台本を役者よりも多く読む
・劇中で「変わったところ・変わらなかったところ」を見せる
・きちんと台本を読み芝居の方向性を決める
・テーマをきちんと決める
・・・などでしょうか;;

演出の仕事は、私達1年生は初めてのことが多く面白いな・すごいなと思う反面、自分の演技がきちんと演出さんの期待に沿えてるのかなと思ったりします。(というか、そう心配してるのは私だけじゃないと思いたい!)

そしてシンさんの演出講座を聞いた後、短編組や創作組で分かれて練習をしました。
私達はらーめんずをやるのですが・・・
セットを悩んだりと、演出さんの仕事は大変だなと思いました。
他人ごとではなく、私自身もきちんと考えていきたいです。

まだまだ演技も知識も乏しい中で、これからしっかり成長していきたいです!
グダグダとここまで書き連ねてしまいましたが・・・
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます(*^_^*)
日々精進し、上達していきたいです!!
【2014/06/12 20:26】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
6月12日 「演出の本当の意味とは…」
こんばんは、水泳が始まり、いよいよ夏到来だなぁと感じているサナです。しかしプールは寒い…まだまだ気持ち良いと感じられる日は先になりそうですね(笑)。

今日は、けーが言っていたようにシンさんより演出について教えて頂きました。ビジュアルアーツでの収穫のお話の時には課外でいなかったため、演出講座で学んだことを、けーが書いていたことに補足して書こうと思います。自分なりのまとめ方でいきます。

・「師匠は3人持て」→3人の意見があることで、真似だけにとどまらず自分のオリジナリティができる
・日々の練習は演出と演技指導がごちゃまぜになっているため、基礎を覚えることができない(しかし、高校演劇には時間がないためプロの劇団のように何年も下積みをして…などは出来ない)
◎演出が決める事
…①芝居の方向性を台本をたくさん読んで決める。この時、なんとなくはNG。
・流して一回台本を読む→「こういう物語かなぁ」という予測を立てる→考えた演出が可能かどうかもう一度台本を読み見極める
・何かが変わったシーン、変わるかと思いきや何も変わらなかったシーンにそれぞれチェックを入れる
 →お客さんに届かせるために
・セリフは似ているけど何か違うということは物語の中心へのきっかけ
・変化のきっかけを立ち稽古前に決めておく
・(社会情勢の)比喩
→きちんと見つけておくと良い。大切なところにはマーカー
・最初に仮のテーマを決める→読む→模索する→テーマの決定
・シーンごとにやや細かく分けていく。分けたシーンの分析も併せて行う(誰を中心にするかなど)
◎①ショー ②ドラマ ③ストーリー ④確認の4つに関して。
・ドラマの基本…言いたいけど言えない。本音の部分
 本音の部分はきちんと見せる。できるだけ長く。しかし引き伸ばし過ぎるのも良くない。
 本音を言った後をくどくどやるとうんざりするためそこからは伝わるくらいの速さでOK。
・ストーリー…物語が進んでいるところ
 確認のシーンよりも速く進めること。
・確認←情報が伝わるくらいの速さでOK。
・ショーとドラマに関してはしっかりと時間を取ってやる。
・視点を決める。しかし、0か1。複数はやらないように。
・基礎ができていないと適当なことはできない。
・演劇は見ている人の方が大切!

ざっとまとめました。シンさん、本当にありがとうございました!
こう考えると、やっぱり理屈って大事なんだなぁと思いました。よく数学の授業で、「なぜそうなるのか」という部分の方が答えよりも大切と言われます。その理由が今日やっとわかったような感じです(笑)。

演出はすごく大変な仕事だと改めて知ることができました。高校演劇の場合、全体を見て演技指導もしていかなければいけません。しかし、それにたどり着くまでの過程がものすごく努力が必要で誰よりも脚本を理解し、それぞれのキャラについて誰よりも理解しておかなければ出来ない重労働な、だけどとても大切なお仕事です。

そんな中、脚本を理解することで、自然と照明や音響を考えることはできるなぁと思いました。
イメージに合う曲や照明を選ぶのは大変ですが、脚本を理解しておけばある程度のイメージがつかめるとともに、その照明の色や音響効果に意味を持たせることもでき、お客さんが「何で今この照明?」や「何でこんな音楽?」と感じることはほとんどなくなるのではないでしょうか。

脚本をじっくり読めるくらいゆっくりできる日が欲しいものです…切実に。

今日教えて頂いたことをふまえ、これから短編を仕上げていきたいです。今回は演出のため、今日教わったことを実践しながら本当の意味での演出が頑張ってできるようになりたいです!
また、作品は今までやったことがないジャンルのため、また新しい自分の視点を見つけられると今からわくわくしております
!!これからのブログで新しい考え方について書けたらいいなぁと思っています。
そのために脚本をしっかり読みこみます!

さて、先日から1年生のブログがスタートしました!もう自分が書き始めた時から1年たつのかぁと思うと懐かしく感じます、最初の不安と緊張が。確か、初めてのブログはさよなら小宮くんの感想だったような気がします。どうやって書こうかすごく不安で不安で仕方なかったです。
しかし、初心忘るべからずですね!あの日の不安と緊張を忘れずに書いていこうと思います。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。以上、サナでした!



