スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
7月7日(土) コロスの存在意義
こんにちは!みいです(*^_^*)
今日は、2週間ぶりの部活でした。
まず通しをして、冒頭のシーンをつくっていきました。

~気をつけること・変更点~
・上手と下手のコロスをクロスして、コロス全員で近所の人
を表現できるように。
(上手と下手のコロスの位置を入れ替える。)
・口笛などで春らしい感じを出す。
・ルートはもっとかわいく、語尾を上げて話す。
・理は悲哀にみちているように。
・共感してもらえるように。

そのあとは、占中八策のシーンをつくっていきました。

~気をつけること・変更点~
・コロスで学校の雰囲気をだす。
(コロス全員で、ルートの「ばかれい!」に反応する。)
・ルートと理の険悪なムードを出す。
(考え方の違いによる食い違いなどを)
・有芽がそんなルートと理の仲をつなげるように。

あと、最初の職員室のシーンが嘘っぽいので、
脚本の改善が必要とのことでした。

もう地区大まで日数が少なく、土・日の練習が
重要になってきます。
全体的に声が小さく、目線がおかしいのと気持ちの繋がりが
できてないとの指摘をうけました。
相手の言葉をうけられていないとのことです。
もうすこしコロスの存在を生かしたいと感じました。
日々の練習で気をつけていきたいです。
明日もがんばりましょう!
スポンサーサイト
【2012/07/07 20:10】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
・・・・・・
これを読んでいる人に伝えなければいけない事があります。これは、今日の部活でぶた芸の皆さんにも伝えました…。
私、一年生のユリは…舞台芸術部から離れます。理由はいろいろあります…でも、今のままでは演劇に集中したくても出来ないんです。いきなりのことで、驚いた人もいるかもしれません。しかし、考えた上で出した答えなんです…。それに、これを引き延ばしてしまうのは、ぶた芸の皆さんに迷惑をかけてしまいます。大会前に言っても、役を変えることが難しくなるからです。
最初にこの事を伝えたミサやマリ、チカには余計な心配をかけてしまったかもしれません…離れてからどうするのかは、私にもまだわかりません。だからこそ、一度演劇から離れてみて気持ちを整理してからはっきり答えを出したいと思います。
【2012/07/08 08:45】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
7月8日 花の本気
チカです(*_*)

今日は午前中に、昨日やったことを完璧にすることとラストを詰め、午後からはまだきちんとした演出がついていない場面をしていきました。

ひとりぼっちの演劇部員役のエリは、何回も表情が変わるから凄いなあと思いました(>_<)

 

意識してやること↓

#17場

タマ→「何が言いたかったんじゃろうねぇ」でしみじみする。

マカ→「国語の模試の結果が悪いのって~」タイミングを速く。

ワタ→場転前の台詞は言いきって。ぬめっと動かない。語尾をぬかない。

#18場

エリ→「他人の~」花ではない喋り方で。「~生きているのです。」は強く、ぬかない。「わたしのことを~」ドスをきかせて。理と話す時は声を飛ばして。「~なんでだろ。あ、私の芝居~」をきちんと切り替えて。

ワタ→花と話す時は声を飛ばして。だんだんヒートアップして。ぬかない。

#19場

マカ→動きをきちんと止めて。

#21場

ユキ→先生の貫禄を。

以上。

 

そして今日はミサのお父様から、ミサのおばあ様の手作り柏餅を頂きました!

ぶた芸一同、美味しく頂きました!ミサのおばあ様、お父様ありがとうございましたm(__)m

【2012/07/09 03:16】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
7/9 夏休み前
こんにちは。ときです。
土日はお葬式でいませんでした。
 
あまり記憶に無い人だったのですが、一人の人が亡くなったという事実がとても寂しいものを感じさせました。
 
で、かなり話は変わって
今日は土日いなかったので変更された点、動線確認をしました。無駄に時間取らせてもうしわけない。
 
最初のシーンにも鳥の鳴き声
コロスにも動きをつけていました。
 
問題点の教師のシーンが嘘っぽいというので、
 
先生のキャラが妙に大げさ
四隅先生をもうちょっと大人にする
(トゲトゲしくせず、厳しいかんじ)
に改善する。
 
テストも終わりひさびさに練習だったので集中するのに時間がかかってしまい、すぐ集中できるようにします。
 
夏休みにはいるので勉強もしっかりやって、この作品をさらにみがいていきます。
【2012/07/10 17:52】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7/10【一日36時間希望】
ユキです(`∇´)
とりあえずタイトルの意味は練習時間が足りない様に感じるので
もっと時間を取れる様に一日の時間自体が長ければ良いのになぁと・・・
はぃ。どうでもいいですねorz

今日は一回通しをしてから相互ダメ出し(漢字はこれで合っているんだろうか?)をして、
それで挙がった気になる所を細かくやっていきました。


まず最初の「うっせぇ黙れば華麗!!」の際のコロスの客席を見るタイミングが合っていないとの
事だったのでそこのタイミング合わせ。
そして次に一回目の家庭とその後のパネルの動き、その次の職員室を。
あとラムダが出てくるところのコロスの動きを合わせました。


「黙れば華麗!!」の所はコロスの動きがマーチング意識になったので、
ぶつからず、しかしそれを極力自然に、ごく自然にというのが難しいです。
マーチングバンドの方々って凄いですよね。
まぁそれは置いときまして、そんな複雑(?)な動きをしながら
ちゃんと8拍で自分の最終定位置にたどり着き、9拍目でバッとキレ良く客席を向くのを
そろえなければなので、みんなで合わせるのが中々に難しいです。

パネルは、今日のダメ出しの時「ぶつかり過ぎです」と言われたので、
普段から気を付けようと思います。(はぃ、当たり前ですねごめんなさい)

コロスについては、
Have youが「Impossible!」を言い終えてからサッと腕を曲げずに下ろす。
という所が、中々そろわず苦戦していました。
この時にマカとポチが
「イーンポッシブル!!バッ!サッ!バッ!サッ!」と連呼しているのを聞いて、
そういえばアンバサなんてジュースがあったなと思いだしたんですが……………心底どうでもいい話ですね。


まぁそんなこんなで、
1歩進んで2歩下がる状態に感じる事もたまぁ~にたまぁ~にありますが、
日々試行錯誤しながら着実に前進していると思います。∑d(`∇´)
それではここいらで。
【2012/07/10 23:39】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小さな変化は…

