FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
11.30 「地球の王様」
今日は観劇の日。ときです。
山口市民館で ドリス&オレガコレクションvol.6 「地球の王様」を観てきました。
 
いゃあ、面白かったです。設定はなかなか特殊と言うかおもしろいもので、ウイルスが蔓延し人類が七人しかいない地球が舞台。
 
男5人女2人で七人しかいなくなったことで起きる問題が人間の欲を加速させていく。コミカルな会話の中には笑えるけど自分勝手なものばかりで、自分勝手な僕は笑いながら笑えてない状況に。
高校生の僕が一番共感できたのは、自分の欲や悲しみを自分だけのものと思わないことでした。
今言った事は表面的かもしれませんが、自我が肥大した十七才としては、ハッ!とするもので、他人を置き去りにしてしまう事が多々ありそれを言ってくれる人がいるってのぁイイことだなぁと。
 
役者さん達はみんな上手で勉強になりました。抑えた演技でしょうか、最初から持ってるものを全部出さずにちょっとずつ出してピンポイントで開放して魅せる演技はすごかったです。
もうちょっと前で見たかったですね。
 
脚本の事は僕よくわかんないですけど、結構近未来な感じでそういうのもありかと思いました。大きな事件は起きないのですが一人が舞台に登場したり秘密を暴いたり話が脱線して話が進んでいくのは次に一幕ものの脚本をかくときに参考になります。
本当にありがとうございました。
 
 
 
この舞台をみて僕は羨ましくおもった。お客さんが立って拍手してくれるのも嬉しいだろう。でも上演していることが羨ましかった。目の前で上演してるになんで俺はやってないんだと。
別にもう一生公演ができないわけではない。新人大会だってあるし、自主公演もやろうと思えばできる。
中国大会の話ですが出雲高校さんの階段物語でみんな感動した。本当に泣いたんですよ。
でも出雲さん沼田さんが全国大会の出場が決まったとき、あのときの感動はどっかにいってしまいました。羨ましかっただけになった。
 
 
でも、なんで羨ましかったのかよくわかりません。本当はただ拍手されてるのが羨ましかっただけかもしれません。
 
誰かわかったら教えてください。
たぶん、嫉妬です
スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/12/01 15:42】 | 観劇メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月11日(火) いろいろな視点
こんにちは!ミイです。
やっとテストが終わり、二週間ぶりの部活でした。まずこれからの予定を確認したあと、次の脚本に向けてエチュードをしました。
まず二班に別れて、サッカーの試合後のパーティーとその場に倒れた人が記憶喪失という設定で3分間のエチュードをしました。私ははじめてだったので難しかったけど楽しかったです(*^o^*)
次に学校の問題を取り上げてやりました。おしどりカップルの突然の破局
と授業中突然鳴った着信音を取材する報道部でいろいろテーマがおもしろかったです。
また、テーマをいじめと決めてエチュードをしました。いじめられっこが実は後輩をいじめてた、罪のなすりあいをするいじめっこという設定でした。
これらをもとに、部活内での先輩後輩関係をいじめと勘違いする報道部という設定で三班に別れてエチュードをしました。
~感想~
・上下関係がよく分かり、無言の圧力を感じた。
(後輩を使ってる感がでていた)
・リアルにありそう
・部活内では当たり前のことでも、視点を変えるといじめにも見えた。
↑後輩だからしょうがないよね、おつかれさん。で終わってしまう。(運動部の練習風景見てもいじめとは思わない)
結果、先輩後輩関係は難しいから同学年でやって会話で示した方が分かりやすいということになりました。なので、学年で分かれて権力をつけてのエチュードをしました。
~感想~
2年 
・権力順に座っていて分かりやすい
・上下関係が自然で良かった
・一番下の人の心は傷ついていると思った
・下の人の話には興味ないけど、上の人には反応するといい(中間は下の人のフォローを)
・遠慮してない感じが良かった
1年
・ポチの持ち上げられ感がでていたしユキも話に入れてなくて、上下関係が良かった→中間の順位が分からない
・女子高生がリアルで良かった
・静かな所も必要
・ユキが出て行った後にぼそっと悪口を言ったら良かった
・椅子をポチの所に持っていくのが良かった
・かぶりが気になった→ユキの表情が見えた方がいい
・会話の整理が必要
ということでした。今回エチュードをしてみて、いろいろな視点によって見方も変わってくることを再認識しました。とても楽しかったのでまたやりたいです♪
以上、ミイでした(*^o^*)
【2012/12/11 19:57】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12/12【心機一転】
こんばんわ、ユキです!(`∇´)ノ
テストが終わって二回目の部活だった本日ですが、(もう終わりますが)
いやぁ~やっぱいいですね部活。部活来るだけで若干元気になりますものww

まぁそんなことはおいといて、
今日は昨日やったエチュードを元にエピソード?設定?流れ?を皆で話し合って膨らませていきました。
「輪に入ってるけど入ってないみたいな日常でもありがちなことを…」
「いじめに見えるけどいじめではない部活内容を…」
「↑を見て噂をする人たちが現れて噂の一人歩きみたいにしたら…」
等の事をみんなで考えたり、
仲間内では単なるおふざけだけど傍から見るといじめに見えるようなブラックジョークとかを入れたらいいんじゃないかということでそれをみんなで出し合ってみたりしました。

色々とロジックエラーが生じたり、どう進めればいいのか分からなくなったりなど、大変でしたが
なんとかおおまかな起承転結を作ることが出来ました・・・と、思います。
否、できました!

それでは・・・短いうえに粗末ですが今日はここらへんでorz
ユキでした。
【2012/12/13 00:12】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12/13 次々出てくる疑問
こんにちは、まりです(^-^)/

今日はランニングと発声をした後、昨日と同様に脚本の流れを作っていきました。

昨日のとはまた別パターンのものを考えました。
同じ様な流れでも、設定などの小さな違いで全く違うものが出来るので、面白いなと感じました!