【2014/06/12 21:27】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
学んだことを活かして
ブログを読んでくださっている皆様、こんばんは。そして初めまして!
一年生のキィです。
学ぶことが多すぎて混乱していますが、毎日楽しく部活をさせていただいています。

今日の部活では、昨日ケーとサナが書いていてくれた、ユキとリヨが習って来てくれた
ストレッチが早速、発声練習の前に取り入れられました。
今、体中に走っている筋肉痛から日頃の運動不足を感じさせられました。
(演じるには体の柔軟性も必要不可欠だと中学校時代、ワークショップで教えていただいていたので
家での時間も有効的に使いたいです)

ですが、この後の発声練習でいつもより大きな声がコモンホールに響いていました。
やっぱり基本に帰ることは大切なんだなと改めて思いました。

その後、短編組と創作組に分かれて、練習を始めました。
今、私の「キニサクハナノナ」という短編の台本を練習しています。
同じメンバーは
演出: サイ
     ゲン - たま子
     フユ - 桑島  
     私  - 読む人(ソノヨ)      です。

今日は、一人お休みだったので、私とゲンで実際に動いて、サイに足りないセリフを読んでもらい、
一通り通してみました。初めてなんて言い訳にしかなりませんが、何かと注意をされました。
自分の台本の読み込みが甘かった・・・。
そう思います。
「七人の部長」のとき、OGの方から「台本の読み込みが足りない」ということを指摘されました。
自分たちが決めたテーマを見る人にわかりやすく伝えるためにも、
読み込んで話を深いところまで理解しなければなりません。

私の演じる「読む人」は、「男性」の設定です。
私は動きがゆっくりなので男性らしくキビキビ動けず、悪戦苦闘・・・。
また座るときも、足を広げて座ったりだとか「男性」と「女性」の仕草の違いがよく分からず、
ごちゃまぜになってしまっているところがよくありました。
声を低くしたまま叫ぶのは、私にとって至難の業です。 練習せねば・・・!

演出さんのサイがとても的確なアドバイスを言ってくれるおかげで、
動きに意味がついてきている、そんな風に感じます。

衣装や道具の配置などなどは演出さんがおもにやっていますが
役者を引き立たせるため、いろいろなことを考えてくださっています。
決して他人事として捉えないで、それに感謝して自分の全力を尽くしていきたいです。

明日は全員揃う予定なので皆で力を合わせて、笑顔で練習に励みたいと思います。
少ない時間を大切にして、より良いものを作り上げたいです。

遅くなったうえに、長々とすみませんでした。
読んでくださりありがとうございました。




【2014/06/13 23:26】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月13日(金)「それぞれのキニサクハナノナ」
また更新遅くなりました……
本当にすみません。
今日のブログ当番のモチです。

今日も発声前にストレッチをしました。
ストレッチは、昨日始めてやったので、思い出しながらするのは時間がかかりました。
できるだけ早く覚えたいですが、正確に覚えていきたいな、と思います!

その後、それぞれにわかれてしました!
私の方の「キニサクハナノナ」チーム(ユキ/ニコ/リヨ/ズズ/モチ)は今日は基本的に衣装を決めていました。
が、決まりませんでした。
明日、それぞれ持ち寄る予定になりました。

読む人(ソノヨ)を浮世離れさせた感じにするか、あえて、この世をしっかりとチェックしていて、流行にあわせたふくを着せるか……悩み所だったので、明日様々なものを合わせたいです。

衣装合わせの時点で、感じたのは、演劇を作る人でとても変わってくる、ということでした。
今まで、同時進行で別れて同じ脚本をしたことなかったのですが、今回はじめてして、個性が出ることをとても感じました!

衣装合わせや本読みの時点でそれぞれが違っているので、とても出来上がりが楽しみです!
また、これからは演出が被らないように(?)として、「キニサクハナノナ」はそれぞれ場所を変えてする予定です。
練習風景が見れなくて残念ですが、自分達のところで頑張りたいと思います!
【2014/06/14 08:25】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
読者の皆様はじめまして、初ブログ担当で一年のふゆです。
初担当なので何か一つでもどこかでいいことを書こうと思っています。名言とか・・・。
因みにさっき間違えて投稿して焦りまくっていたところです。すみませんでした・・・。

今日は衣装合わせと通しを少しと、台詞練習をしました。

衣装合わせは持って行った服が見事に「読む人」役のキィとダブりました。
しかも髪型も似てる。
なんというシンクロ率でしょうか。運命を感じざるを得ないほどですね。
取り敢えずこれはまずいということで、試行錯誤の末に他の衣装にチェンジしました。
あと、同じ脚本を演じるチームがあるのですが、私と同じ役をするリヨとの衣装の差に驚きました。
あまりにも対照的な格好に、これまたある種の運命を感じざるを得ませんでしたね。
衣装だけであれほど違いが出るとは思いませんでした。発表の日が楽しみです。

