スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
まず自分が楽しめ
こんにちはっ。
今日の担当はワタです。

さてさて、今日は新人大会前日です。
なのでできる限り通し稽古をしたかったので、3回通し稽古をしました。
寒いのと疲れのせいか、滑舌が悪かったり、細かい部分の演技が雑になっているところがありました。
しかも二回目の通しではミスが目立ちました。ミスして焦ってさらにミスしてしまう部分もあったと思います。

なかなか、上手くいきません。
「これでいい」と思うようなものにまだ仕上がっていません。
中途半端なものではないんですけど、何かが欠けている気がします。
多分、気持ちだと思います。
なんだか、演技に自信がないようにみえるんです。
「失敗しちゃいけない」という気持ちで演技しているような、そんな感じが。

そりゃ失敗しないに越したことはないですよ。
でも、楽しく演技しないと観客は楽しめないと思うんです。
だから明日は、とにかく楽しんでやりましょうよ。(前にも同じようなこと中大前に)

……きれい事言いました。すみません。


気合入れていきましょう。
それでは、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
【2013/02/01 22:30】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第18回周防地区高等学校演劇新人大会 ご案内
第18回周防地区高等学校演劇新人大会
岩国高校がインフルエンザにより、急遽上演できなくなりました。
上演開始時刻の変更も検討されたのですが、最終的に、元のままの上演時間となりました。ご覧になった皆様にご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

なお、スケジュール変更に伴い、上演間隔が長くなってしまいました。こちらもご迷惑をおかけしますが、事情をご理解いただきますようお願いいたします。

と き:平成25年2月2日(土)      
  10:25 開会行事
  10:45 上演1 岩国総合高校 「修学旅行」
                   畑澤聖悟 作
   
  13:45 上演2 新南陽高校「勇者というのは」
                   一ノ瀬芽生 作
                   新南陽高校演劇部 翻案
  14:45 上演3 岩国高校「未来命雪~ニライカナイ~」
                   志樹 至 作
  15:40 上演 華陵高校「報道センター123」
                   迦陵頻伽 作

ところ:下松市地域交流センター2階 やまももホール
入場無料


座席数:100席程度を予定

昨年度まで「周南市社会文化ホール(旧新南陽市)」で行われていた大会ですが、
この会場が周南市の施設統廃合の対象となり、使えなくなってしまいました。
そこで、事務局といくつか候補地を検討し、今年度は
下松市地域交流センター内 「やまももホール」で行うことになりました。

このホールは、舞台と客席のある、いわゆる「コンサートホール」ではありません。
音響も照明も、必要なら開催する方が準備をしなければならない「板張りの空間」です。
暗転も、完全に暗くはなりません。
華陵高校がこれまで校内で行ってきた「アトリエ公演」に近い形で、
周防地区の各校が上演します。

なお、華陵高校の演目は、「報道センター123」(華陵高校2004~2005年度作品)を、
現在の生徒たち(と指導員・顧問)がアレンジしたものです。
時間の制約があるため、上演は前半のみではありますが、
ご来場の上、ご覧になった感想をいただけると幸いです。

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/02/02 00:00】 | お知らせ2013 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
次の公演に向けて
こんにちは。カナです。
今日はやまももホールで新人大会がありました。
思っていたより狭くてやりづらいと思う所もありましたが、なんとかやり通せて良かったです。

今日1日のながれですが、7:20頃から通し稽古をしました。
その後、荷物を搬出し、やまももホールへと向かいました。

搬入後、開会行事、岩国総合高校がリハーサル、公演。
その後、新南陽高校。
ホールの形状のせいか、あるいはセリフが速すぎたせいか、ちょっと聞き取りづらいと思う所がありました。
でも2作品とも面白くて、時間が経過するのがすごく速く感じました。

華陵の公演が近づくとすごく不安になりました。
でも、公演がはじまると、不安が消えて楽しんで演技ができました。
ちょっと後悔した所があるので、次の3月31日の公演では上手くできるようにしておきたいです。

すべての公演が終わった後、片付けをして、荷物を搬出、華陵へ帰り、荷物を搬入後、反省会をしました。
そこであがったダメ出しを記録しておきます。抜けている所があったらすいません。

・台詞が速く、間も不十分で、作品の内容がしっかり入ってこなかった。 
・間をもっと大切に。テンポは大切だけど、流れてては駄目。
・それぞれのセリフの核になる部分をしっかり立てることができていない。
・報道部が中心に来ないといけないのに、他のエピソードに負けてしまっている。もっと報道部を前面に出さなくてはいけない。
・報道部の滑舌は、絶対不可欠! 報道部の藤、有賀のセリフが厳しい! キャスト替えが必要かもしれない。
・観客が思考するだけの間がない。面白いだけのドタバタ劇になっている。
・笑いが起きないのは、しっかりためがないことと、間の悪さ、アンサンブルが十分に練習できていないことが原因。