作っていく過程では、上手く流れが出来てるなって思っていても、もう一度冷静に考えると何でこうなるのか?と疑問点が出てきて、解決したと思ったら、じゃあこれは何で?と新たな疑問点が出てくる…。この繰り返しです(汗)

でも、話し合っていくなかで、より良い意見が出たり、みんなで共通の理解が出来たりします。
その部分は良いなって思いながらも、やっぱり流れを作っていくのは難しいです(汗)
ですが、また明日からも話し合いながら、良い案を作っていけたらいいなと思います!!


それでは、この辺で(*^^*)
【2012/12/14 00:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
想像力please!! (12月14日)
こんばんは、ポチです(^^)/
今日は午後から雨が降っていて、すごく寒かったです・・・ランニングはせず、内で筋トレをしたあと、部室で脚本を考えました。

すでに考えてある流れとは別の流れをあと3つぐらい考えようということで、まずはテーマを決めました。
それからテーマに沿って、設定や流れを考えました。
テーマはすぐ決まるものの、それからどう発展させていくかとか、裏付けを考えたりするのに時間がかかりました(^^;)起承転結を考えるのってパッとできるもんじゃないなって、すごく実感しました・・・
ひとつ流れを作ったとしても、それで色々な設定が考えられるし、どれが一番いいのか判断に迷います(^^;)
今日ひとつ流れができたので、明日は細かいセリフをつけていきたいと思います。

もっと豊かな想像ができたらな・・・(T_T)!! では!
【2012/12/14 23:11】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ボツになっても考えたことは無駄じゃないっ
こんにちは、今日の担当はワタです。
今日も発声とランニングをした後に、脚本の設定を考えました。

昨日作った三つ目のパターンのエチュードをした後、また次の設定を考えました。
四つ目となるとなかなか良い案が出ず、話がおかしな方向にいってしまったりしてしまいましたが、
他の三つとは違う感じの設定を考えることができました。
しかし、この数日間で考えた案(いじめ)では、いじめの境界線が曖昧でやそれに対する基準が人それぞれで違ってくるので、一度中身を考え直しました。
そして四つのパターンの内の一つに絞り込み、それで作っていくことにしました。

次に、読み合わせをしてキャストの決定もしようとしたのですが途中で時間切れとなり、持ち越しになりました。
一応は主要キャストをほぼ一年生、アンサンブルを良くするために二年生を必ず間に入れようと思っています。


では、今回はこの辺で。
【2012/12/15 23:50】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
次に向けて
こんにちは、ミサです。
今日、私は録っておいたNHKさんの番組を見て、学校に行きました。
なんか終わった気がしないんですよね。実感がないっていうか。
あ、こんなことしてたな、みたいな。
でも見直す機会があってよかったです。改めて、ありがとうございますNHKさん!
がんばろう。がんばろう。


発声とランニングを私は久々にやったんですけど以外につかれますね。
体力落ちたかしら。


アトリエ公演をしようと思っています。1月の6日ぐらいに。
多くの劇をやったほうが上達するのではないかと思いまして。
また、詳しく決まったらお知らせします。


で、今日は三月の脚本制作組と、残りの人たちを二つに分けて、計3組に分かれて練習をしました。
私たちの所のメンバーは、チカ、ポチ、マカ、カナと私です。
脚本を決めるにあたって、いいな、って思う作品をみんなで読み合わせをしてみました。
脚本はまだもしかしたら変わるかもしれませんが「出停記念日」という作品をやらせていただこうか、と。
いちおうだいたいのキャスティングは決まりました。
2週間でどれだけできるか不安ですが、頑張っていきたいと思います!

それでは今日はこのへんで。
        ながんが。

【2012/12/16 22:30】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
12/17(月) 『こえ』
こんばんわ、タマです!
なんだか久しぶりな気がww

えと、今日はですね、なんとシンさんが下関で行われたイベント「演劇大学」に参加されて、
その中の1つ、鴻上尚史さんによるワークショップで学ばれた「発声法」についてのことを
私たちに教えてくださいました!シンさん、ありがとうございました。

以下、まとまりきれてないところがあると思います、すみません。


まずはじめに、「共鳴」について。
私たちが普段の発声で行っている「通鼻音」(口を閉じた状態から、声を出しつつゆっくり開いていく方法)
ですが、この発声方法でまず大事なのが「リラックス」した状態で行うということ、だそうです。
そのリラックスした状態で「んー」と声を発し、あたま、鼻くう、口くう、のど、むねが
それぞれ震えたら大成功。のどに無理なく響かせられるようにするのがいいそうです。
練習ではまず自分ひとりで確認してみて、それから2人1組でお互いに確認をし合いました。
あ、オペラ歌手はもっと多くの部位すべてを、同時に震わせてるんだそうです。すごいなぁ。

こんなふうに発声で大切なことに、まず「リラックス」がありますが、次に「お腹で支えること」があるそうです。

そこで腹式呼吸について。
腹式呼吸の正確なやり方は、肺のすぐ下、へその上辺りにある横隔膜をさげつつ空気を吸い込むんだそうです。
ただおなかを前に膨らませるのではなく、横隔膜を下げるイメージで呼吸する。これがなかなか難しいのです。
このとき更に意識するといいのが「丹田」というところ。へそから拳ひとつぶん下の位置。ここがふくらませる中心になるんだとか。より丹田を意識するために、解剖図などを見て、具体的なイメージを持つことも効果的だそうです。
また2人1組でペアを作って、1人が横になってもう1人がおなかのふくらみを確認する、ということをしました。
寝ているときは立っているときよりもおなかがよく動くんです。何でなんだろ。

また、声が掠れたりして変な声になるのは、のどの奥にある2つの「声帯」どうしがぶつかり合って、へんに閉じてしまうことで生じるんだそうです。また声帯どうしがぶつかり合うとのどを痛めやすくなるんだとか。そのぶつかりを直すために、
「声を出している状態で上を向く」という方法を習いました。はじめは正面を向いて声を出すんですが、少ししてゆっくり上を向くんです。声は出したまま。するとぶつかり合っていた声帯が矯正されて、きれいな声を出すことが出来るようになるんです。そのきれいな声の状態を保ったまま、また顔を正面に戻す、これを何回か繰り返して、声帯がぶつからないような声の出し方の感覚をつかむんだそうです。実際にやってみると、そのほんの少しの変化が感じられて、感動しました。