そして、今回は用事が重なって全然ほとんど出られなかった私が初参戦して通しを少しやりました。
どんな性格診断をしても「男性脳寄りです」と無情に切り捨てられる私ですが、やはり男性としての気持ちや動き方には戸惑うばかりです。
サイに手助けをしてもらいながら少しずつ男らしくなっていきたいと思います。
あと、面白い時は面白いけど、真面目なところでは真面目に・・・とメリハリ付けて演技できたらなと思います。
・・・まあ、言うだけなら簡単ってやつですね。

最後に台詞練習をしました。
アトリエでの役は真面目な役で、今回の「桑島」も真面目です。
一言で言い表してしまうと似たような役ですが、細かく分析していくと全然違って面白いです。

最初は「また真面目かー・・・」とか思っていたのですが、性別差と年齢差、そこからでも既に演じ方が全然違うということが分かりました。
男性からすると、女性の行動が理解できなかったり、年を重ねると、その分たくさんのことを知って落ち着いていたりと・・・一つの違いからたくさんの違いがぽんぽん出てきます。
今までそんなこと大して考えることもなかったので、最初とは違い、わくわくした気持ちで練習しています。

今は自分のことで手一杯ですが、そのうち他の人の様子を見て感想とかが書けるくらいの余裕ができたらなぁ。と思います。

そういえば、名言残すとか書きましたが・・・・・。
・・・特になかったので「運命を感じざるを得ない」で、いいでしょうかね。

・・・・

・・・お付き合いいただき、ありがとうございました。
【2014/06/14 22:54】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/14(土)いいものとは…

どうも!今日は珍しく晴れて、気持ちいいお天気でしたね!
今回の担当はサイです!
今日は卒業されたエリがいらっしゃいました!とても大人っぽくなられていたので大学生ってこんなのなんだーって思いました!写真はエリからいただいたわらび餅です!みんなでおいしくいただきました!!
さて、今日の練習はストレッチと発生をしたあと、基礎徹底組は舞監ボックスの中身のことや、コードの巻き方、パネルの持ち方、山台の運び方など基礎的なところをしました。
基礎的なところをやっているとき、なんだか積極的でない子が多いようです。これでは舞監やリハ、本番でいざというときの対応が遅れてしまいます。見かけたらその都度注意していきます。
基礎的なことをやった後に、私のところは桑島さんと読む人の演出をしました。(たま子さんが不在でしたので…)フユに演出をつけてびっくりしたのが、私が「こうやってみてください」と言った演出に+αオリジナルの演技を入れていたことです。こうゆう子だとすごく助かりますねー!でも、それが「ちょっと違うんじゃない?」とゆう時には、また演出を変えていこうと思います!
きぃはとてもかっこいいと思いました!でも、「男」を演じようとしている気がしています。あくまで「男のっぽい…でもよくわかんない、中性的な人」とゆうかんじなので、女かもしれないという意識も必要ですね
サナに少しみてもらったとき、確認の部分と語るところのテンポが同じと言われました。言われてみればあ!そうだったな…と。人に見てもらうと気付けなかったところに気づけるので、とてもいいですね!これから色んな人に見てもらって、たくさんのアドバイスをいただしたいなと思います!
それでは今日はこのへんで!担当はサイでした!!
【2014/06/15 05:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初めまして!!
新入部員のエポです!
これが初めてのブログ投稿で右も左も分からないのですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです!

まず今日はストレッチをして、各グループごとにそれぞれの劇の練習に入りました。
ストレッチを始めて今日で多分四日目ぐらいなのですが、なんというか皆さん阿鼻叫喚状態です∑(; ̄□ ̄A
かくいう私も体が硬いので人のこと言えないんですけどね( ̄▽ ̄;)
まあ、毎日続けていけばそのうち慣れると思います!よし頑張ろう!!

そして劇の練習!
私はケーと二人でサナの指導の下、「ラーメンズ」のコントの練習をしています。
私はアトリエ公演の時、「出停記念日」の『さやか』という役を演じさせていただきました。さやかは大人しいキャラだったので、今度は活発なキャラを演じてみたいなと思って、私は今回ラーメンズの片桐仁さん役を演じてみることにしました。

いやーでもやっぱり難しいですね!キャラの心情を考えようにもハイテンポなコントなので分かりにくかったり、このシナリオの伝えたいことが明確に分からなかったりで大変です(´▽`;)
芸人さんってすごい…!

…はい。
なんだか上手くまとまらない記事になってしまいました(´・ω・`)
私はまだ台詞も動きも下手で、他の部員たちを見ていると猛烈な劣等感を感じることもあるのですが、これからたくさん練習して上手くなっていきたいです!
次の週末には用語テストもあるのでそっちも頑張らなければ…!

では最後に。
最後まで読んでくださりありがとうございました!!
【2014/06/15 20:24】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月15日 「思い切り笑え」
こんばんは、今は基礎徹底組の1年生と2年生がセットになってブログを回しているためブログ当番が回ってくるのが本当に早いなぁと感じているサナです。文句ではありません、ただ感じただけです(笑)。

今日、実はルカさんが来てくださいました!!そしてアクエリアスの差し入れをいただきました!ありがとうございました!!みんなでおいしく飲みました。しかし、注ぐときに馬鹿なことをやらかしてしまいすみませんでした…泣。今後はきちんと注意をしていきたいと思います、最後まで!