お互いに3月31日公演に向けての決意を語り合いました。

1)キャストを変更する。
  藤あさひタマ→ルカ  有賀志良ユキ→タマ 生徒会長タマ→ミサ 加藤先生ミサ→モモ 教頭先生チカ→ユキ

2)脚本のバドミントン部のエピソードにもっと江西をからませて、報道部を中心に、かつシンプルに。
  明日、3日は一日休みなので、部員全員が、このシーンについての脚本を書いてくる。

3)前期と後期会長を入れ替え、名前ももっと分かりやすいものに変更。
  前期生徒会長(鳥山由起 とりやまゆき)洋食派 
  後期生徒会長(岩原慎之介 いわはらしんのすけ)和食派
    副会長(下橋徹 もとはしてつ)和食派

4)滑舌、発声については、かなり意識して取り組むことが必要。今回、指摘を受けた人はもちろん、他の人も、日常の会話から、滑舌を鮮明に、おなかをしっかりささえて話すこと。

5)舞台監督をチカからユキに代替わりして、日常の片づけや準備なども、舞台監督の指示に従う。ホールでは舞台監督は客席ど真ん中に陣取って、堂々と指示する。自らがうろうろ動かない。大きな声で決断!
  「目指せ、去年の中国大会の松江工業の舞台監督さん!」

6)演出のトキは、練習計画を綿密にたてて、部員全員にしっかり連絡する。部長との連絡を密にとる。

7)部員は、急な休みで練習計画を壊さないように、体調管理を万全にする。

8)割稽古はアンサンブルを大切に。誰が欠けてもそのシーンのアンサンブルが崩れることをしっかり意識する。

9)セリフの速度の加減や、身体の動きをぴたっと止められるコントロール力を身につける。

10)大道具や演出、脚本の改訂は、みんなで協力して、積極的にアイデアを出し合う。



テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/02/02 23:08】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新人大会の反省
こんにちは。エリです。
昨日無事に新人大会での上演を終えることができました。
大道具の搬出入などを手伝ってくださった新南陽高校さん、岩国総合さんなどありがとうございました。
周防地区の暖かさを改めて感じることができました。

それでは昨日みんなで話した反省を書いていきたいと思います。

タマ
楽しかった。
台詞やテンポが速くなるところがあった。

マカ
楽しかった。
無意識に舞い上がって緊張してしまうのを直したい。

ユキ
言い訳でしかないが、本番直前に頭痛がひどくて思い通りに演じれなかったのが心残り。
変わった役に対して全力で挑みたい。教頭先生と向き合う。

ミサ
本番中は自分の役に集中していてあまり周りを見ることができなかった。
キャストが変更したが、自分なりに頑張る。

マリ
朝に亜子先生に言われたダメだしをすっかり忘れていた。
次も頑張りたい。

チカ
緊張した。それに尽きる公演だったと思う。
着替えなどミスをしなくて良かった。

モモ
今日の劇をやっている時本当に楽しかった。(練習中も)
(練習中)ダメだしをくれるのがうれしかった。
藤さんはどちらかの意見に偏るよりはいつも中立の立場を保っている。しかし私はどちらかの意見に偏ってしまう人だから、役作りに苦労した。でもそのおかげで自分の人格も変えることができた。
滑舌が悪いというダメだしをもらったので、新しい役では少しでも良くなるように努力していきたい。

ワタ
本番は流れに身を任せて何も考えずにやった。
台詞の意味、言い回しなどを考えて演じれるようにしたい。

トキ
今話し合ったようにやらなくてはいけないことが多すぎる。
これから頑張ろう。

片岡先生
音響で、ケータイのイリのタイミングが少し遅れてしまった。
あとぎっこんばったんの音響が左からしか流れていなくて失敗した。

しんさん
最近あんまり来れなくて申し訳ない。
思った以上の出来だった。
キメが全体的に足りない。(メリハリがなく、止まりきれてない。流れている。)
教頭が少し若いように感じた。
噂のシーンはまだまだ改善の余地がありそう。(ビリヤードが弾けるイメージ)

反省会の場にいなかった人にメールで送ってもらったので、転載します。

ミィ
まず、今回休みっぱなしでたくさん迷惑ばかりおかけして本当にすみません!!すごく面白くて見ていてあっという間でした!私も次はどんな形でも舞台に立ちたいと強く思いました。

カナ
お疲れ様でした。
私は今回の劇はバドミントン部員や、野田親衛隊役で出演させていただきましたが、出番が少ない割に動きが難しくて、特にラケットが上手くふれなくて、正直バドミントン部員の役はできそうにないと思っていましたがいろいろな人がラケットの振り方を教えてくださったので、前よりは上手くなれたと思いました。 
本当にありがとうございました。
大会でもミスしたなとか思う所もありましたが、本当に楽しく演じられたのでとても嬉しかったです。
次の大会も頑張りましょう!