さらに、出来れば声帯のぶつかりがない上でやると効果的な「よりよい声」を出すための方法も学びました。
まず1人が声を出し、もう1人と片手をあわせます。そして声を出していない方の人がだんだん手に力を込めていくんです。そしてその力に押されないよう、声を出しつつも「体から」手を手で押し返す、というもの。
ポイントは手で押し返すのではなく、体から力を込めて押し返す、というところ。こうすることで、丹田に力が入り、体の重心が下に来て、のどの負担が少ないよりよい声になるんだそうです。
この方法、実は壁相手に1人でも出来るので、とても簡単なのです。

さてさて発声で大切なことの三つ目は、「ベクトル」だそうです。

まず何人かでグループを作り、1人以外はみんなそれぞれ距離をとってから後ろを向きます。
そして残っている1人がある方向に声を出します。(「こんにちは」だったり、「すみません」だったり)
そして後ろを向いているみんなが、どの方向に声が聞こえたかを指差す、というもの。
また、人に向かっていうのもありなので、後ろを向いている人が「自分に向かって発せられた」と感じたら手を挙げる、という方法も習いました。これによって言う人の声の方向や距離、範囲が分かるというわけなのです。
なかなか自分の思ったところに声を届けるのは難しいことだと実感しました。しかしこのトレーニング、声の方向等を意識するものなので、うまく使いこなせるようになれば必ず舞台で役に立つものです。普段そんなに気を使ったことのないものだったので、これからは意識しながら発声練習をしたいと思いました。

以上、発声で大切なこと、「リラックス」「丹田」「ベクトル」についてでした。
これを普段の基礎レンから意識することが大切だそうです。

最後に、「声の種類」というものを教えていただきました。
それは、鴻上尚史さんご自身が分析なされたものなのだそうですが、
1つ目に、「大きさ」 2つ目に「高さ」 3つ目に「速さ」 4つ目に「間」 そして最後、5つ目に「音色」(声の太さ、息の交じり具合等) だそうです。言われてみれば、普段の日常会話の「声」も基本この5つで成り立ってるかもと感じました。この5つの「声」をそれぞれどう使い分けるかによって声のバリエーションがたくさん出来上がっていくんだそうです。つまり、役ごとによって様々な声の出し方が出来るということ。しかし先程の「ベクトル」と同様、普段はあまり気にしないこと。でも今日、「声」にもいろいろな種類や出し方があることを知り、「声」に対する興味がいっそう強まりました。今後の生活で、ほかの人の声を聞き、それを生かすことが出来るよう意識していきたいと思います。



はい、以上が今日の部活で行ったことです。やー、とても充実しておりました。
説明しているときのシンさんの目、とても輝いてましたw
でわでわ今日はこの辺で!ぐっどないと!!
【2012/12/18 01:04】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1日1日を大事にする(マヤ歴も近づいてるしね)
こんにちは。今日の担当はエリです。
今日は発声ランニングを行った後、この間しんさんに教わった発声法を意識しつつ丁寧に発声していきました。
職員会議があったので外で行ったのですが、ものすごくすごく寒かったです。防寒具なども用意した方が良いなと思いました。

発声が終わったら部室に行って、報道センターの脚本改訂の方を進めていきました。

今日はエチュードを2回、冒頭で放送部がサッカー部を報道して、その後いじめが発覚して学校でうわさが立つまでと、うわさが立った後から放送部が放送に踏みきる所までの一連の流れをやっていきました。


報センのセクハラ問題を何か別の問題に変えようと思っているのですが、なかなか話が膨らまず苦戦しています。
エチュードを繰り返してもなかなかそこから話が進展しないし、いじめの問題をあつかうのは結構大変なんだと痛感しました。
いじめ問題を扱う上での問題点は、
報道部が誤解できるようないじめのシュチュエーションが難しい。また「自分はいじめられていなかった」という事実をどうやって伝えるか。
「これはいじめられている」と判断する基準が人それぞれ違うので、どの程度のいじめにしたら良いのかよくわからない。←言ってみればセクハラも同じなのですけど
などがあります。
今日は息づまってしまいなかなか進展しなかったので、もう1度各自でいじめについて調べてくることにしました。

脚本作りは大変で投げ出したくなる時もありますが、みんなで意見を出しながら、少しずつでも乗り越えていきたいです。


それでは今日はこの辺で。
【2012/12/20 05:22】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月20日 (木) 「意味を考える」
こんにちは 今日ブログを担当するモモです。


今日はまずランニング、発声をしてそれから脚本の改訂を進めていきました。


報道部がサッカー部を取材し、他の部から聞き調査をしたところいじめの疑惑が発覚し報道する、顧問や部員は否定する、そしてあることないこと変な噂がたちいじめられている人が報道部に責めたてるところまでの流れをつくりました。
いじめにみえるようなところを日常生活の中から探してみました。例えば今日あったクラスマッチのサッカーで起こったトラブルやこれはないだろうと思った点から考えてみました。

また顧問が否定するところで、顧問は部員の内部の状況まで全て把握しているのか?どこまで知っているのだろうか考えてました。

悪い噂が立つ理由は何か、このような噂をくわだてた人は誰なのか、報道部を責めた理由とはなどと一つ一つの行動の意味を考えて、文章の前後関係にも要注意していきました。


脚本の改訂を進めていくには元の脚本を深く読み込んだ上で色々と照らし合わせながら考えていくことが大切なのかなと思いました。

時間を無駄なく有効に使っていこうと思いました。
【2012/12/21 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12/21(金)「創意工夫」
こんばんは!
ブログを書くのがとっても久しぶりな気がするマカです。

今日は、ランニング・発声をした後、報道センターの改訂を行っていきました。

そして途中で、シンさんも加わり、発声を兼ねたストレッチを教わりました!!
芝居は身体が資本だから、身体作りは重要!ですね!