今日はエポが書いていたように、最初にストレッチをして発声をしたのち、短編の練習に入りました。
午前中、そして午後の少しの時間を使い、この劇を通じて伝えたいことやキャラクターのイメージ、セットについて具体的に考えていきました。ラーメンズの脚本で伝えたいこととなると結構難しいなぁと思いましたが、この作品は何か意味があって作られたものだと考えながら3人で一生懸命話し合い、意見をまとめました。

ほかの2グループが練習をしている「キニサクハナノナ」とは違い、ラーメンズはお笑い…つまり笑いのセンスが求められます。脚本自体がとても面白い分、それに負けないくらいの演出をつけていかなければと思いながらなかなかいい笑える案が見つからず毎日すごく焦っています。

かなり前のお話ですが、私の好きなとあるラジオ番組で舞台でのアドリブやキャラクターのことなどのお話を聞きました。その時に印象深かった言葉が「既成からはみ出す事だけが笑いじゃない」です。なかなかこんなにも笑いを求められる脚本の演出をやることがなかったため、あまり考えずに来ていましたが、今となってはすごく深くて、だけど難しいですね。

頭では考えられるけど、それを行動にするというのはなかなか難しいことで日々困りながら演出を考えています。
笑いの沸点は人それぞれ違います。それを考えると、万人に受けるギャグを生み出し何年も何年も売れ続けているお笑い芸人さんは素晴らしいなぁと改めて思いました。
私は人からも良く言われるほどの笑い上戸ということもあり、何でも大爆笑してしまうため、本当に面白いと思うお笑い芸人はたくさんいます(笑)。それでも、テレビを見ると、本当にずっと活躍していらっしゃる芸人さんはほんのわずかのような気がします。
それだけ笑いというのは難しいものです。

それを踏まえると、笑いを極めるのは絶対に先が長いけど面白いことのように感じます。ラーメンズを極めるのも難しいですが、楽しいです。
ラーメンズのネタは計算しつくされていて、数学が苦手な私にはもう頭がついていかないほどですが、それでもなぜが面白いんです。本当になぜなのでしょう?「笑ってほしい」という願いの強さでしょうか?…ただ、「何度も何度もたくさんの舞台をやってきているから」は違うような気がします。一理ありますが、理由はそこではないと思います。

「既成からはみ出す事だけが笑いじゃない」本当にいい言葉を聞いたと思いました。
偶然が生んだ奇跡…とでも名付けておこうかなぁと思います(笑)。

さて、今日のブログのタイトルは「思い切り笑え」です。
どんなに面白い作品でも、自分が好きでなければ、そして面白いと感じなければ練習をやっていても集中できないし意味がありません。また、お笑いをお届けするときはきっと皆さん「自分たちの最高傑作!」と思ってやっていらっしゃるのではないでしょうか、ちょっと大げさですが。
そんな最高傑作である台本をもっと高いレベルの最高傑作にするか、落ちぶらせるかはきっと自分たちがどれだけその作品を愛し、笑っているかにかかっていると思います。もちろんやり遂げる集中力も必要です。しかし、それはきっと次のステップに入るものだと私は考えています。

だからこれからは自分がつけた演出を思い切り笑うことにします!!

なかなかまとまらない文章ですみません…。考えがてんこ盛りになってしまいました…。

あ、そして第2回考査がちゃくちゃくと近づいています。思い出したくなかったですが、いつかはやらなければ、思い出さなければいけない運命です。今思い出して早く準備しましょう!(笑)。
勉強もですが、創作の方もとても気になっています!時々用事があって部室に行くときにはいつも創作組の皆さんのお話を盗み聞きしていたりします。どんな話になってきているのでしょう…本当に楽しみです!

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。以上、サナでした!
【2014/06/15 21:33】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月16日(火)「計画性」
こんばんは!
今日のブログ当番のモチです!
今日もいつもと同様にストレッチ、発声をした後に分かれてしました。

コモンホールの半分を使わせていただくことができ、舞台装置を設置してでの練習を少ししました。
主に、桑島さんに動きを確認しました。
雰囲気的にとてもよい感じで動いてくれたので、たま子さんと合わせてみたり、できるのならば、全体的に通してみたいと思っています!

また、今日は昨日に引き継ぎ、少し音響を決めていました。
今回は思っている雰囲気と合う音響がなかなか見つからず……
思いきって、キーボードを使わさせていただくことにしました!

雰囲気に合う音色を選ぶことができたので、音響きっかけの入りもきちんとやりたいと思います!

そのため、明日は「たま子、桑島さんの動き」、「音響きっかけ」等を主にしたいと思っています!
……のですが、明日は確か基礎組の主軸の「基礎」の方もする…はずです。
(違っていたらすみません…)

「基礎組」はところどころ、短編以外に基礎の方も入ります。
私は時間の無駄が多いので……出来るだけ、時間を意識して行動できるようになりたいとおもいます!
また、今日する目標をきちんと持って一日一日大切にしていきたいと思います!

ぐだぐだとすみません!
いい作品ができるよう、苦手な計画を建てることも頑張ります!
【2014/06/16 23:29】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
遅くなりました、新入部員のりよです!!
初ブログですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです!!