こんにちは、まりです(^o^)丿

今日は昨日までと舞台の向きを変えて通しをしました。
全員に共通するダメ出しとしては、距離間に合った声の大きさでセリフを言うことや、昨日何回も練習した「impossible!!」の後に腕を下ろすタイミングが合っていなかったことなどが挙がりました。
片岡先生からは、舞台の向きを変えて声が届いてないことや、セリフがまだ自分のものになってないと指摘されました。どちらも致命的なことです。でも、発声やセリフ練など自分の努力次第で改善されていくものだと思うので、少しでも多く時間を見つけて練習できるように一人ひとりが気をつけていきたいです。


その後は、職員室のシーンをやりました。

まず、1番の課題が四隅先生。
今まではセリフをズバズバと少し嫌味っぽく感じさせるように言っていたんですが、大人は本人を目の前にしてズバズバ言わないだろうということで、遠まわしに何か意見を言うように少しずつ変えていきました。
例えば、「怖い?」のセリフでは、大人は人にはっきりと聞かずに自分の中で解決するのでは…?という考えから、自分自身に問いかけていた言葉がポロっと出た!!というイメージの言い方にすることになりました。
イメージだけでは少し難しいですが(汗)
他にも、「いいんですか?」のセリフも決して嫌味っぽいのではなく純粋に聞いているような言い方にしました。

そしてもうひとつの課題が、このシーンのコロスの存在感。
学校や生徒の変化と一緒に、職員室の雰囲気なども変化させよう、とは話していたもののその変化を上手く表現できていませんでした。ということで、コロスの反応もちゃんとセリフとして出すことにしました。そうしたことで、コロスそれぞれの考えとか分かりやすくなったし、その考えに合った行動が出来るようになっていてコロスの中でも変化をつけられたかな…と思います。今までよりコロスの存在感がきちんと出ていたら嬉しいです(^o^)


考えてみたら今日やったことは小さな変化かもしれませんが、その回数を重ねていくことで大きな一歩へと変わると私は思います。作品をガラリと変化させたり、急成長させたりすることは、正直まだ私たちには難しいです。
なので、毎日少しずつでも変化、そして成長させることを心がけて練習できたらいいなと思います。
時間が経つのはあっという間なので、その一瞬一瞬を大切に、そして集中して取り組んでいきたいです。

それでは、この辺で(*^_^*)


【2012/07/11 23:49】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
自立(7/12 木)
こんばんは、おはようございます、ポチです。
やっとこさ書いた記事が4回消え、完成してない記事が2回保存されました.......
5回目です。本文を忘れる始末です。現在時刻、AM04:00です。
涙が出てきました。

今日(昨日?)は7時に練習を終え、10時ぐらいまで話し合いをしました。
その内容が一番大切なのですが、それを書いたノートを学校に置いてきてしまいました.....
後日、また詳しく書かせてください。
自分の不甲斐なさを痛感します。申し訳ありません。

私はテストを受けてきたので、少し遅れて参加しましたが、職員室のシーンからやった模様です。
前の日に、主要の先生方以外の先生たちにも何かしゃべらせようということになったので、それを思い出しつつ進めていきました。

 羽生「Impossible.生徒達にはムリって言ってましたよねぇ、四隈先生」
     →言ってました言ってました。
これは単純に、「確かに」という反応です。

 四隈「でも見直しました。結局自分たちで勉強するしかないって気付いたんですから」
     →あの四隈先生が生徒を褒めている!珍しい...
     →そうですよねぇ!
という2パターンの反応を設定しました。色々な反応があった方が、個性豊かな職員室になりますもんね!

 草枕「それはどうかねぇ。ちょっと用心してみてやらんといけんかもしれんよ。急がば回れってね」
     →はぁ?せっかく一致団結しようとしてんのに、水差すなよ...
     →んーまぁ、そうかもしれませんねぇ...
草枕って、結構自分の意見とか主張とか考えとかを、周りの雰囲気に流されずに堂々という人です。それを良いと思う人もそうでないと思う人もいるので、2パターンに分けました。ここでは、ワタ・マカ・私が、反感を抱いた反応をすることになりました。

 羽生「あいつら本当に東大合格しちゃうかもしれませんよっ!」
     →うんうん、いいですねぇ、すごいですねぇ。
ここの反応は、最初は「おぉ!」というものでしたが、それは何か違うんじゃないのということで、「うんうん」というような反応になりました。私、ここの反応をどうしていいか、まだよく分からないんですよね...やはり前に出て、客観的に見るということはとても大切だなぁと思いました。演じながらも、ここはこれで自然だろうかと考えられるよう、努めたいです。

次に、続きの授業仕分けのシーンをやりました。
 羽生が「Let's enjoy English lesson!」と言うところは、みんな席に着いたりあわてて教科書を準備したりと、授業の始まりの雰囲気を醸し出します。
ここでのルートの「失礼します」は、みんなのざわざわにまけないぐらい、はっきりと。

白金の授業での、男子からのクレーム担当は、カナになりました。歩き方やしゃべり方を男子っぽく...難しいね!でもカナならできるよ(^v^)頑張って!!

四隈の授業では、有芽さんの歩き方や手の位置をもっと自然に、理は突然大声を出されたことに対しての驚きの表情をつけること、四隈先生は振り向くときに右手を勢いよく振らないことなど、直したところはたくさんありました。


明日もこれら直したところを忘れず、改善したところはずっと維持できるよう、全力で頑張ろうと思います!!