やり方は、あいうえお順に、“あ”から“ん”までの平仮名を自分に書ける最大の大きさで、
片手or両手で全身を使って書いている文字を声に出しながら書いていく!というものです。

半分を過ぎてからはすごく辛かったです・・・。
楽しかったですけどねっ!!

報道センターの改訂は、大まかな流れが決まり、いじめ問題や、最近の政治関連の問題を取り入れることになりました。
そして、流れを決めたシーンを家で1人ずつ考えてくることになりました!

難しいですね・・・。


今日の題名は「創意工夫」です!
意味は 今までだれも思いつかなかったことを考え出し、それを行うためのよい方策をあれこれ考えること。「創意」は新しい思いつき、今まで考え出されなかった考え。「工夫」は物事を実行するために、よい方策をあれこれひねり出すこと です!

私は工夫する力とか、独創性とかが欠けていると感じるのでもっと想像力を養わなくては!!と思いました!

ということで「創意工夫」でした。

支離滅裂ですみません・・。

それではこのへんで。
【2012/12/22 01:17】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月23日(日)  考えることの大切さ
こんにちは、ミイです!
今日は寒かったですね~((+_+))
帰るとき雪が舞っていて、うっすら積っていました。
だからか私をふくめ体調不良の人が多かったです。
風邪やインフルエンザもはやっているのでこの時期
特に体調管理には気をつけたいですね。

さて今日は発声とランニングの後、
各自で考えてきた場面ごとのストーリーを出し合い1つにまとめていきました。

キャラの性格や場面転換などを考えていく中でさまざまな意見が出てきたので
話し合いやエチュードで絞っていきました。
いろいろおもしろい意見があり、これからいろいろな方向に広げていけそうです。

エチュードや1つにまとめていくのはとても難しいですが、
その瞬間にその時のキャラの気持ちはどうなのかを考える練習にもなるので
自分なりに考えて積極的に意見を出していきたいです!

今年もあと1週間!
体調管理に気をつけて、日々頑張っていきたいです。

以上、ミイでした(*^o^*)
【2012/12/23 19:56】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12/24(月)「烏兎匆匆」
こんばんは! マカです。
今夜はクリスマスイブですね・・・。ぼっちですが(笑

今日はランニングをした後、発声・ストレッチをして、脚本の改訂をしていきました。
また、欠席者も多く8人での活動となりました。
雪も降り、一段と寒いので風邪などには気をつけたいですね。


いじめ問題などについての流れがまとまり、もう少しでとりあえずは形になりそうです。

語彙が少なく、曖昧な表現しか出来ず申し訳ないです・・。

また、今日はこのブログを始めてから2年だそうです!!
祝 2年!

というわけで、今回の題名は「烏兎匆匆」(うとそうそう)です!
意味は 歳月が経つのが早いさま で、
由来は、「烏兎」はカラスとウサギ。中国では太陽の中にカラスが、月の中にウサギの形があるとしたので、烏兎で太陽と月、つまり月日の意、「怱怱」はあわただしいさま だそうです!

今年ももうあと一週間ほどですね。
高校に入ってから、時が経つのがとても早く感じられます。
日々いろんなことを吸収し、成長していけるよう、大切に過ごしたいですね。


それではこの辺で。
【2012/12/24 22:44】 | 日記~2013新人大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12/27 迷子状態
こんにちは、まりです(^-^)/

今日もランニング、発声をした後、一通り出来た脚本の見直しをしました。

流れは出来ていたんですが、シンさんのアドバイスからサッカー部はその後どうなるか!?という場面を加えてセリフを作っていきました。

作り進めていくうちに場面の終わりが見えなくなって、どうやって終らせるか?ということにもなりました。
なかなか終わりへの良い流れが思いつかず、迷子状態でした(汗)

でも、流れで読むと良い感じに?出来たと思うので、今日いなかった人に明日感想をもらいたいです。


今年の部活も明日が最後になります!!
1年という時間は、早いですね。
またあっという間に過ぎていきました。
明日、しっかり部室の掃除をして綺麗な状態で新年を向かえたいと思います!!

それでは、この辺で(*^^*)
【2012/12/27 19:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今年最後(^^)&今年の反省
こんばんは、ポチです(^^)/すみません、これは昨日の分です;

昨日はシンさんと片岡先生に来ていただき、みんなそろって脚本作りを進めていきました。
仮で、「この子この役合うんじゃない?」という見解それでのもと、配役を決めました。それで何回か読み合わせをし、別の人とも比べてみて、主要人物たちを仮決定しました。

いつも配役を決めるとき私は、自分の中にあるキャラクター像により近い人に決めていたけど、キャラにその人を合わせるよりもその人にキャラを合わせる方がいいんだなとすごく思わされました(^o^)!確かに、元あるものに似せてつくるよりも、そっちの方がその人の個性がすごく活かせるし!

シンさんから新たに教わった演技法があります。『タマゴ型空間』というものがあって、これは「人一人分のスペース」で、これを保つと保たないでは雰囲気がガラッと変わる、というものです。いわゆるパーソナルスペースです。
1人のパーソナルスペースにもう1人が入ってきたら、緊張感が増します。これで親近感や緊張感を出せるというものです。基本はこの「タマゴ型空間」を保って、演技します(^o^)!


↓↓続けて、今年の反省も書いておきます......↓↓
今年の(自分の)活動を一言で表せば...「経験」!
新部員としてブタ芸に入って活動させていただきましたが、やっぱり全部がいい経験になったと思います。しかもただの経験ってだけじゃなくて、来年に繋がるとても大事な経験!!失敗することが多くて、たまに自分が嫌いになったりもしましたが、でもそれで学べたことも多かったです(^^)だから全部次のための大事な経験になりました。失敗はむしろした方がよかったのかも...。
でも私の失敗で周りにかけた迷惑は数知れず;なので、次は「迷惑をかけない人」になりたい。
未熟者の私にたくさんの経験をさせてくたさった皆様!ありがとうございました!
来年もぜひよろしくお願い致します(^_^)v

ではでは皆様、良いお年を(-v-)...




【2012/12/29 20:29】 | 2012総括と2013抱負 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2012年を振り返って by まり
まりです(^-^)/

2012年も残りわずかとなりました!!