ポチ
とても楽しかったです。他校の作品も見れて、自分たちの作品に生かせるところや指摘を得ることもできました。岩国総合さんが上演された「修学旅行」は、私は以前に別の高校の上演を見たことがあったけど、やる人たちが違うだけで全然違う印象になるんだなと思いました。
今後の報道センター123の良いパワーになると思います。

私の反省です。まず今回は計画的に練習できず、結局満足のいく完成度まで持っていくことができませんでした。
「もっとできたのに」と思えるような上演は私は失敗だと思っています。「失敗」というと言い方が悪いかもしれませんが、3月に向けてもっと計画的に練習メニューを練ることが重要になってくると思います。
華陵の偉大な作品「報道センター123」を上演させていただく責任、スターピアでやらせて頂く有り難みを噛み締めて、後悔が残らないような上演を目指したいと思います。

観客の皆さんの心に何か感じてもらえるような、そんな上演にできるよう努力していきますので、これからも華陵ぶた芸をよろしくお願いします!
【2013/02/03 09:21】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
週末ちぐまや家族
顧問Hatchです。

1月末に放送された「週末ちぐまや家族」で、華陵高校(と舞台芸術部)を紹介していただきました。
tysのウェブページにその時の様子が載っています。ちょっとのぞいてみてください。

また、2月末には「週末ちぐまや家族スペシャル」がある予定です。
そちらで「未公開映像」が流れるかどうか分かりませんが、
詳細が分かればまたお知らせいたします。
【2013/02/04 19:58】 | お知らせ2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2月4日 (月)「計画的に考える」
こんにちは 今日ブログを担当するモモです。


今日は脚本の改訂をしていきました。
新人大会の反省をもとに矛盾している点などを直していきました。
みんなが考えてきた脚本をもとに言葉を考えていきました。
納屋をもっと人気者にして、新田の孤立感を出していくために部活のシーンで部員が納屋だけに従い非常に尊敬している感じをだし、新田が何も口出しできなくなる感じにしていきました。また、開幕のシーンでも納屋のカリスマ性を協調させて、人気である理由を考えていきました。

前期生徒会長と後期生徒会の激しい討論の場面では、内容が重複しているところを直し矛盾している点を洗い流しセリフを入れ替えていきました。
政府の名言など調べてセリフを考えていきました。

やるべき課題がまだたくさんあるので、一つ一つの課題に迅速かつ丁寧に取り組んでいくべきだと思いました。また脚本を読みこんでどこが矛盾しているのかよく自分で考えていかなければならないと思いました。
時間を有効に使って計画的に取り組んでいきたいと思います。
【2013/02/04 22:52】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2/5(火)「問答無用 」
こんばんは。
最近無気力でやばいなと感じるマカです。
主に勉強と日常生活が・・・・・・。めんどくさいです。
ダメ人間だなぁとひしひしと感じます。場合にもよりますが事なかれ主義です。
もうダメだな。

ちなみに今日はロードレースがありました。56位でした。疲れましたが、思ったより楽しかったです。

今日の部活では、脚本の改訂をしていきました。
キャスト・キャラクターの変更によって変わった言葉遣いの直し(主に鳥山)や、
納谷についていく部員を描く上でそれに伴って変わる部分の変更、
分かりにくかった部分の改善・削除(ラブレター・犯行声明の短歌のくだり)、
前半の設定・セリフ変更に伴う新人大会でやらなかった後半部分の改訂(納谷復帰後の部分)

今日、新たなキャスト変更がありました。
チカ 山口→堤
マカ 堤→山口

がんばります!

そして今日はちょっと衝撃的な出来事がありました!
なんと、
今日2時から7時まで5時間かけて改訂した脚本がパソコンのエラーによってKI☆E☆TA
HAHAHA☆

唖然って感じでした――★
でも、考えたことは無駄にならないので記憶をたどってもう一度書き起こそうと思います。

まじで問答無用でしたね!流石パソコン!データを掻き消して問答する暇すら与えませんでしたね!流石!
まぁ、当たり前ですがパソコンは喋れないんですけどね!

ちょっとふざけました。
マカでした。
【2013/02/05 23:52】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
2.6 悩みますな。
こんばんは、ときです。
今朝、華陵では未来の華陵生になるかもしれない人々が推薦入試を受けにきていました。
ので、今日は二時から。
 
今日の内に脚本をチェックして、刷りました。新人大会からスターピア公演に向けて後半も脚本にプラスして一気にページが増えました。
 
この後半には報道とはなんぞや?何が正義?そんな事が詰まっている大切な部分なのだ!
 