今回のタイトルは、話し合いで出たみんなの素晴らしい意見の引用です。
話し合いでの内容は、最初にも書いたよう、後日また記載させてください。
【2012/07/13 04:29】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
わからなすぎて
こんにちは、今日の担当はミサです。
雨強いですね。昼とか雷が鳴ってました。

さて、今日は家庭のシーンをしようと思っていたのですが、ルカが課外でそれまでの間、舞台監督者会議の準備をしました。山台やボックスなどの装置の位置をはかったり、舞台、照明、音響に分かれたり。
三年生が手伝ってくれるおかげでかなり楽です。
最初に昨日やった職員室をシンさんに見てもらいました。
一番目の職員室はもっと関わりが少ない感じに、会話がない感じに。二番目の職員室はコロスのざわざわ感がよかった。授業仕訳ですが四隈先生の時、有芽がなぜそんなに過剰に反応しているのか。
原因は有芽の勉強アレルギーにあるのでは?ということで、明日は生徒会室のシーンを最初にやろうと思います。

家庭のシーンですがパネルが前面に出てきたため、遠くから言ってこそ伝えるものがあったセリフが、前に出ることで説得力のないもの、陳腐になっているので、距離感を変えていきました。
あと、理が河原での出来事を思い出してボーっとしているところをつくりました。
母に見つかり焦る理。ご家庭あるあるネタ。そして、女子高生との接触があったことに母にそんなわけないか、と言われるところ。ばれなくてよかった、と思うのと同時に引っかかるところもある思春期の感性。
鍋の空焚きのところですが、母のほうがおばあちゃんの近くにいるのに臭いに気づかないってどうよ?と思ったので、理より下に。残念ながら時間が来てしまい一場しかできませんでした。


さて、chi先生とはおもにメールでのやり取りになっていますね。
私はいまどうしていいかわかりません。それは前顧問と現顧問の意見の相違が原因だったりします。私の真意をくみ取れない読解力のなさがこんな事態を招いているのでしょうか。
自立ってなんでしょう。今私にはわかりません。わからなすぎて吐きそうです。気持ち悪くてどうしようもないです。
とりあえず明日も頑張ろうと思います。

それでは。
【2012/07/13 23:02】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
木曜日の話し合いの内容・意見
こんばんわ、ポチです(^^)
昨日記載していなかった、話し合いの内容を書こうと思います。
2日経ったから、個人の考えは変わったかもしれませんがね...
1人1人、箇条書きです。聞くと同時にメモしていたので、少々語弊があるかと思いますが、すみません(-_-)

ワタ・・・千晶先生にパワーをもらっている。先生の演劇にかける情熱はすごいし、憧れ。テスト週間中に気付いたことだが、友達と過ごしたりという部活以外の時間がとても楽しい。部活に時間を割いてきてしまったと感じる。

ミイ・・・自分は初心者だから、千晶先生に指導してもらったら、すごくわかる。演劇の勉強にもなるから、教わるのはとても大事。いきなり先生と離れて、はたして自分たちでやっていけるのか?完璧に縁を切るのは、よくないのでは。必要なこと、引き継ぐべきものは、引き継いでいきたい。

タマ・・・見ていて「すごいなぁ」と思う。こっちが気付かないことを結構言って下さるので、気付かされることが多々ある。もし千晶先生がいなくなったら、意見を出してくれる人が減る。それにともなって、今すでに遅い進行状態のスピードがさらに落ちるだろう。

ユキ・・・自分が憧れていたぶた芸には、千晶先生がいらっしゃった。先生のダメ出しの言い回しのおかげで気付けることが多々ある。

マカ・・・先生に指導されることで劇が良くなっているのが実感できるし、見る人の少ない中見ていただけたり、コロス達の反応の仕方とかも指導していただけるのはいい。千晶先生がいらっしゃることで、今ぶた芸に足りていない厳しさが補える。「自分たちで自立しなければな」とは思うが、来ていただきたい。

モモ・・・今までも自分たちのために時間を割いていただいているから、来てくださっていることにたいして受け入れて、重要なこと、全ての指導について自分たちがその指導を得て、表現をしていくことが大事なのかなと思った。「もっと自分を律さなければ」という気持ちを、千晶先生によって気付かされる。

エリ・・・メールを見たときはカッとなって、来ていただかなくてもいいと考えてしまったが、後から冷静に考えてみると、「この劇には千晶先生は必要だ」と思った。作品を作っていく上で、色々な人の意見を取り入れることはとても大事。ここで「もういいです」と言って断ち切ってしまうと、可能性がなくなる。怒られないために頑張るという雰囲気はいけない。なるべく自立しようと思う。

トキ・・・エリの意見に同感。まだ自分たちは、全然自立できていない。本当なら「もう自分たちでできます」と言いたいところだが、まだまだそういう状態ではない。

チカ・・・冷静に考えると来ていただきたいとは思うが、メンタルが絶えきれていないのも本当。千晶先生が来てくださることが、恐怖でしかなくなってしまった。怒られたくないという一心でやってしまうので、その切り替えがまだ見いだせない。が、この作品を良くするためには来ていただきたい。

ミサ・・・この作品は私たちがつくっていかなければならない。去年受け継ぐべきものが、受け継がれていない。怖いから怒られないようにと、演劇してしまう。

片岡先生・・・作品の質を高めるため→必要   今後のぶた芸の成長のため→不必要
つまり、作品を作り上げることで自主性と自分で表現することを失う。やらされてる感がある。

カナ・・・作品が良くなるならいいと思うけど、自立するためには頼らない方がいいかも。自分のいう『自立』というのは、千晶先生の考えだけではなくて、自分たちで考えること。