みなさんにとって、どんな1年でしたか??
やり残したことはないですか??


私は今年を振り返って、2年生になったこと、キャストをしたことで昨年より大きく変化し、より多くのことを経験して学べた年だったと思います。


大きな変化といえば、「われのみそしる」でキャストをやったことです。
最初は正直、嫌でした(笑)大会で舞台に立つのは、自分には無理だと思っていたからです。何かしら失敗すると…。

でも、大会に向けて走り続けた時間はすごく充実したものでした。
今までとは違って、自分の意見を言える機会も多く、自分から行動することが少しはできたと思います。
また、毎日作品を進化させるために考え行動し、また考える。その繰り返した時間は貴重で、より一層われみそ愛を私に強く感じさせました。
もちろん辛かったことや、苦労したこと、迷惑をかけてしまったことも多かったですが、それ以上に楽しく、部員のみんなと日々作品と共に成長できたこと、助け合ってできたことが良かったです!!きっと私達の努力は無駄ではなかったと思います。


簡単に言えばこんな1年でした。
本当にあっという間でした。
「時は金なり」と言いますが、本当にそうだなと思います。大切に時間を使わないと、すぐなくなってしまう。時間がない!と気づいてからでは遅いんだなと…。
だからこそ、来年は毎日を大切に過ごしていきたいです。また充実した1年になるように頑張ろうと思います。


舞台芸術部を応援、サポートして下さった多くの皆さん、本当にありがとうございました!!
来年もより一層頑張っていこうと思うので、引き続きよろしくお願いします!!


それでは、皆さんよいお年を◇*゜
【2012/12/29 21:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月29日 (土)「今年を振り返って」
こんにちは モモです。
今年一年間を振り返ってみての反省を書かせていただきます。


今年は異常なほど時間の流れが早く感じられました。

去年はスタッフとして活動していましたが今年は主にキャストとして活動していろんなものを吸収することができたと思います。

六月に役が決まってから最初、台本通りに動くだけで、過剰なおかしい行動をとったり、みんなに合わすということができませんでした。

他の人のダメ出しを聞き、先生やいろんな人がどこがいけないのか指摘して下さったおかげで少しずつ変わっていきました。

ただ演技するのではなく、自分の役割を考えることや感情の流れや受けの演技を大切にすることなど一から学びました。
人の感情の複雑さを演技で表すのは本当に深いものがあり、難しいなと思いました。

キャストとして入ってわれのみそしるにより深く関わることができたと思います。また部員一人一人の内面ややさしさを知ることができたと思います。

地区大会、県大会、中国大会とみんなで舞台を踏んできて、苦しいこといろんなことがありましたがどれも本当にかけがえのないものだなと思いました。

自分は二年生としてひっぱるというよりも、いつも何かと遅れをとっていて、自分は本当に何もできない人間なんだなと否定的に思っていました。
でも、みんなが受け入れ支えてくれたおかげで、この部にいることに意味があり、何もできない人間なんていないんだなと肯定的に思えるようになりました。

この一年間は仲間からいろんなことを学びました。
みんながいたから今こうして自分がいるのかなと思います。

来年は、三年生としての自覚を持ち自立し言動に注意していきたいと思います。
暑い中、寒い中変わらず私達を見守って下さった舞台芸サポーターの皆さん本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
【2012/12/29 23:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第37回四国地区高等学校演劇研究大会 1日目 感想
こんにちは。エリです。
先日ぶたげい4人&片岡先生&千晶先生で四国大会に行ってきました。
121227_091010_ed.jpg


それでは観劇した感想を書いていきたいと思います。
ネタバレが含んでいるところがあるので、気をつけてください。
私の解釈が間違っている所があったらすみません。



上演1 徳島県立小松島高校「補習授業は暑くて長い」
幕が開いた瞬間から、全員生徒が後ろを向いてずっと黙っていてだれも言葉を発しない。
しばらくしてから先生が「沈黙、止め。」と言うまで何をしているのか想像がつきませんでした。
インパクトのある幕開きから始まり、臨時教員の教員採用試験の結果や受験生達の様々な想いが「補習授業」を通して明らかになってきます。
最初のシーンである男子生徒が宗教改革のことについて「同じ宗派なのに、それぞれ違う道がある」ということを主張していたのですが、それがラストの先生や生徒がそれぞれの道を選んで歩んでいく姿につながるのかなと思いました。
舞台装置は、下手に教室の窓があってそこからSSで夕日を表現したりして、照明で時間の経過を上手く表していました。


上演2 高知県立高知追手前高校「戦場のピクニック」
この作品には裏切られました(笑)もちろん良い意味で!
戦場で敵が襲ってくるのを今か今かと待っている主人公(←主人公じゃなかったらごめんなさい)の所へ、いきなり主人公の両親が「元気だった~?」と陽気に登場します。
生死をさまよう戦場で、あんなに軽いノリで現場に乗り込んでいく姿はかなりシュールでした。笑
そこから敵の軍人もやってきて、みんなで楽しく食事をしたり、踊ったりします。(何度も言いますが、戦場で!)食事をするシーンでは、実際にサンドイッチやぶどう酒などを食べながら演じていました。いいですねえ、私も一度消え物を使った芝居をしてみたいです。
私は個人的に主人公の両親のキャラがとっても好きで、特に空から空襲が来た時主人公と敵の軍人はすぐに岩影に隠れて自分の身を守っていたのに両親は優雅に傘をさして「見て~!飛行機よ~☆」と仲良く飛行機を見ている姿が印象に残っています。
コントのように楽しく戦場のピクニックをしている家族と敵の軍人さんでしたが、物語の終盤で大きな展開をみせます。味方からの連絡に、踊りに夢中になって気づかなかった家族と敵の軍人さんは、突然味方からの空襲に遭って全滅してしまうのです。このまま楽しい雰囲気で終わるのかと思っていた私はここで裏切られました。笑
人が死んでしまうって相当大変なことなのに、まあなんというあっけなさ!
しかし私にはそれが逆に恐ろしさを増しているというか、素直にリアルに殺されるよりもっとおぞましいものを感じました。
「戦争」という重い問題を敢えて笑いなど明るいテイストで描くことによって、よりいっそう戦争の惨さやくだらなさが際立っていたように思います。
40分と短めの劇でしたが、寧ろちょうど良い長さでした。