今日はいつも通りストレッチから始めました。
もうなれたのか悲鳴は聞こえてきませんでした、ちゃんと真剣に取り組めていたと思います!!
ストレッチ、発声練習をして3つに分かれて練習している演劇の練習に移りました。
あたしは「キニサクハナノナ」の桑島役で、戦死した男性の役です。
そわそわしていたり、焦ったり、戦争のことを思い出して落ち込んだりと、感情がコロコロと変わる役ですが、おろそかにするのではなく、一つ一つの感情を大切にして演じていきたいと思います!!
そして、今日の練習はあたしの動きを中心にユキとモチにみていただきました!!
まだまた表情筋が固いので驚きや焦りを表情で表現したりする事をできるようになりたいです!!
【2014/06/16 23:32】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月17日(火) 関係性と視点
皆様初めまして。スズと申します。
今日はじとじと雨でしたね。雨の中水泳をやって私は凍え死にそうになりました。

さて、今日はシンさんがいらっしゃいました。
なのでストレッチ、発声のあとに演出講座を開いていただきました。
まず最初に前回の復習をしたのですが、完璧に理解、記憶している部員が少なく、シンさんに「おまえらアホか」という言葉がぴったりなお顔をされてしまいました。ごめんなさい。
今日は立ち位置について教えていただきました。同じ演技なのに立ち位置(縦に並んでいるか横に並んでいるか)が違うだけで受ける印象や見え方が違うということです。実際にそれを試してみると部員の皆さんがおお!というような顔をされていました。私は実践側で見ることが叶いませんでしたが…。ほかにもパーソナルスペースを利用した役と役の関係性の表し方など、関係性と視点について今日は教えていただきました。

シンさん講座の後は体文字を使った連想ゲームをしました。楽しかったですが、連想をするのが意外と難しかったです。連想ってしようと思うとなかなか言葉が出てこないですね(笑)
その後は各自グループに分かれてそれぞれの練習を進めました。私のグループは演出がユキとモチのキニサクハナノナグループ(略してゆきもっち組!)です。
はじめにざっくりと通しをしてみましたが、なんと壊滅的な問題が!私が演じさせていただいているたま子の台詞に「戦地」というワードがあるのですが、私の発音がどうしてもセンチメートルの「センチ」になってしまうという問題が指摘されました…。
とりあえずこれから毎日発音の練習をしていこうと思います。
たま子はとにかく明るくてかわいい子なので、感情の変化や思考をしっかり掴んで演じていきたいと思います。

今週末は舞台用語テストです!きちんと覚えてテストにのぞみたいです。他にも明日、基礎組のための基礎講座があるのできちんと理解して記憶していきたいです。でも私はTPOを考えずにうるさくしてしまうことがあるので、話を聞くときや大切なことを話しているときはちゃんと黙って話を聞くように気をつけていきたいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
【2014/06/17 21:29】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/17(火) 演出とは…
今日はなんたかジメジメした天気になりましたね。私は髪がちょっとくるんとなって少ししょんぼりしてました(´・ω・`)
というわけで、今回の担当はサイです!
今日私は課外だったので、途中から参加したのですが、シンさんの演出のつけかた講座みたいなのをしました!
前回いらっしゃった時の復習と、立ち位置の具体的な例を実践して見せていただきました。これは使える!と思ったものが多くあり、取り入れていこうと思いました。
今日できなかった、脚本のシーン分けは明日するそうです。代表4人がシーン分けをしてきて、誰の視点でどういう行動、心情で分けたかなどを話して、シンさんがそれぞれのいいところをとって、つけ加えられるそうです。私は明日も課外ですが、終わり次第すぐに参加しようと思います。
そのあと少しの時間ですが「キニサクハナノナ」をしました。一番大事な部分をもっと作り込みたいなと。まだ間が足らないので…。それと明日から脚本外してやります。
あとできていないところは、セリフや動きばっかり気をつけて、心の動きができてないなと。それができていないと、演劇ではないです。時間は前よりは余裕があるので、要所要所で役者さんに聞いてみて、わかっていなかったら話して一緒に考えていこうと思います!
ではでは今日はこのへんで。担当はサイでした!!
【2014/06/18 08:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月18日 「変なこだわりよりは純粋に」
こんばんは、今日凄く寒い中で水泳をやったため、風邪をひくのではないかと心配なサナです。しかし、「病は気から」という言葉があります。気持ちを切り替え、ポジティブに風邪ひかないぞという気持ちで頑張りたいです。

さて、今日もシンさんより演出のことを教えて頂きました。しかし私はホームステイの説明会があったため途中からの参加となりました。そのため、詳しいことが書けません…すみません。
ちなみに私は七人の部長のラストシーンを使って実際に演出をつけていくというところの途中から参加しました。アトリエ公演でやったということもあり、その印象が強かったですが、演出がついていく中で今までの七人の部長とは印象ががらっと変わったような気がします。視点の動き、シーン分け、共感というところに重点を置くだけで、同じ脚本でも何通りもの見せ方があるのだなぁと実感することができました。