先生は、私たちのためにやっていると思ってやっていたことが、実は迷惑がられていたということが分かってショックなんですよね?私は迷惑だなんてこれっぽっちも思ってませんよ。だって先生の厳しく的確な指導のおかげで、私は演劇の楽しさや厳しさ、ルールを学べているんですから。それは先輩方やシンさん、同級生のみんなのおかげももちろんあります。しかし、やっぱり一番すごいなって思うのは千晶先生です。
私、入学したてのころに開かれた離任式で、初めて千晶先生を知りました。正直な第一印象は、声が素敵で他の先生方とは違うということです。人を引きつけるようなしゃべりをしていらっしゃったと思います。実際、私は聞き入ってしまいましたよ。そしてその後、先生の指導や演技(?)を見て、やっぱりすごいな......と思いました。こんなに演劇が似合う人がいるんだー!とか。まだ全然演劇のことを知らないうちにこんなこと言ってるのもなんですけどね。でも率直にそう思いましたから。
そしてそんな先生に今私は演技を指導されている。経験や演技力はもちろんでしょうし、演出のつけ方だって、いくら私が頑張っても一生懸命やっても、今の状態で千晶先生並にできるはずがありません。それをできるようになるには、先輩方やシンさん、先生方の背中を見て成長していくしかないと思いました。それができて、自分の演技に自分で活かせられるようになったら、それは少なくとも『自立』といえるのではないでしょうか?先生なしで完璧な演技をして、完璧に演出をこなして、完璧な作品を作り上げる、ということだけが自立ではないと私は思います。先生や部員からのダメ出しを自分なりに理解し、その解釈を演技に繋げ、自分で思う存分表現がしたいです。
しかし、まだどこかにためらいがあるんですよねぇ....
先生や先輩方の方が確実に経験があるし、それがない私たちの頼りない意見なんて優れてはいませんよね。
まずは私は、
・思いついたことは即行で言う ・人のダメ出しについても考える ・人に頼りすぎない
という課題をクリアできるようになろうと思います。できるようになるというか、常にそういう状態でいたいです。多分自分が2年生とか3年生になったら、今よりもためらわずにガンガン発言できるだろうと思うんですよ。「今はできない」「どうせ私なんて...」という自分を打破することが、私にとっての『自立』かなぁって思います。
私は正直、勝つためにやりたいなって思いました。目標があると本気でそれに向かっていけるし、目標がなければ(ここの場合、勝つとか関係なく何もかもに全力で納得いくようやるだけって意味かもですが)勝つためにやった劇と比べ、色々な部分に欠落が生じると思います。欠落というか、違いというか。その違いがはたして良いものなのか悪いものなのかは分かりません。
何を求めるかですよね。みなさんの言うとおり、何を目指しているのかとか全く分からなくなりますね。千晶先生が来られることで私たちが得るメリットは、より高度な劇ができ、大会にあがっていけやすくなるということ。
デメリットは、先生の勢いに押されて意見を自分から出せなくなるということ。でも、これを自分で乗り越えられれば、自立って言えると思います!
来られないことで得る(?)メリットは、意見を出さざるを得なくなるから意見を出し合うようになるということ。
デメリットは、大会に通用する高度な劇にできる率が下がるということ。私は、「それはイヤだなぁ...」と思いました。最終的にみんなが納得できる演技ができればいいという考えには、賛成です。それが達成感に繋がるのも、分かってます。でも「劇自体のレベルは下がる」と言われたら、もう本当に歯痒くて仕方がないんです。何か心にひっかかってしまうんです。
まぁ私個人の考えですけどね。ぶた芸に入った理由がそもそも違うと思いますし。
私は、厳しく辛いと噂のぶた芸で自分を試したいなと思ったのもありますし、ただ単に演劇に興味があったのも、両方あります。だから、常に最高な劇を見たい(したい)です。

だらだらとどーでもいい話を綴ってしまいましたが、結論を言うと
私は千晶先生にこれからも来ていただきたいです。その中で自分の葛藤があるなりして、成長できたらそれはもう自立ですよね。だから、先生がおられるおられないで自立できるかが決まることはないと思います。
これからも私たちを指導し支えてくださったら、私は嬉しいです。




さて......
なんか読み返してみると、きれいゴトばかり書き綴ってるなぁ...って感じました(-_-)ルートに怒られますね。
でもこれが今私が考えていることの総まとめです。文章にする力、どうやら私にも備わっていないようです。
普段の話し合いでなかなか意見をまとめ、口に出せない私を許してください。

今日も時間の使い方を誤りました。現在AM03:10です。もっと素早く書く努力をしたいです。
おやすみなさい。
【2012/07/15 03:10】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
7/14(土) 『再スタート!』

こんばんわ! 今日の担当はタマです☆
……正直色々なことがあって、何を書けばいいのか全くわかりません、あと、一回書いてる間に寝落ちしてしまって、UPするのが遅くなってしまいましたすみません…(´Д`;)

とりあえず今日の内容なのですが、今日は朝部員全員が集まってから、ちあき先生との今後の関わり方について話し合いをしました。

ブログのコメント、ちあき先生と部員の間でのメールのやり取りの内容などをみんなで確認しながら話を進めていきました。きちんと自分の考えがまとまっていた人もいたのですが、メールでのやり取りが主だったためか相手の感情がよく伝わらず、苛立ちと疑問で渦巻いて、余計に悩んでしまっていた人が多かったように記憶しています。違っていたら、皆さんごめんなさい。
それから結局、メールではなくてやっぱり直接会って話し合った方がいいということになり、時間も大分過ぎていたので、ペロキャンのシーンの練習をしました。
けれどし始めてから少しして、ちあき先生が来られたので、練習を中断して、再度話し合いをしました。

内容を控えてないため、本当に何を書けばいいのか全くわからないのですが、とりあえずちあき先生もご自身で色々と考えていたということが分かりました。ハチさんなどからのメールを読んで、少し必死になり過ぎていたことに気づいた、ひどく落ち込んだが確かに的を得ていると思った、など、こういった雰囲気のことを仰られました。……文章にするのって難しいですね、作家さんってすごいなぁ…

ちあき先生の思いを聞いて、本当にこれから先どうするのかを考えました。

昨日から『自立』という言葉が出ていましたが、演劇のことについて私たちはまだまだ学ぶことがたくさん残っているに、簡単に自立ができるわけないし、本当に自立をしたいのなら、ちあき先生からきちんとさまざまなことを学んだ上で、離れていかなければ、今のままの状態から自分達だけでやるとなるとかなり厳しいのでは、自立とは少し違うんじゃないか、という意見が出ました。
しかしながら、ちあき先生が来られると、何かしらの圧迫感というか、恐怖感とかいうものを感じてしまう人も多いという事態。

そういうことも踏まえて、ちあき先生にはこれからも来ていただいて、なにか指導をしてもらうということになりました。ただ、ちあき先生基準の指導ではなく、私たち基準の指導をしてもらうことに。私には、私たち基準というのがイマイチよくわからないのですが…あ、なんかごめんなさい(-_-;)

えと、これで一段落ついた…のかな??私的には一段落ついたと思うのですが。これからはちあき先生の力もお借りしつつ、自分達の意見をしっかり言って、でも前のようにちあき先生主導ではなくみんなで作品を作り上げていけたらな… と、か、思ったり…あーもーなんかよくわかりませんすいません!←

はい、ではここからはその後の練習内容です。

まず職員室。一回目の職員室は、以前の職員室とは少し違ったものになりました。

というのも、以前は主要人物は立って話をしていて、コロスは座って仕事をしているという設定だったのですが、今回、主要人物も座って仕事をしているということに。
ただ、白金は生徒会担当の先生なので、このシーンの一番始めに、『ちょっと先生方、制服についての臨時職員会議が4時からありますので、出席よろしくお願いしまーす!!』という呼びかけを中央のパネル付近で行うことに。その時のコロスの反応も、ため息をついて明らかな拒絶反応をし、そこから四隈が『反対です。』と言い、その台詞に白金が『会議問題について反対ですか、それとも制服廃止についての問題ですか…?』と聞き、後は以前のまま、『教員から~』と続きます。ちなみにこのとき草枕は出ておらず、四隈の『教員として、もっと毅然とした~』の辺りでひょっこり現れます。