上演3 香川県立坂出高校「全校ワックス」
面白い。とにかく笑いました、それもでかい声で!笑
物語は出席番号でたまたま集まった生徒が、ワックスがけをするというシンプルなお話でした。
淡々と話が進んでいくのだけど、その中で意外な事実や登場人物の衝撃的な過去が分かってきたり、いろんな出来事が起こっていきます。
一幕ものなのに最後まで全く飽きずに観ることができました。
講評で審査員の方が「もっと空間を狭くしたら息苦しさが増して、生徒が告白せざるをえない状況に説得力がでたかもしれない」と仰っていて、空間の使い方にも色々種類があるのだなあと感じました。
劇的な何かは起こらないのだけど、心にじ~んと染みるような、そんな素敵な作品でした。


上演4 愛媛県立松山東高校「海がはじまる」
毎年7月に行われている伝統行事「ボートレース大会」。
女子高校生4人が浜辺で大会が始まるのを今か今かと待ちわびているのですが、実は全部真っ赤な嘘。
本当はボートレース大会は2日前くらいに中止になっていて、女子高生達はボートレース大会「ごっこ」をしていただけというものです。
私もすっかりだまされてしまって話の途中で「あれ?ボートレース大会って本当にあるのかな?」とどっちが真実なのか考えさせられながら、わくわくして観ることができました。
校長先生や女子高生4人以外の登場人物を架空の人物として扱っていて誰もいない空間に台詞を言う、というかんじだったのでどっちの意味にも取れる絶妙な演出でした。
是非もう1度観て、「答え合わせ」がしたい気分です。


上演5 徳島県立城ノ内高校「三歳からのアポトーシス」
今大会の最優秀作品です。
はっきりと言いますが、何もわかりませんでした。
幕開けからうす暗い照明、中央に白いパイプにつながれている男の人が奇声を発したり、女の人がいきなり出産と称して膨らんでいるお腹から大量のカラーボールを床にばらまいたり、ストッキングを頭にめりこむまでかぶって遊んでいたり。
もう何がなんだかわからない!
というのが私の率直な感想です。
上演中もどうこの作品を観たらいいのか分からず、このシーンにはどんな意味があるのか、どんな意図があるのかフル回転で考えていたのですが何も組み取れませんでした。
何というか、私的には「何か意味がありそうな香りはするのだけど、案外なんの意味もない」というシーンも中にはあったんじゃないかと思います。というか、そうだと思いたい!
でも、この作品は私に強烈なインパクトを与えてくれました。
見終わった後も自分の中でずっと闘々としていて、その日の夕食中や帰り道でもずっとみんなでこの作品の話ばかりしていました。
まさに「記憶に焼き付けられたお芝居」だと思います。
審査員の方はこの作品を最優秀に選んだ理由に「私は久々に演劇を『観る』のではなく『体験』、『目撃』をした。」と仰っていて、本当にその通りだと思いました。
私も今まで観てきたどの演劇作品にもない「異色な雰囲気」を味わうことができたように思います。
また審査員の方が「ネット社会で何でもすぐに答えを知ることができるようになった現代に、『疑問』を持つことは決して悪いことではない」とも仰られていました。
私は分からないと気が済まなくて自分の中で納得できるまで考えてしまうタイプなのですが、この「三歳からのアポトーシス」という作品についてそう考えること、つまり分からないことを分かろうとする努力をさせてくれること自体が、この作品の魅力でもあるのかなとも感じました。
長崎でどんな反響が起きるのか、今から楽しみです。



2日目は、また後日上げます。
To be continued...
【2012/12/29 23:38】 | 観劇メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年の反省
こんにちは。カナです。
今年ももう少しで終わりですね。
さて、今回は1年の反省について書きたいと思います。
私は今年舞芸に入って舞台に立って演じる事の楽しさを学ぶことができました。
でも練習とかで演技をしている間にもかかわらず、演技とは別のこと考えていたり、意識がとんでいることもあったし、先生や先輩たちにいわれた事がちゃんとできなかったりする事が多くて本当にこの1年は迷惑をかけてばかりでした。
来年は私達が中心となって部活動をする事になるので先輩になる事を自覚して来年はみんなに迷惑をかけなくてすむようにしたいです。
今年は演技をする場面でもそれ以外の場面でももっとちゃんとやっていたら良かったなぁと後悔する事が多かったので来年は演技の場面でもそれ以外の場面でも後悔する事のないよう、精一杯部活を頑張ろうと思います。
そして今年やれなかった事や後悔したことは来年すべてやれるようにしたいです。
今年1年本当に楽しかったです。
【2012/12/30 15:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月30日(日) 今年の反省 ミイ
こんにちは!ミイです(*^o^*)
今年も残すところ後2日ですね。
ずっと憧れていたブタ芸に入ることができて、日々楽しく、充実したあっという間の1年でした。
ここで今年の反省を!
たくさんあるのですが(泣)
一番は体調管理が十分にできてなかったことです。
なぜか日光アレルギーになったり、足を怪我したり、風邪にも…。
自分の甘さが原因だと思います。
来年は先輩になるので、責任を持って行動していきたいです!