その講座が終わった後、創作組、短編組にわかれ、それぞれで練習をしました。
今日は同じグループのエポがいなかったため、ケーの本番時の髪型を決めたり、改めて研究してみての自分の作品イメージをざっと伝えて終わりました。

ラーメンズで大事なのはテンポと間、そして演出は観客に飽きさせない工夫が必要というアドバイスを昨日シンさんよりいただきました。飽きさせない工夫というのは何とも難しくどのようにしていけばいいんだろう…と考えています。

シリーズものの本やドラマがずっと続いているのは、そこに飽きさせない工夫が詰まっているからだと思います。
同じ作家さんの本で同じような、前に見たことがあるようなシーンだなぁと思ってもなぜか見てしまう、気になってしまう。同じ本なのに何度も見てしまう。これらには飽きさせない工夫がきっと詰まっています。

本は何冊も何冊も続きます。しかし、今回のラーメンズの台本は5分~6分程度の短いものです。それを考えれば飽きさせない工夫という意味での演出は意外とできるのかなぁと思います。

ブログを書いていて一つ思ったのが、考え過ぎはよくないということです。
演技でも同じことが言えるように、変にこだわり過ぎたり考え過ぎたりすると逆によくない結果をうむと考えます。だから私はもう純粋にまず自分が見ていて飽きないような演出をつけようと思います。
あとは演出をつけながら笑ってほしいと祈るばかりです(笑)。

やるからには自分たちが楽しまなきゃ損ですよね。自分たちだけでも楽しければそれでいいんです、たとえ笑いが起きなくても。でもやっぱり見ている方が面白いと思ったところで各々思い切り笑って頂きたいですね!
演出の私としては、思い切り笑ってほしいのと、実際に演じるケーとエポが楽しんで欲しいというのが願いです。

私たちのこれからの課題はやはりテンポと間の取り方ですね。ドラマという部分がない分、そこを鍛えていこうと考えています。
テンポといえば、全校ワックスのポケベルのシーンを思い出しますね(笑)。そこでずっと言われ続けた100回練習しようという言葉を思い出しました。テンポよくいくためにはやはり練習の繰り返ししかありません。しかし、テンポを上げると言ってもセリフのスピードを速くするのではありません、間を詰めるのです。これはよく言われていることです。
となると、滑舌も大切になってきますね。ナチュラルなスピードで聞き取りやすいようにきたえなければ…!人の滑舌を注意できるくらい滑舌がいいというわけではありませんが、指導はちゃんとしていき、分からないところはすぐに相談して間違ったやり方を教えないように心がけます。

今日のブログのタイトルは「変なこだわりよりは純粋に」です。これは飽きさせない工夫のお話に関連しています。演技も演出も変に力を入れては堅苦しいものになってしまいます。それよりは純粋に純粋に自分が思ったとおりに率直にやっていくのが一番いい方法だと考えます。その中で行き詰った時はキャストの人と話し合ってそのシーンの解釈を考えていくのも方法だと私は思います。それを踏まえての今日のブログのタイトルです。…うーん、言葉にするって難しいことですね…。頭で分かっていてもいざ文章にするとなるとこんなにも難しいんですね。

さて、三作品のセットのバミリが終了しました。キニサクハナノナは2グループがやりますが、2つともそれぞれに個性があり楽しみになってきました!!どんな作品に仕上がるかとても楽しみです!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。以上、サナでした!
【2014/06/18 22:15】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月19日「自主性と妥協」
最近暑いようで寒いようで不思議な天候に気だるさを感じているにこです(o^-^o)

1年生は学ぶことが多くて大変だな~と思います(他人事…っておい!)
ノートを作ったりして工夫をしているんですが、その場で覚えられるような頭があればなぁ…と切に願います。

「千里の道も1歩から」「塵も積もれば山となる」ということで地道に頑張っていきたいですね!毎日頑張ります(っ`・ω・´)っ!


今日は音響を付けてでの桑島さんのソワソワ感の練習をしました。桑島さん役のりよが「分からない~」と言いながらも凄くいい演技になっているというのは凄いなぁと思います。私は演じるとき、頭から入っていかないと体が動いてくれないので羨ましい限りですね(笑)
りよの演技をとても見てみたいのに、読む人は桑島さんと角度が違い桑島さんを見れないのでとてもかなしいです(´TωT`)

りよの後はすずと私がハモるシーンの練習をしました。これは、お互いのことを考えながらやるしかないと思うので練習あるのみだなと思いました。


ラストの時の音響はどうなるなのかというのを話しているとき、私の意見を思いきって言ってみました。読む人が無表情になるときは虚無感又は無を表現するために音がない方がいいんじゃないか?と言ってみたんですが…

演出経験なんて全く無い入ったばっかりの1年生の私なんかが口を出していいのか?といつも思ってしまいます。
私は元々思ったことをすぐに言ってしまうので言ったあととても後悔します。
前、カナさんがきて下さったときに「ぶた芸は意見を言ってなんぼやけー」と言っていたのをなぜかよく覚えています。

部名というのは先輩後輩関係なく意見を言い合うためなのかなと思うので、これからも自分の意見をぶつけていってみようと思いました!
まとまりの無い文章ですいませんm(_ _)m
(最近寝不足で…)