次の職員室では、草枕の『早く行きたければ~』の後に白金が『はぁ~…』と台詞にたいして感心(?)し、それの後に続くようにして羽生が『アフリカン~』と言うことに。またまたちなみにこの『早く~』の草枕の台詞をゆっくりめにしゃべるとのこと。

続いて四隈の授業仕分けのシーンでは、四隈の『そうやって甘えて~』の台詞の時に動かないでしゃべる、有芽の『でも四隈、全然~』の所と、『そうやって数学アレルギーを~』の所のコロスの反応を有芽に同調する感じで『そうそう。』や、『そうだそうだ!』と言うことになりました。また、有芽の『わからんお前らで~』の台詞で、有芽は上手のコロスの方に移動をします。そのためにも、コロスはしっかり有芽に同調を。

ここまで練習をしたのち、5時から装置のペンキ塗りに取りかかりました。作業中、なぜかみんなテンションが高くて、(とくに一年生の…)とても楽しかったです(笑)

そう言えば、トキが『練習が楽しいと思ったら時間があっという間に感じられる』と話していました。私は今日、楽しかったし、1日があっという間に感じられたのですが、みなさんはどうだったのでしょうか??

これからもそんな日が続くといいな、と(*^^*)

あ、気が付くととても長い文章になっている。

それでわこの辺で!本当、長文で読みづらいと思います、すみません。でわ


【2012/07/15 03:33】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
変わらない日常
こんにちは。
今日の担当はわたです。


今日はまず通しをしました。で、その通しで出たダメ出しをもとにやっていきました。まず、授業仕分けのシーンで有芽が四隅に過剰に反応していること、それに対して四隅が引いていること。色々なシーンでコロスがうるさかったり何を言っているかわからなかったりと中途半端。SOSの曲がない方がリズムが調整しやすいのではないか。といのが大まかなダメ出しです。
他にダメ出しされたシーンを昼までやるのと並行して、5時から色塗りができるようにパネルに新聞紙をはる作業もしました。


午後からは、ダメ出しされた細かい部分を直していきました。例えば、最初のシーンでは、開幕の時の音楽と演技のテンポが合ってないなどです。そして、有芽が過剰に反応するのは、彼女が勉強アレルギーであるからではないかと考えて、少し前のシーンで有芽が勉強アレルギーを出すシーンを演出しました。それから2時前に先生方が8月4日の公演会場の視察に行かれたのと入れ違いにChi先生が来てくださいました。
それから練習中に思い立ったのが、開幕の音楽と閉幕の音楽をコロスが歌う。ということです。と言うか、いっそのこと全ての曲を歌ってしまおうということにもなったのですが、エリが歌うのに反対しました。なぜなら、華がない。ミサもラストに向けての疾走感がないと言っていました。僕も、まだ歌があまり上手じゃないからかも知れませんが今は少し盛り上がりに欠けている感じがしています。なので、この件は保留になりました。歌が上手くなってから判断をしたいと思います。
その後、Chi先生も用事があり少し、抜けている時間にダメ出しされたところを直す続きして、今日は5時に終わりました。それからは大道具にペンキを塗っていつもの時間になるまで作業を続けました。


では、今回はこの辺で。
【2012/07/16 06:46】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月16日 昨日の練習について
こんばんは。カナです。
昨日の練習について話そうと思います昨日は有芽の勉強コンプレックスのシーンと年下の男の子のシーンと声音響の練習と、職員室のシーンとラストのシーンなどの練習をしました。年下の男の子のシーンは何回もやってとても疲れたけどペロキャンは明るくて素の自分と性格が全然違うのでこのシーンはやっていて楽しかったです。授業仕分けのシーンはセリフを言う時怒りや不安をもっと先生達にぶつける事ができたらいいと思います。このシーンも私は楽しんでやれてるのでこのまま頑張って行こうと思います。声音響は最初は上手くできるか自信がなかったのですがなんか練習したら楽しくなってきて、もっと頑張ろうと言う気持ちになりました。職員室のシーンは先生達の話を聞いて反応をしていくようにしたいです。ラストシーンはだいぶ演出が変わったので間違えないようにしたいです。明日も頑張ります!
【2012/07/17 00:01】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月17日 (火) 「考えて動く」
こんにちは
今日ブログを担当するモモです。


今日は最初に発声代わりに歌の練習をしました。
歌うところを最初から最後まで通して確認していきました。
その後は12場の職員室を練習しました。
ここの場面は授業仕分けをされた後なので他の先生達のテンションを下げていきました。一人だけ授業仕分けをされていない草枕に対して他の先生達は悪口を言って険悪な雰囲気を作っていきました。他の先生達は毎回草枕がしゃべり終わるまで全て話を聞くのではなくて、最初だけ話しを聞いて後はみんなすぐ仕事に戻るようにして切り替えをしました。短いため息をしたあと仕事に戻るというところに注意しました。
また、プラチナが草枕に賛同しているところでは他の先生達はプラチナに対しても差別意識をもつようになるところを描いていきました。あと、先生同士のおしゃべりの声のボリュームを低くしました。


8場の東大一直線運動のところでは生徒達は最初はワクワクして盛り上がっているが懸命に勉強をしてもらうという言葉でみんなが静まり帰って文句を言い出す感情の変化や差を気をつけていきました。生徒達はルートの東大という言葉を聞いて海にある灯台?と別の物にとらえる人がいたり、色んな反応をしました。
ここでは一人一人のその場のアイデアで海や灯台のマネを体で表現しました。
騒ぎすぎないよう声のボリュームには充分気をつけて目線の高さにも注意していきました。


「ドキドキ」でも一つ一つのセリフは誰に向けて言っているかきちんと考えながら動くことが大切なんだなと思いました。
これから暑い日が続きますが暑さに負けず自己管理に気をつけてはりきっていきましょう。
【2012/07/17 22:35】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
7月18日(水)直往邁進
こんにちは。マカですっ!!
梅雨も明け、厳しい夏の訪れを蝉の鳴き声とともに感じる今日の頃です・・・。
暑さに負けないよう、体調管理には気をつけたいですね。