私にとってこの1年は大きな変化の連続でした。
ブタ芸に入ったことで、たくさんの貴重な経験ができて、
中学のころは恥ずかしがり屋だったのですが(笑)今は克服できました!
また、まわりの暖かさを感じた1年でもありました。
たくさんの人の支えのおかげで、成長できたと思います。
たくさんご迷惑おかけしましたが、来年もよろしくお願いいたします。


それでは皆様、よいお年をo(^-^)o
【2012/12/30 15:12】 | 2012総括と2013抱負 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
僕の2012年は……
こんにちは。ワタです。
今年もたあっという間に過ぎてしまいました。
ただ、去年とは違った一年になったと思います。


3月の公演では、ワリワリワオと逝ったり生きたりのにしお役をやって、
逝ったり生きたりでは、主演の大変さを実感しました。
そして、われのみそしる。
僕が主役ってどうかしてる。と最初は思っていました。
消去法で選ばれた、ほかにもいい人はいるのに。と、ネガティブな方向に考えてしまっていました。
納得いきませんでした。
はじめはそんな気持ちでやっていました。

でも、主役を変わるかと言われた時、変わろうとは思えませんでした。
変わりたくなくなってたんです。途中で投げたしたくもありませんでしたし、
いつの間にか誰にも主役を渡したくないと思えるようになってたんです。
そんなこんなで、主役を続けていきましたが、大会を重ねるにつれ、
自分の甘さを露呈していってしまいました。
主役らしくない行動。意見できない。考えてこない。ブログを書かない。甘い。
あげればキリがありません。
色んな人に怒られてしまいました。

変わりたいと思いました。
でも、思い始めたのは中国大会本番2日前。
それから何ができたかは、わかりません。
大会では、悔いが残りました。もっとできたはずだと。
主役なのに。
思い出すだけで、腹が立ちます。
悔しい、悔しい、悔しい。
全部、自分のせいだ。自分のせいでこうなってしまったんだと。
それでも、思いはすべて伝えきりました。だから、負けてしまっても伝えれたならそれでいいと思いました。
それが、この作品のテーマだから。勝ち負けだけじゃないんだと思えるようになりました。


すみません。うまくまとめられなくて。


それでは、良いお年を。

【2012/12/30 23:50】 | 2012総括と2013抱負 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12/31【今年一年を振り返って…】
どうもユキです(`∇´)
えー・・・今年を振り返って、といいますか今年の反省、ということで・・・・。
とりあえず期限があるものを期限通りにやりたかったなと(泣)
私がこの記事を上げるハズだったのは29日なんです。
それがなぜかめぐりめぐって31日・・・。自分ホントどうしようもねぇorz

えー、それでは落ち着きまして。
今年一年を振り返っての感想↓

華陵っていう高校とそこにある部活ブタ芸の存在を知り、そっから華陵に・・・
というよりもブタ芸に入ることを夢見て勉強に励んで底辺という底辺ですが
なんとか入学できて憧れのブタ芸に入部させていただきました。
入部当初はもう毎日が感動の連続で・・・
自分が観客としてみていた舞台芸術部に自分が所属していて舞台の上で輝いて見えて
憧れだった先輩方と一緒に劇をしている・・・幸せでしたぁ^^
いや、今も二十分に幸せですけど;

まず私等一年生がブタ芸に入部してからの初舞台はアトリエ公演でしたね。
ジャンバラヤ、楽しかったなぁ~・・・あの頃の自分と比べると少しは成長できているのかな、
なんて最近思ってみたり・・・?
まぁざっくり振り返ってみてもアトリエ公演があり、
地区大会があって、県大会があって、中国大会にまでもいけて・・・・・
色んなことがありましたね。
県大会までは全部役者として舞台に立ち、照明を浴びる(?)側でしたが、
中国大会で自ら立候補し自分が照明で照らす側に。本番が一日ずつ近づくにつれて、
色んな思いが頭の中を巡りました。けれどもいざ本番舞台の上で演じる皆を見たら、
照明を全部消しても大丈夫なんじゃないかってぐらい輝いて見えて・・・
なんかこう・・・初心に戻れた、といいますか、改めて演劇の素晴らしさを実感しました。
やっぱり当初の本音を言えばもう一度われみそを「演じたかった」ですけどねw
けど結果としては本当に素晴らしい体験をさせてもらうことが出来ました。
まぁそういう意味では私もこの一年で何か成長できたのかな、と。

とりあえず、一年ってほんとに早いもので、もう数ヶ月したら私も2年生です。
(なれるはずです。)
俗に言う先輩というものになるので、最低限の目標としては一番最初に書いたようなことが
もう無いようにと・・・肝に銘じております。
いつもそばで力を貸してくださるHachi先生やシンさん、
見守ってくださるブタ芸サポーターの皆々様への感謝の気持ちを忘れず、
これからも部員全員力をあわせて日々精進していこうと思います。
それでは皆さん、良いお年を!
【2012/12/31 01:12】 | 2012総括と2013抱負 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たとえ評価してなくても、私は好き。そうねえ・・・例えば「平清盛」とか
こんにちは。エリです。
それでは今年を振り返ります。


いろんな事があった1年間でした。
3月のアトリエ公演。
最後のワリワリワオ上演。
ナオも加わってもらえて、今までで一番楽しんで演じることができました。
でも私の場合、中国大会verのワリワリワオが一番好きだったりもする。笑い
大会では味わえないような貴重な体験をすることができました。
純粋に人に観てもらえることの嬉しさ、舞台に立つ事の楽しさを存分に体感しました。

4月。新入生入部。
入った瞬間からずっと思っていました。なんとまあ、よくしゃべる!私が1年生の頃もこんなかんじだったのかしら。でも深くつきあってみると、みんなよく考えてる。1年生の自発性や、積極的な行動力には目を見張るものがあります。

なかなか時間の無い中、無事に新入生メインのアトリエ公演が終了。
1年生は初舞台なのに、みんな堂々と演じきっていました。すごい。

5月後半くらいからは本格的に「われのみそしる」の稽古をしていきました。
6月のwelfareフェスタでは、納得のいく上演ができず。1年生にはもっと舞台に立った時のあのぞくぞく感を味わってもらいたかったのだけど。ごめんね。

そこで、2年生のリーダーシップが取れていない事が問題に。
今まで私達を引っぱってきてくださった前顧問の先生も異動してしまったから、そんなに指導に来てもらえない状況になってしまいました。
じゃあ誰が部を引っぱっていくの?上級生の私達に決まってる。
なぜ部がしっかりしていないのかを指摘された時、私は片岡先生が責められているのを見てすごく罪悪感を感じました。
違う、違うって。自分がしっかりしてなかっただけなのに。
「いや、片岡先生じゃないです。」の一言が言えなかったことに、今も後悔。