近頃、報道センターの脚本を読み込んでて(DVDもみて)勉強不足を実感するばかりです。僕らが作品を理解してなくて演ってても何も伝わらないですから、もっとこの作品を自分の中に落とし込まなくてはいけないと思うばかりです。
 
新人大会ではその根幹となる部分がなく一本テーマがないものを上演してしまって、次こそはと思っています。
 
時間もないですし、本家の方々よりずっと短い時間で上演まで行くのですから、それぞれが責任を持ってこの作品に挑みましょう。これはもうチャレンジです。
 
新人大会からもっと進化した、「僕達」の報道センターに乞うご期待!して!
 
 
ときでした。
【2013/02/06 23:26】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新しい藤 2/7chika?
こんばんは^ ^
昨日、1時間用の脚本第一版を刷り、今日からルカを迎えての立ち稽古でした。
モモのどことなしかフワッとした藤さんとは違い、コミカルな部分が多い藤さんになりそうで、ワクワクしてきました。まだまだ全体的なイメージは掴めませんが、大幅なキャスト入れ替えもあったので、どんな『報道ステーション123 2013バージョン』になるのか楽しみでなりません。

私は、新しくバドミントン部員に加わることになりましたが、「キャピキャピしてほしい」との指示を何度も受けてしまいます(*_*)あまり大声で騒いだことがないので、キャー!と高い声で叫ぶ時や、「かっこいいなぁ…」と言う時は少し照れてしまいますσ(^_^;)でも、報道部の練習を急いでやらなければならないので、私に時間をかけている暇はありません。役になりきり、納屋をこころから尊敬出来るよう、頑張ります。
【2013/02/07 20:51】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2/8【けじめ】
こんばんわ、ユキです!(`∇´)ノシ
なんだかテンションが高いです。
最近はマカ同様・・・いや、以上?かはわかりませんが、無気力です。
全体的にやる気が出ず、意味もなくイライラし・・・結果的にはいつも自己嫌悪に落ち着く。
ダメですね。
まぁ、そういうわけで・・・しっかりしよう!ということで【けじめ】です。


今日は藤さん役にルカの代わりにチカに入ってもらって、動き等をつけていきました。
自分はラブレターの作り直しをしていたのであまり詳しくは見ていませんが・・・
少しずつではありますが、みんなで試行錯誤しながら一歩一歩「今の私たちなりの」報道センター123を
成長させています。

なんか・・・短い上に何が書きたかったのかよく分からない文章ですが、
すみません、今日はこれぐらいで。
おやすみなさい。

これからもブタ芸一同をよろしくおねがいします!
【2013/02/09 01:04】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2/9(土)[インスピレーション]
こんばんわ!タマです(*´v`)

関係ないことなんですけど今日、学校で小鳥(メジロ?)が死んでて部員の何人かと埋葬したんです。怪我とかはしてなさそうだったんで、きっと壁かどこかにぶつかって死んじゃったのかなと思いました。生き物って儚いですね…

さてさて。

今日は土曜日なのですが模試がありまして、それを受けている方々が帰ってくるまで大道具を黒く塗りかえたり、少ないメンバーで欠けてる役をこなしつつ全体の動きを確認したりしました。

それから徐々に模試を受け終わったメンバーが揃ってきて、みんなが揃ったところで参考にするために本家の(先輩方の)報道センターを見ました。

やっぱり本家は素晴らしいですね!かつぜつや動き等はもちろんのこと、みんなそれぞれ自分の役をきちんとこなしていて、ひとりひとりのキャラや感情がはっきり分かり、自分達の受け持つ役の性格や雰囲気を掴む為の参考になりました!因みに劇が終わった後の幕前での所も見せてもらったのですが、皆さん(先輩方)コメントが素晴らしくて、「こういう風に喋ったらいいんだな」と、これまた参考になりました(*´∀`) 実際にやるとうまく行かないと思いますが