今日は始めに発声として歌を歌いました。
オープニングの曲→もっと大きな声で!
         若干揃っていない。 
         ベースや、ドラムが入るまでのデレデレデレデレ~♪の間に
         音が無いから入れたほうが良いのではないか。

セーラー服を脱がさないで→歌が他の音に負けている。

SOS→ベース・手拍子(←有芽)・バイオリン・リズム刻むやつ(?)・歌のパートに分けて歌う。
  音などをきっちり把握するようにもっと練習が必要。
  
エンディング→みにくい~♪のところが聞き取りづらい。
       だから、その部分のメロディーを変える または、キ-を上げて歌うべきではないか。
       おつ華麗の伸ばす部分の長さは1拍。
       
歌のあとは、八場「始動!東大一直線運動」をやりました。

ショキピン・手を振る時間が長すぎるから、サインを描いたり握手などをする。

「・・~二色刷りだよ」「赤点」「いよ、それでこそ私らの副会長だ!」
→しっかり騒いで、ルートの心を逆なでするように

「やっぱり馬鹿だよこいつら。」→生徒怒るなどの反応
               →ショキピン、有芽落ち込む→ルートの話を聞く

ルート・勉強はね、下克上を~・・からは有芽・ショキピンにむけて声を飛ばす。

ルート・叫びすぎない 「一生負け犬で過ごすつもり?」→「一生負け犬で過ごすつもりなの?」
     →この台詞を受けてショキピンがやる気になりはじめる。

生徒の心情の変化が急激過ぎるため、「九九さえ~~誰が来ようが無理なの」までカット
    生徒がステージに上がってくる時は必ずボックスを乗り越える。

ラムダ・次のシーンに間に合うように抜ける


抜けているところなどあるかもしれません・・・。すみません。
今日は、生徒やルート、ショキピンの心情の変化や、どの台詞が誰に向けて言うべきなのかなどを考えて台詞の振り分けを変えたり、言い方を変えたりしました。

練習する中で、新しくなったこのシーンがどんどん良くなっているのをすごく感じます!!

直往邁進・ためらわずにまっすぐ突き進む!!
この言葉どおり、これからももっと良くなるよう突き進みたいです!

今日の練習もとても有意義でたのしかったです。
明日からもそうであればいいなぁ・・・♪

1人風邪でダウンしてしまったので、冒頭にも書きましたが、無理をせず体調管理にはもっと気を遣いたいですね。

それではこの辺で。
【2012/07/18 23:54】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月19日(木) 初心忘るるべからず
こんにちは。今日の担当はエリです。

明日からいよいよ夏休みですね!

さて、今日の練習はまず歌の練習からしました。
昨日の記事にもマカが書いてくれていましたが、今ラストの歌の「みにくい」の音程をどうするか意見が分かれています。元々「みにくい」という言葉は言いにくくさらに聞こえくいので、チカやユキからキーを上げてアレンジしてみてはどうかという案が出ました。ですが今まで元のキーで慣れていた分違和感を感じる人もちらほらいて、私も元のままの方がいいかなぁ~と思っています。
というのは、「これだけみにくい世界」という歌詞が2回あるのですが、1回目の「みにくい」の部分のキーを上げてもさほど違和感は感じないのですが2回目の「みにくい」のキーを上げると、次に続くメロディーの関係でどうしても音程がおかしくなってしまうのです。だから今1回目はキーを上げて歌って、2回目は元のままで歌っているのですが、私はそこに違和感を感じているのです。変えるのなら1、2回目も両方そろえて変えた方がいいと思うし、または元のままがいいと思うんです。どちらかが元のままだったり、新しく変えた方だったらなんだかおかしい気がするんですよね・・・。
とりあえず、まだこの問題は答えが出ていないので明日いらっしゃるシンさんやルカ、片岡先生などに見ていただいて意見を聞いてみようということになり保留になりました。
SOSのメロディもまだまだ極め甲斐がありそうです。特に私やタマ、モモ、カナが担当するバイオリンのパートは昨日練習したことをほぼ忘れていて今日はボロボロでした。もっと練習して、きっちり歌えるようにしたいです。


次に昨日の続きで八場をやりました。
シンさんが原稿をチェックしてくださったのが送られてきたので、それに基づいて演出をつけていきました。
前よりぐっと感情の流れもすっきりしていてわりとサクサク進んでいきました。
・「無理だよ無理~留学生を手配しました」までの流れはテンポよく
・「だれが来ようが、現実問題・・」でショキピンと生徒がかぶるので生徒はラムダが登場したあたりから上手へ寄る
ただ、今のままではルートが「やるしかないんだよ。」と一人でやる気を出していて生徒、ショキピンのやる気がいまいちでていないような気がします。ここの生徒達の心情の変化が難しく苦戦しています。
私は次の職員室のシーンでちょっと先生達に活気があふれていること、ルートの強い影響力を出すことにつなげるためにここのシーンで生徒も「おお!やるぞう!」とやる気を出した方がいいと思っているんですよね。しかし今のルートのセリフ、ふるまいだけではちょっと説得力に欠けていて、生徒達がやる気をだしたらあまりに急で嘘の反応になってしまいます。ルートのセリフの言い回しをもっと研究するか、生徒達の反応をもっと極めていくか・・・。
しかし昨日、一昨日からずっとこのシーンをやっていて全く進んでいないということでとりあえず動きをつけただけで流すことにしました。

その次に最後の職員室のシーンをやりました。
草枕先生が周りから浮いているかんじを出すように意識して演出をつけていきました。
授業仕分けにぐったりしている先生達の所に草枕先生がさも何も考えていないような風に歌を歌いながら入ってきて、その瞬間先生達がジロッと見るようにしました。その後はコソコソ話す先生達もいたり、ムッとしながら自分の仕事に戻る先生もいたり。
途中トモもちょっとのぞきにきてくれて、いろいろとアドバイスしてくださいました^^ありがとうございます。
それにしても、お茶というアイテムは魅力的ですね。草枕の存在感が以前より出てきたように思います。でももっとお茶をすする音や「あ~」の言い方とかを頑張りましょう!^^
続いて最初の職員室のシーンを同じように演出していき、22場の季節が変わったことを表すためにハミングで「ほーたーるの、ひーかーりが・・・」とコロスで歌って、春のイメージを表現してみました。