【2014/06/20 00:19】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6/19(木) もうすぐ…
どうも!今回は担当はサイです!
今日私は数学の課外だったので、遅れていきました。主に脚本を外して通しをしました。
演出をしていて思うのが、自分のイメージを上手く伝えられないなーと。シンさんの演出を見ていたら、具体的だし、イメージもよくわかります。自分のイメージって抽象的で、上手く伝えられないから伝わらないんだろうなって。
でも、一昨日と比べると大分伝わってきたかな?と思いました。シンさんの演出講座のおかげなのでしょうか?役者さんに大分イメージが伝わった気がします。
明日からはみんな揃わない気がします…。明日は私が漢検で、明後日はきぃが留学の説明会で通しがもうできなさそうです…。セリフはみんなほとんど頭に入っているようだから、あとは感情を伴わせてくれたらいいのですが…。こう考えると2週間とは短い期間ですね。
あともう少しで本番です!お客さんが楽しくて尚且つ役者さんたちも楽しめるような舞台にしたいです!
それでは今回はこのへんで。担当はサイでした!
【2014/06/20 07:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月20日 「motionよりもまずemotion!」
こんばんは、テストの範囲発表が今日ということで、もう危機感しか感じていないサナです。しかし焦り過ぎは禁物です。自分のペースで成績を元に戻します!…宣言です(笑)。

さて、今日はまずストレッチをして発声をしました。ストレッチはだいぶ慣れてきましたが、特に体幹トレーニングがきついです…。体幹という言葉は最近の流行語(?)ですが、すごく大事です。しかしトレーニングはきついです。大事なものほどきついというと、勉強に似ていてドキッとしますね、いろいろな意味で。
発声に関しては、よく1年生から「この行が苦手です」や「息が続かない」などのお悩みを聞きます。自分もできているわけではないし、間違ったことを伝えてはいけないため、そこは色々な人に意見を求めて伝えるようにしています。まず自分が頑張らないといけませんね。

発声が終わった後、今日サイとモチが漢検で最初いなかったのと、ユキがいらっしゃらなかったため私1人で1年生をまとめなければいけない状況になりました。結局悩みまくってセリフ練にしました。
その中で、ふと1年生より相談を受けました。

その中で、よく言われる「自分の感情で動く」ということが出来ない、という意見がありました。演出が動きばかりで前半のほんの一部しかできていないというのもあり、どうすればいいんだろう…とすごく悩みました。
この基礎徹底組の意味は、スタッフ関係の仕事を覚える事、発声の基本を身につけること、立ち位置などの基本事項を覚える事、舞台での動きを身につけるというものです。また、感情移入や感情で動くことなどを学ぶというのもあります。

その話をしていて、いい意見だなぁと思ったのが「動きに感情を合わせているから、もし動きを忘れたら感情が一切伝わらなくなってしまう」という意見です。動きに感情を乗せる、これはこれからの練習では通用しないと私は思います。

確かに動きも大切です。肩の動きだったり歩き方だったり…気持ちを伝えられる部分はたくさんあります。しかし、いくら動きで伝えたって表情や感情が追い付いていなかったら結局その動きに込められた感情は観客にはほとんど伝わらないでしょう。例えば肩の動き。ただ肩が動いているだけでは「胸式呼吸になっているのかな?」そう感じる見方もあり得ます。それで伝えたいことが伝わらず、違う解釈で伝わってしまった、ということになってしまうのではないでしょうか。

私は違うグループのため本当の練習風景を知りません。そのためなかなか意見を言うことはできません。また、1年生もまだ2、3年生に意見をしていいんだろうかと心配しているようです(ニコのブログにも書いてありましたが)。ここは違うと思うなどの意見はぜひとも言って、バトルをたくさんしてほしいなぁと思います。ぶつかり合い無くしていい作品はきっと作れませんから。

具体的な解決策を伝えることはできませんでしたが、とりあえずこのことは伝えた方がいい、ということのみ伝えておきました。解決策はなかなか見つかりません…うーん、難しい。しかし、今日こんな風に1年生の率直な意見が聞けたのはすごく嬉しかったです。これからもいっぱい意見を出してもらっていっぱい戦って良い作品、良い人間関係などが築けていけたらいいなぁと感じました。

さて、長々と語ってすみません…。良い方向にこれから進んでいくことを祈るばかりです。何かあったらいつでも駆けつけます!
話は変わって、今日のブログのタイトルは「motionよりもまずemotion!」です。英語と日本語ですね(笑)。motionが動き、emotionが感情です。つまり「動きよりもまず感情!」です。このタイトルは相談から感じたことをまとめたものという感じです、私の中では。感情を大切に、これからも頑張っていきたいです。

さてさて、明日は舞台用語テストですね!舞台監督者会議でよく使う用語もありますし、スタッフさんをやるにしてもキャストさんをやるにしても大切な舞台用語が詰まってます!一応私は1年生の時に合格しましたが、忘れている部分が多々あるため(特にスタッフさん関係…)、もう一度叩き直しておこうと思います。
ぜひぜひ頑張って合格を勝ち取りましょー!頑張れです♪