それから、残り1時間ほど練習をしました。役が変わる前の動きをきちんと確認していなかったのであたふたしてしまい、最後の方は前の動き方をコピーする時間となりました。

本家のような、でも一味違った報センが仕上がるよう、日々頑張っていきたいと思います!
それではこの辺で (`・ω・´)ノシ
【2013/02/09 20:08】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
2月9日(土) テンポとメリハリ
こんにちは!ミイです。
今日は希望者模試でした…。
受験しましたが、難しいですね。勉強不足を痛感しました。
今日は冒頭の中継とスタジオシーンをやり、元祖の報道センター123のビデオを見ました。
滑舌がすごく良くて、間もテンポも良くて引き込まれたし、表情や演技力に圧倒されました。
またあらためて、この作品の素晴らしさに触れることができました!
今日やったシーンのまとめとして
藤→どんどんテンションを上げていく、楽しそうに。
わざとらしく誇張した感じで番組的なふるまい、常にハキハキしゃべる。
速報はもっとゆっくり、分かりやすく、重要な単語はよりゆっくり。
納谷はおちゃめなムードメーカーのイメージ
有賀は最初イライラ、電話は元気よく
全体として、スタジオシーンは声をとばして
ハヤシライスのくだりは緊張感を漂わして
姿勢気をつけて
です(*^o^*)
メリハリをつけて明日も頑張りましょう!
【2013/02/09 21:42】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2/10 掛け合い
こんにちは、まりです(^-^)/


今日も藤をルカの代わりにチカで、昨日の続きから演出をつけていきました。
前の動きをコピーしつつ、新しい動きを付け加えたり、セリフを変えたりしました。


やっている場面に出ない人は、教室に行ってセリフ練習をしたり、アンサンブルの練習をしたりしてました。
私もほとんど教室の方に行ってたので、コモンホールでやってたことが詳しくは分かりません。すみません(汗)


でも、教室ではポチと一緒に新田と納谷の掛け合いをしたりして、セリフの言い方や順番、動きなど、自分達なりに考えて少し変えました。
少し過ぎて分からないかもしれませんが、もし違和感を感じたら戻して下さい(^^;)笑

二人だけだと、客観的な視点からの意見が分からないから、難しいねって話をしました。なんか自分のことでいっぱいいっぱいで、バランスだとかテンポとかまで頭が回らない…。なかなか苦戦しました。


最近は今日みたいに、ちょっとした時間でも教室に集まったりして、出来る範囲内で練習するようになったので、無駄な時間?は少しは減ったのかなと思います。


昨日、本家の報センを観て、もっと頑張ろ!!って感じた一方で、なんかよく分からないプレッシャーというようなものを感じました(×_×)

でも、このプレッシャーをバネにして、自分達の色を加えた報センを明日からも創っていきたいと思います!!


それでは、この辺で(*^^*)
【2013/02/10 22:57】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いい調子!2月11日
こんばんは、ポチです(^o^)今日は日本の建国記念日です!万歳!

昨日の続きから作っていきました。
午前までで、バド部の前のシーンまでを完成させることができました。衝撃的なVTRは、また保留で。VTRは、前回は『納谷がキツイ練習をされていて、だんだんと弱っていく』でしたが、今回からは『納谷がスパルタ練習してて、部員たちと交代でやってて、納谷の番で急にめまいで倒れる』でいくことになりました。あと、シャトルを上から降らせようという話です。実際当たってみて、あまり痛くなかったから、量があればできると思います(^o^)!

午後からは、バド部のシーンから作っていきました。堤と岩瀬は、納谷熱がすごいから『一生懸命、えらくても頑張る、熱血』です。青春まっさかり、みたいな。フォームはのちも練習しましょうねっ(^^)/
その次の新田、納谷、江西のシーンは、納谷が新田を倒していたのを逆にしました。あとラケット折りました(^^)/献上してくれた華陵バド部さんありがとう。
今日悪戦苦闘したのは、鳥山の橋本殴りから始まるスローモーション、とても楽しいですが難しかったです!スローモーションでナチュラルに走って動いてって、とても難しい(^^;)私はすごく下手くそだから、何度も練習しようと思います。

6時から市民劇場を観にいきました。今回は『片づけたい女たち』という作品でした。ゴミや物が散乱していて魔窟と化した家に、久しぶりにやってきた友達と家主のお話です。散乱した物を片付けながら、日々のことについて話します。後の交流会でもおっしゃっていましたが、ゴミが片づけられないというのを今の日本の問題と重ねているということです。「傍観者」など、特に。2004年に作られた作品なのだそうですが、現代と重なるところが多くて、本当にすごいなと思いました...(^^;)

ではまた明日(^^)/
【2013/02/12 00:33】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2/12(火) [ちょっとずつ。]
こんばんわ!
タマです(*´v`)

今日の活動内容ですが、今日はルカさんがいらっしゃったので、一場の報道から有賀の語りまでの流れ、動き等を確認していきました。昨日の時点で、ルカさんの代役を立てつつざっくりとした全体の動きの練習に入れているので、ルカさん本人を交えて始めのシーンから動きの確認や演出付けをしていく予定です。