正直自分の役を好きになれるまでには時間がかかりました。
なぜこんな気持ち悪い自分が、ドレスを着なくてはいけないのか・・・。
でもそんな事は口が裂けても言えず、とにかく目の前のことで精いっぱい。笑
泣きの演技も上手くできなくて。うーん、苦労したなあ。周りにもいっぱい迷惑かけた。申し訳ない。
でも結局中国大会でも思い通りの演技ができなくて。もっとできたんじゃないかって今でも思います。ぐあぁ、悔しい。
役作りや演技に詰まったりした時は、いつもルカに相談してました。
ルカが演じるお母さんは泣きの演技も完壁で、通し稽古を見るたびいつもあこがれていました。
私が一番やられたのは、中国大会前にルカが言った、「観にいくけえ、全国行ってよ!」という言葉でした。
「一緒に行こうよ」じゃないんだなぁーと。いやまあ、その心配は無くなったのだけど!


カステラが食べたかった。
みんなで食べに行きたかった。
でも評価の基準は人それぞれなのだから、しょうがない。
これも良い経験になるのだと自分に言い聞かせて、明日からも前向いていく!

それに、中国大会の舞台にこのメンバーで立てたこと、本気で歌って、全力出しきって、たくさんの拍手をもらいながら緞帳が下がるのを涙をぐっとこらえながらフリーズしてたことも、観てくれた人が私達の舞台に感動して泣いてくれたことも、全部全部私の最高の思い出!



あーいかにも奇麗事だ。でも本気で思ってるんだからしょーがない。
【2012/12/31 01:53】 | 2012総括と2013抱負 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12/31(月)「自己嫌悪と自己肯定」
こんばんは!マカです。

自分を嫌いで、嫌で嫌でいるより、嫌いな自分ごと肯定してあげたいですね。

残すところ2012年もあと少しとなっていますが、やりたかったことはやりきれたでしょうか?

今年は私にとって迷いと、挑戦の連続でした。
華陵を受けるかどうか、舞台芸術部に入るかどうか、文理選択どっちにするか・・・etc.
それら一つ一つの選択が私にとっては挑戦で、それと同時に迷いでもありました。

全ての選択や選択した結果に不満や、後悔が無いわけではありませんし、楽しいことばかりではなかったですが、
それでも今はこれでよかったのだと思います。

華陵に入学して、舞台芸術部に入り、様々な経験をさせていただけて本当にありがたいと感じています。
そして、これからもがんばりたいとも思っています!

物覚えが本当に悪くて、一度言われたことはすぐに出来ないし、よく忘れるし、てか 私なんかいなくていいじゃん
とか思ったり、ああああってなったり、暴走したり・・・。
自己嫌悪

本当に迷惑掛けっぱなしですいませんでした。本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

皆さんダイスキです。ほんとに。これからもダイスキです。

ありがとうございました。頭の中ぐちゃぐちゃですみません。

マカでした。
【2012/12/31 18:56】 | 2012総括と2013抱負 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2012は...
チカです。2012を振り返ります。f(^^;
今年は、去年にはなかったことが沢山あり、戸惑ってばかりでした。
そのことで部員や先生方に迷惑をかけてしまったこと、申し訳なく思っています。すみませんでした。
副部長として、演出として引っ張っていかなければいけなかったのに、迷ってばかりで。振り返ると気分が落ちてしまうことばかりで、まとめられません(´ー`;)ゞ

無理矢理まとめると、
1年生は私達よりも発言してくれるし、たどたどしい先導にも助けながらついてきてくれてありがとう。一緒にできる時間は少なくなりましたが、頑張りましょう( ̄v ̄)
2年生は、去年よりはサポートしあって頑張ってこれたんじゃないのかな、と思いますf(^_^)皆でやれる期間は少ないですが、つっ走りましょうq(^-^q)
先生方、OBOGの方、応援してくださるサポーターの皆様、今年もお世話になりました。皆様の支えがあったからこそ、私達は思う存分、部活をすることができました。本当に感謝しています。来年度もよろしくお願いいたしますm(__)mm(__)m

では
【2012/12/31 21:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年の反省!ver.たま
こんばんわ!

2012年もあとほんのちょっとで終幕!((´^ω^))
というわけで、今年を振り返ってみたいと思います!


今年は、まさに怒涛の一年間というか、あっという間の年でした!
今までになく濃い時間を過ごした気がします。
舞台芸術部に入る前のこの部のイメージとして、練習がとてもキツくて大変で、笑ってる余裕なんかないとばかり思っていたのですが、実際入ってみるとそんなことはなくて、寧ろ毎日が楽しくて。もちろん大変な時もあるけど、このブタ芸のみんなと過ごすからこそ、その大変さも乗り越えられて。ちょっと何を書いてるか分からなくなって申し訳ないのですが、兎に角。
この部に入ってよかった、演劇という分野に関われてよかった、みんなと出会えて本当に良かった!……出来れば先輩方には引退して欲しくないです(笑)

この一年、本当にたくさんの経験をしました。演じることの楽しさ、観ることの楽しさ、大会で勝つことの嬉しさや、それによって得られる普段とは違った楽しさ、逆に、負けることの悲しさも経験しました。あの時は本当に悔しかったです。久々に号泣しました。でも今は、それもいい思い出です。逆にみんなとの絆も強まった気がします!勝っても負けても、演劇に対する思いは変わりません。いや、何かしらの変化はあると思いますが、根本的な、演劇が好きだという思いは変わりませんよ!(o^^o)
でも、勝敗があるのなら出来れば勝つ事を望むので、次の大会に向けてより一層精進していきます!あ、後輩ができるんですよね、こんな先輩で大丈夫かな(;´v`)

もう文章が滅茶苦茶で本当に申し訳ないですorz
えと、最後に。

これからも華陵高校舞台芸術部を、宜しくお願いします!
でわ、皆様よいお年をヾ(゜ω゜)ノ゛

因みになう→(2012/12/31 22:54:22)
【2012/12/31 22:55】 | 2012総括と2013抱負 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。