そして部活が終わった後、2年生の一部で舞台監督者会議の役割分担をしました。

舞台(質問)・・・ミサ、ルカ、チカ、ポチ
舞台(数値)・・・エリ、トキ、カナ、マカ、ユキ
照明・・・マリ、ユウ、エミ、モモ、ミイ
音響・・・ナミ、ワタ、タマ

舞台監督者会議ももう来週なので、抜けがないようしっかり準備していきたいです。


地区大会まであと1ヶ月を切りました。8月4日の公演はもうあと2週間とちょっとです。
最近そのせいか私自身焦りがたたっていらいらすることがしばしば。本当、申し訳ないです。
けれど時間をかけてやっていっても「何も変わってないじゃん!!」っていうことが多くてすごく悔しいんです。でも、そんな時でもちょっとは前進できているのだと信じて、明日からもみんなでつっ走っていきたいです。
あ、あと昼休みの発声の集合率が悪いです。来れない人はその旨をだれか部員に伝えてくださいね~・・・。あ、でもそういえば明日から夏休みだからあんまり関係ありませんでしたね・・・。笑


それでは今日はこの辺で。
【2012/07/20 00:55】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7,20 はき
こんにちは 今日の担当はときです。
 
今日から夏休みですね。暑い熱いこと。頭が回りませんな。覇気も奪われる
が、毎日頭を働かして頑張っています。皆話し合い以来覇気をもってがんばってます。
 
今日は12時くらいに学校がおわったので早めに練習にはいれました。
まずは最近ミィが休んでいたのと感情の整理がなってなかった東大一直線のシーン。
少しセリフを変えてなんとか流れはできたましたが理の反応がしっかりできてなかったのでここをキチッと作ればなんとかなるはず。
 
コロスが出てると正直、シーン構成が難しいからです。
一人一人作らなくてはいけないからか?
絶妙なざわめき感がむずかしいのか?
しかし、コロスを作ることは新たな演出をしなくてはいけないことで、プラス要素でしょう。
 
次に部活動撤廃のシーン。
このシーンは演出はつけたがあまり練習してなかったということで間・立ち位置が悪かったんです。
 
ので、始めから作り直すことに。
ゆめは楽しそうにやる気まんまんにして、理は学校改革には賛成でエアコン設置や独立採算制に胸踊りかけたが、提案したルートの狙いが弱者淘汰と察知するようにしました。
 
エアコンにつられるあたり理も人間であろう。
 
人間らしくしてあまり偽善者っぽくしないようにもした。これからそういったセリフに気をつけます。
 
これから夏休みに入って練習はきつくなりますが頑張りましょう。
僕も脚が折れてもついていくつもりです。
ただ、心身が気持ち悪いときははっきりいってください。なんか悩みがある時は皆で解決しましょう。吐きましょう。
その悩みは溜めてるうちはゴミですけど、吐いてアクションを起こせば善かれ悪かれ何か起きるから吐いてください。僕も聴くから。
 
ではまた明日がんばりましょう。
最近本当に学校で吐いたときでした。
【2012/07/21 01:00】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月21日(土) 反省ともどかしさ
こんにちは。ミイです!
今日は13時~19時までの活動でした。
まず、発声の代わりに歌の練習をしました。
そのあと、東大一直線運動の練習をして、通しをしました。

☆ダメ出し☆

(全体的に)
・一度つくった芝居は忘れないように
・変わった台詞に不安なところがある
・振り向くタイミングとパネルの動きだすタイミングがバラバラ
・コロスの台詞がかぶって聞こえない
⇒占中八策のコロス聞き取りづらい
けずるところあり
「日本一?」~「ありえねえだろ?」~「一つ、脱・制服!」につなげたらいい?
・オープニングの音、変えた方がよいのでは
・最初の職員室、コロスの出るタイミングがおそい
・かつぜつがよくない
・体調管理に気をつけること
・コロスの揃えるところは練習してピシっと揃うように
・ラストの歌
 「これだけみにくい世界~」のところの「これだけ」をほんの少し弱めると
 「みにくい」が聞こえやすくなる
 魂をこめて歌ってほしい
・SOSもっと遊んでもいいかも
・台詞は間違えてもいいかえない

(場面別)
一場 革命おこそうよ
・少年よ大志を抱けのとき、コロスがちゃんととまれていない
⇒「け」でとまる

四場 おわんこ倶楽部、脱・制服
・セーラー服の歌いだし、自信もって

五場 抵抗勢力!?
・台詞忘れないように
・タイミングがおかしい
(コロスの入るタイミングなど)

六場 ぺろぺろキャンディーズ
・後半、家庭につなげるためにも理が倒れた方がいい
・有芽の台詞、聞こえずらい
⇒BGMに負けている?

八場 始動!東大一直線運動
・コロスの台詞がはやい
⇒へらした方がいいのでは?

十場 授業仕分け
・羽生の授業前
コロスで反応している人としてない人がいる
「なんかいや!」の有芽の立ち位置悪い
「テスト返し~」なくていい
・四隅⇒振り返るときの動きが不自然
    心情がわからない

十一場 職員室
・四隅⇒語尾が抜けていて、突然声が高くなっている
    「うそっ」をカット

十三場 ひとり頑張る演劇部
・NHKのところはけずった方がいい
⇒「全国大会に優勝すればきっと取材にきてくれますよ」に変える
・「12万もどうやって消費してたの?」のあと、すぐ答えすぎ

十五場 有芽の卒業
・有芽が暗すぎる

十六場 老人の与太話
・「先生、それってテストに~」のところがなまっている

十七場 自ら立ち上がれ!
・ギロチンのやり方がおかしい

二十場 告白
・パネルの動きだし早い⇒余韻がない
・ルートが去る時
「失礼しまーす!」が「失恋しまーす!」に聞こえた

二十一場 さらば、ルートよ 西日の射す河原の再来
・聞き間違いをするタイミングがおかしい
・コロスの動き出すタイミングが早い

です(*^_^*)
おおざっぱですみません。

そのあとはダメ出しをもとに練習していきました。

(変更点)
・GTH~のくだりをカット

・SOSに掛け声を追加⇒「みーちゃ~ん!」「はーちゃ~ん!」
・理、有芽の心の変化を描いた
・有芽、「バカ?」から「どーせバカだよお~」までの言い方に変化を
・ルートの「勉強はね~」ドスきかせて強調
・理、「ルートすげー!」と繰り返す
・有芽、「ごめん私やるよ」を入れる
・「絶対無理って言わない!」を追加