では、一場の報道のシーン。
このシーンで学校の事情等が明らかにされるので、一つ一つをはっきり、相手に理解してもらう気持ちでやらねばなりません。藤さんの速報や説明の時のセリフは、大事なところで顔を上げたり、強調させるなどしていきました。
また、ここでの新田と納谷はまだ仲の良い先輩後輩の為、納谷の「先輩後輩って思えないほど~」のセリフをもっと仲良さそうに話すようにしました。

番組終了後の報道部たちの会話のシーン。
加藤先生の「失敗もええんよ~」のセリフのあとの藤さんの返事は、まだ良くわからないけどとりあえず返事をする、というような返事の仕方になりました。ここのセリフが後々のシーンに繋がってくるんだろうなと思うと、なんだかわくわくします!また、番組内ではしっかりしている藤さんも、フリーの時はもっとはっちゃけた藤さんにしようということで、江西が爆笑して入って来たら藤さんも「おっ、なんだなんだ?」というような表現を体ですることになました。ほかは、主にルカさんとの動きの確認になりました。

ちょっとずつですが確実に進んでいます!一日一日、しっかり気を張って練習に挑んでいきたいと思います。

あぁあ朝になってしまって申し訳ないです(--;)
ではこの辺で。
【2013/02/13 06:45】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
時間がないぞ!
こんにちは、今日のブログ当番はミサです。
立春も過ぎましたけど、まだまだ寒い日が続いてますね。
でも、三寒四温といいますし、暖かい日が待ち遠しいです。

さて、今日は最初マカ、タマ、チカがいなかったのでバトミントン部のところに報道部が取材しにくるところから始めました。
ルカに動きを伝えたりしました。
江西のセリフに、話し言葉になっていないと感じるところがあったので、改善しました。
「~さんと~さんの間に……」の間という表現が気になって変えました。
あと、マイクを向けるタイミングです。
取材じゃないから、マイクは向けないだろうと考えました。
気になるのは、バトミントン部の部員の反応ができていないということです。個人練でなんとかしてほしいところです。

そのあと、タマが帰ってきたので最初の番組の終わりからしました。
ルカに動きを確認してもらい、表情などの演出をつけていきました。
最初の場面は藤と有賀の報道に関しての意識の違いを印象付けたいシーンなので、結構二人が対立しているように演出をつけました。
基本、有賀には厳しい感じですね。
あと、犯行声明は本橋が読むことにしました。
百人一首のように読むのなら、一度見ただけの報道部は短歌のリズムで読めないだろうと思ったからです。

もう一度、ルカと舞台に立てると思うとわくわくします。
三月が楽しみでもあり、時間がないことを考えちょっと不安でもありますが、がんばっていきましょう!
そのためにも体調管理はしっかりと。何事も体が資本です。
あと、なるべく早く来て準備をしてください。

それでは今日はこの辺で。
         ながんが。
【2013/02/13 21:22】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本質って
こんにちは。
今日の担当はワタです。
さて、今日はバレンタインですね。だからといって別に何も言うことないんですけど。


今日は昨日の続きから演出をつけていきました。
後期生徒会登場のシーンはパパッとテンポよく進んでいくようにしました。
ここでも藤と有賀の対立を少し挟み、報道に対する考え方の違いを出しました。
睨み合うところでは、二人がふらふらしてしまうので睨んでいるのがわかるよう工夫しました。
本橋と岩原は勢いで乗り切るような演技にしました。

二場の討論のシーンは、藤さんが不確定な要素はあまり報道では流したくないと考えているので本橋の「洋食派のテロ行為~」などの台詞を遮るようにしました。
ここも本橋は勢いだけで進んでいくようにしました。
鳥山は宇宙的パワーを発生させつつ、テンポよく討論を進められるようにしました。

僕は堅い言葉のセリフになると、よく意味のわからないままで喋ってしまいます。
たいていは速くて何を言ってるのかさえもわからずに喋ってるんだと思います。
自分の語彙の少なさなども影響していると思います。
そもそも、自分の役が何がしたいのかも理解出来ていないのかもしれません。
でも、甘えてる場合じゃありません。
自ら創り出さないと。


それでは、今日はこの辺で。
【2013/02/15 00:29】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の出来事
こんにちは。今日のブログ担当はカナです。
今日は初めにつうびおん、アタック、体文字などの発声練習をした後に第2場の練習をしていきました
洋食派と和食派が言い争いをするあたりの練習と、山口さんが登場するあたりのシーンをやっていきました。
今日1日の練習ですごく変わったと思いました。
大会まであまり時間がなくなってきたので1日1日の練習を大切に無駄のないようにやっていきましょう!
【2013/02/17 00:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
文武両道って現実的にはかなりキツイ
こんにちは。今日の担当はエリです。