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。以上、サナでした!
【2014/06/20 22:21】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
6月21日「たまには肩の力を抜いて笑おう」
皆様、こんにちは。ケーです。
最近、梅雨が始まっているような・始まっていないようなよくわからない「はっきりせいっ」とツッコミをいれたくなる天気が続いています。
でも、雨が降っていると髪の毛がはねなくてすみます。
という、私の特にどうでもいい情報です(笑)

さて、今日は私達1年生は休んでいたキィとゲン以外の全員が舞台用語のテストを受けました。
覚えたはずなのに言葉が出てこないというテストにありがちなことが私の脳内でもありました。
小さい私何人かが頭のなかで喧嘩をしたりという・・・ことはありませんでしたが・・・
私は残念ながら13問も間違えてしまい、不合格という結果で終わってしまいました。
しかし、明日再テストがあるのでここで頑張りたいと思います!
ここで、私の底力をみせてやるんだ!!!

テストの後はグループごとに分かれて練習しました。
私はらーめんずをやるのですが・・・な行が上手く言えなくて苦戦しています。
な行が出てくるセリフが多く、かなり孤軍奮闘しています。
小さいころからの癖なのか、な行を言う時に舌を歯で噛みながら言ってしまうのです。
だから、な行の言葉やだ行などが続くとなんと言っているのか聞き取れないくらい滑舌が悪くなってしまい、言葉を噛まないように言おうとすると早口になってしまい聞き取り辛くなったりします。
この両極端な私の舌はどうにかならないのでしょうか・・・
とりあえず、滑舌がよくなるように努力していきたいです・・・(;一_一)

上記に書いたことプラス、エチュードもやりました。
分かる方多いかもしれませんが一応エチュードの説明をしておきます。
エチュードとは、ある程度の設定を決めた上で作られる即興の芝居で、アドリブとは少し違うものです。
エチュードはやると楽しいのですが・・・誰かきっかけを作らないとなかなか始まらなかったり、セリフの言い合いで予想外の返答だったり、笑いすぎてお腹が痛くなるという被害が続出しました(笑)
ですが、「終わりよければ全てよし」ということわざがあるように最後はみんな笑顔で終わることが出来たのでよかったです!!!
とは言っても、笑いすぎて魂が抜けかけた人もいますが・・・(主に私です)

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
今回もかなり題名は悩みました。
私のネーミングセンスと言ったらもう悪すぎて・・・
「たまには肩の力を抜いて笑おう」ですね、はい・・・
肩を強張らせて何かを考えるのではなく、肩の力を抜きリラックスすることも大切だと思うのです。

「笑う門には福来る」

このことわざのように、今日はエチュードでたくさん笑いました。
今日の笑いで、みんなのところへ福が届けばいいなと思います。
【2014/06/21 20:51】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月22日
どうも、今回のブログ担当のふゆです。
昨日は少々はしゃぎすぎたせいで、どんどん「変人」というカテゴリーで括られつつあります。
自分でもなんとなく自覚はあるので否定はしません。
変人上等!!言い換えれば個性的な魅力ある人ではないですか!!

はい、では今日の話に移りますが・・・。
今日は・・・通しとED、OPの音楽を決めました。あと、私のいない時に決まったらしい新しい動きの練習でした。

EDの曲があわないという意見を頂いたので、新しく考え直しました。
他の人たちはある程度のアタリをつけて曲を探すのですが、私は音楽関係に疎いせいか要領が悪いせいか、とにかく宛もなく片っ端から検索して探します。
これは経験の差か・・・とか最初は思っていたのですが、同学年の部員の人たちも出来ている人はいたので、これは何か別の能力差があるようです・・・。
多分、アタリをつける能力とか、広い(または深い)知識ではないかと。

曲が決まったあとは、通しでした。
新しい動き・・・それは簡単に説明すれば恋愛イベントシーンでした。
恋愛・・・ふわふわした響きですね。トキメキの響きですね。少女漫画的響きですね。
ですが私、少女漫画なんてほとんど読んだことないですし、そんなトキメキの青春をしたこともないです。
要するに恋愛イベントシーンってすっごく難しい・・・という話です。男役ですしね。
それで、たま子さんが倒れかけたところを「優しく」支えるシーンがあるのですが、支え方がおかしい!と言われました。
普段の人への気遣いのなさがあらわれる荒々しい手つきとでも言いましょうか・・・。
これはなかなか治りませんでしたねぇ・・・。効果音ですか?「ガッシッ!!!」です。

いやー・・・けっこう書いたような気がしたのですが、思ったより短いですね・・・。
長さだけ追求するなら今日のお昼のメニューについて淡々と語ることも可能ですが、そういう訳にもいかないですよねぇ・・・。
2年になったら多分創作脚本の作成に参加しなくてはならないと思うので、今のうちにこういうところで文章力をつけていきたいです。

あ、思いのほか綺麗にまとまりました。
ここら辺で締めようと思います。
・・・今日の名言ですか?

・・・・

「変人は褒め言葉。個性的で魅力ある人と同義だ!!」
変人にしか・・・見えない世界もあるはず・・・。
【2014/06/22 20:47】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。