今日は最初に発声をした後、昨日の続きからやっていきました。
午前中は第2場の番組の最初から第4場の放送が終わった所までの演出をつけていきました。
学食戦争のシーンは無駄な間を削ってテンポを良くしていったり、逆に必要な所には間をあけたりしてメリハリをつけたりしていきました。
スタジオの上と下の兼ね合い、台詞のかぶりなども調整していきました。
大体動きも確定してきたのでこのまま定着、さらに向上していけたらなと思っています。
いじめ報道のシーンでは鳥山の感情をもっと高ぶらせて、「余裕しゃくしゃく」なかんじで新田を批判するというよりは「一生懸命で正義の味方な私をアピール」路線で創っていきました。(なんだかわかりにくい説明ですね・・・)鳥山会長は独特の雰囲気を持っていて、個人的にとても好きなキャラクターです。これからまだまだ創りこんでいけたらいいなと思います。

午後は藤あさひの独白のシーン、うわさのシーンなどをやりました。
自分の中でもまだ何がしたいのか、どんな報道を目指しているのかわからずにいる藤さんの葛藤をどう表現していくかというところで苦戦しました。
ヒマラヤスギの所も、まだまだ改善の余地がありそうです。
あと、藤さんが「世界中を飛び回って、中継とかしたい!」と言っているわりには国内の被災地を中継していることに違和感を感じる、という意見がありました。(元の脚本はニューヨークから中継していたので)
藤さんを見ていると「この人は本当にすごいなあ」とつくづく感じます。真っ直ぐで、いつでも自分の意志を貫いていて、この人を間近で見ていると「強い何か(意志?)」のようなものを感じる!なんか言葉では上手く言えないんですけど、かっこよすぎて直視できないかんじっていうんですかね?(笑)多分江西だけじゃなくって私自身も藤さんに対して強い憧れみたいなのがあるんじゃないかなぁ~と思います。もちろん有賀さんにも同じことが言えると思っています。有賀さんは確かに少し過激すぎたり目に余る言動が見受けられたりする時もありますが、彼女もちゃんと自分の意志を持っていて、誰よりも報道に熱い人の1人だと思います。
先輩方の後ろ姿を見ながら、私もこんな風になりたいな、で、自分も何か行動を起こしたい!と密かに野望を持っているのが江西さんなんですかね。なんか解釈がおかしかったらご指摘お願いします。

とりあえず、私はこの脚本を演じるにあたってずばり勉強不足だということに気づかされました。
残された時間の中で、今よりもっともっと教養を深めていけたらなと思っています。


それでは今日はこの辺で。
【2013/02/17 01:05】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2月17日 (日)「集中」
こんにちは 今日ブログを担当するモモです。


今日は発声練習をして藤さんの独白のシーンの続きをしました。
誤報道をしてしまった申し訳なさ、自分は今まで何をしていたのかという自己嫌悪感など理想と現実の対比に苦しんでいる藤さんを描きました。
セリフを自分に問いかけるようにしゃべって、観客が考える時間をふまえながら間を長くしました。
泣きを入れて弱々しく自分の本当にしたいことは何かを言葉を探りながらしゃべっている感じにしました。ここでは、我にかえるときの切り替えを大事にしていきました。
また横にいる江西も申し訳なさと不安そうに藤を見ている感じにしました。

五場では、納屋が事実を明かしいじめではないと分かるところでそれぞれのリアクションを大事にしていきました。深くダメージをうけている新田は報道部に対して怒りを越えてもうあきれている感じにしました。声の高低さなどでぐさっとくる怒り方にしました。
報道部は謝ろうと思った瞬間がよくわからなかったので、どこに反応しどのタイミングに入るかに気をつけました。
感情移入しつつ、表情もつけていきました。

有賀は最初謝れば何とかなると考えていたが新田のセリフでそれが通用しないということに気付かされ驚く感じにしました。

七場の和食派と洋食派の乱闘のシーンではスローモーションの動きを極めていきました。

一つ一つの部分練に集中して時間を大事にしていきたいです。
【2013/02/17 23:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2/18「勇往邁進」
こんにちは。マカです。
寝てしまって朝の更新です。
最近は眠気がひどくて困りますね 笑
そして学年末考査が10日後くらいに迫ってきましたね・・・・・やばいです。早いです。


今日は発声をした後、スローモーションの練習をして、最後の報道部のシーンを作っていきました。

スローモーションは、以前よりは良くなったのですが、まだまだでスピードが一瞬だけ速くなるところに動きのタイミングがかみ合わないという・・・。
スローモーションって難しいです。

報道部のシーンは
セリフ練習やアンサンブルの練習ををしたのでさいごしか見ていませんが、すごく良くなっていました。
最後までやったみたいなので明日は通しが出来そうです!

また、テレビのフレームも作りました。

今日のタイトルは勇往邁進です。意味は目標に向かって、困難をものともせず、また脇目もふらず勇ましく進んで行くことで、「勇往」も「邁進」も共に、ひるまずに勇んで進んでいくことである。気力が充実して勢いよく前進すること。「邁」は進むと言う意味があります。

勇往邁進していきたいですね!!

マカでした。

【2013/02/19 07:10】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
考査期間突入
顧問Hatchです。

2月20日から3月5日までは考査期間で練習が中断しています。
部員は気分転換に発声をしたり、ちょっと身体を動かしたりしているはずですが、

最後の定期考査に向けてしっかり勉強してくれるものと信じています。

さて、韓国代表サッカー選手、朴智星(パク・チソン)さんが、韓国のサッカー雑誌のインタビューで次のような内容のことを話していたそうです(元ネタはこちら)。これは、元日本代表の三浦知良選手が彼に話をしたことだそうですが、私たちが演劇に取り組む時にも、同じような心構えでいたいものだと思いました(>自分自身に向けても)。
もちろん、私たちはプロではありません。しかし、「一期一会」を大切にするという点では、プロもアマも関係ないと思います。

「ブラジルでは貧しくて、ブラジル人なのに一生スタジアムに来れない人が沢山いるんだ。ブラジル人にとっては悲劇だよ」
「智星わかるかい?ブラジルで俺は試合前に必ずスタジアム全体を見る、この中でいったい何人の人達が一生に一回だけの試合を見にきたんだろうと思うんだ。すると全身にアドレナリンが溢れてきて喧嘩した直後みたいに身体が震えてきて鼻の奥がツーンとしてくる、俺はそのまま試合開始のホイッスルが鳴るのを待つんだ」

「うまくは言えないけれどこれが俺のサッカー人生だ、智星が本当にサッカーを愛しているならとことんまで愛してやれ。智星のプレーで全然違う国の人々を熱狂させてあげるんだよ、それは本当に素晴らしい経験なんだよ


3月31日の公演に向けて、精一杯頑張ります。
【2013/02/20 14:44】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
卒業おめでとうございます
こんにちは
今日は、明日が卒業式ということで考査期間中ながらブログを書こうと思います。
まぁ、明日は雨らしいですが。


ルカ、ナミ、ユウ、トモ、エミ ご卒業おめでとうございます。
一日早くおめでとうを言わせてください。
2年生からいえば私たちの高校生活で一番交流した先輩方ですね。
「カツっ!」から「worry worry wow!」、「ぼくんち」や「逝ったり生きたり」文化祭公演の「be happy」そして、「われのみそしる」 たくさんの作品をともにしてきました。
その中で多くのことを先輩方から学ばせてもらいました。

一年生の時、まっさきに話しかけてくださったのはトモでした。とてもフレンドリーで話しかけやすかったです。
市民劇場でのお手伝いの時に一緒に話していてマイに怒られましたよね。でも、おかげで緊張がとけました。
いつも一緒に帰ってくれたエミ。帰るのが遅くなっても一人ではなかったので心強かったですし、その日に注意されたことのアドバイスなんかをもらえてとても参考になりました。帰り道がいつも楽しかったです。これからはもう一緒にかえれないんですね。さびしいな。
的確な注意をくれるユウ。「カツっ!」では一緒にいることが多く基本を教えてくれたのもユウでした。私が間違えてやり直すたびに明るい言葉をかけてもらいました。演出面でもさまざまな意見を出していて、そういう視点もあるんだ、と思うことが多かったです。
小学校から一緒だったナミ。一番身近な存在で、私は名前で呼んでいたので最初ナミって呼ぶのにすごく抵抗感がありました。責任感があり、任された仕事をきちんとやる、デキる女みたいなイメージです。私は飴を配るぐらいのことしかできなかったですけど、役に立てたでしょうか?
そして、ルカ。部長のルカにたくさんのことを教えていただきました。役者として絡むことは少なかったですけど、ルカ独特の演技が私は大好きです。また同じ舞台に立てることがとてもうれしいです。

まだ、書き足りないのですが、続きは追い出し会で語ることにします。それかまた時間のある時にでも。
もしまた顔を出してくれるなら私たちは喜んでお迎えします。
本当にありがとうございます。
何を言っていいのやら、もう。言葉にできない!
卒業は祝うべきことですが、わたしはとてもさみしい。いや、もちろんおめでたいんですけど。
また顔を出してください。暇なときでいいんで。
追い出し会については詳しいことをメールでお知らせしますんで。

ほんとに、ありがとうございました。

それでは今日はこの辺で。
            by.ミサ
        
【2013/02/28 22:50】 | 日記~2013第2回演劇フェスタ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。