・四隅の語尾を工夫して、いやみな感じにする
・草枕の「はあーー。」をもっといらいらさせるように
・コロス、白金の「はあ、なんか校長先生と~」の時に、白金の方を見る

以上です☆
メモれてないところとかが抜けてるかもしれないですが…

最後に、二日も休んでしまってすみませんでした!
おまけに、喉まで痛めてしまって…
最近、諸事情により、寝れてなかったことが原因だと思います。
自分が情けないです。
もっとやりたいのに、体がついてこなくてもどかしいです…反省せねば!
体調管理には気をつけていきたいです。
頑張っていきましょう☆彡
それでは、この辺で(^v^)
【2012/07/21 23:15】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月22日 切り開かれた道
チカです。
今日はイセさん、583、chi先生がいらしてくださり、通しを観ていただきました。
イセさんは初見の目線から、583は新しくなったのは初めての目線から感想をいただきました。

・ビジュアルはよかった。(パネルの移動など)
・ストーリーが初見には難しい。家庭シーンがリアル過ぎて、学校シーンにピンとくるところがない。嘘くさい。
・ルートのセリフが薄っぺらい。上にいきたいだけの人。
・ルートに最初から不満分子をいれていたほうが◎
・日本を変えようと思いたつ、事件をいれてみたら
・現代社会の問題への意見をセリフにいれて
・コロス、もっとキレを・家庭のパネルを逆にしてみて
・理、ルートはセリフの感情をきちんと理解して、何が言いたいのか考えて
・コロス、ウィスパーがうるさい
・①家庭 「受験に落ちた」抽象過ぎる。具体的に
・初めての言葉はわかりやすく、丁寧に
・アイドルが多い。減らしてみて
・ルート ぺろキャンの時は悪代官にならないように、本音を喋って。叫び過ぎている。
・占中八策はルートをカリスマに。生徒は最初ノリノリだけど、だんだん不満をもつように。テーマを勉強に絞ったほうが。
・Japanese Dream のシーンはセリフを具体的に
・理、もっとばあちゃんに対するイライラを表して。
・理、「市立大へ~」は毅然として。
・コロス、揃える為の間をつくらない。

他にも「このシーンとこのシーンは一緒にできる。」「このシーンは整理できる」など、たくさんのシーンについての意見を出していただけました。ありがとうございました!次々とアイデアが出て、それを書き取るのに精一杯でした。客観的に見ることは大事なのだなぁ、と実感しました。
玖珂の公演まで時間がないですが、試行錯誤を続けていきます。
お楽しみに…!
【2012/07/23 23:16】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7/24【忘却への反省】
はい、忘却。
昨日ブログをうpするのを忘れていました。まず一つ目m(_ _)m
そして二つ目。昨日の練習の内容、決まったこと変わったこと、今から練習に飛び込めば思い出すのですが、
今何やった?と聞かれると・・・・・・忘れましたという結果に。。。まことに申し訳御座いませんorz三


しかし「忘れました」といってこれ↑だけで「はい終わり」というわけには致しません。それは勿論。

えーっとですね、、、昨日は、パネルの動きとか、ドアパネルと壁パネルの位置とか、持つ人とかを
変えました。ほぼ全部変わったので、変わった後のエアパネルでの通しは半分パニック状態でした。
でももう大丈夫です!

練習全体としては・・・・・
ダメだしを元に気になる所とか変わる所とかの確認をしてから、通しをして、さらにその通しでも
気になった所を重点的にやっていきました。ハズです!

えっ・・・と、それでは・・・かなり短いですがこれで。。。
↑グダグダな上にもし違ってたらごめんなさい!!><
【2012/07/24 23:13】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
量より質!?
こんにちは、まりです(・∀・)ノ

今日は舞台監督者会議がありました。
決定事項は…
【舞台】
・吊り物(占中八策パネル)は、リハーサルの時(大道具を設置する前)に吊る。吊るための糸?は用意してもらえる。
・パンチカーペットを使用(釘打ちOK)
・幕の操作は生徒が行う。ただし、スタッフさんに一言言ってから操作すること!!
・パネルを立て掛ける物を持参する。
・釘打ちした人は、釘打ちした数と必ず同じ数抜くこと!!
・きっかけ台本を一部用意する。
・着替えは上手、下手で可能。着替える時のために、ライトをつけてもらえる。

【照明】
・下手SSのゼラの色を変更(#52→#54)
・スペシャル明かりを一灯追加(夕日:#31)

という感じです!!


また、会議の合間に何回か声出しをしました。
叫び過ぎて逆に聞こえなかったり、少し残響がして鮮明にセリフが聞こえないという部員もいました。喉ではなくお腹を使ってちゃんとできるように、発声のときから各自気をつけていきたいです。
ウィスパーでコロスが言うセリフも、下手と上手とがずれてて聞こえないということだったので、セリフの速さとか合わせるように練習したいと思います。コロスの動きを合わせたりするには、とにかく練習あるのみです!!

本番までわずかとなってきています。練習量はすごく大切だと思いますが、練習時間が短い分、練習の質が大切になってくると思います!!
すぐ違う話しに脱線したりすることが多いと思うので、きちんとやるときはやって少しでも作品の質を上げていきたいです。

どんなに願っても時間が長くなったりすることは確実に不可能なことなので、今私達に与えられている時間の中で一生懸命できたらいいです。

それでは、この辺で(^-^)
【2012/07/24 23:44】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暑さに負けないっ!(7/25)
こんばんは!ポチです(^^)/
片岡先生!女の子ご誕生、おめでとうございます!!
あこ先生に写真を見せていただきました。とても可愛かったです(*^_^*)
新たなご家族と一緒に、これからも頑張って下さい♪


今日も1年生が、11時35分まで課外でしたので、部活は12時からでした。
いやぁ、今日もずいぶんと暑かったですねぇ....(^^;)
そのせいか少しだらけてしまいました....いけませんね。明日からもっとてきぱき動こうと思います!

今日はまた新たな台本をいただきました。前よりも内容が濃くなったというか、社会への不満感がたくさん盛り込まれているなと感じました。難しいなと思うセリフもありますが、自分でもっと勉強してすべての内容をきちんと理解できるようになろうと思います!

最初にルートと理の場面を集中的にやっていきました。1場【革命起こそうよ】では、新しく通りすがりの岩徳高生が登場しますが、マカとミサになりました。2人はルートや理とカブってしまうので、上手の山台あたりで言ってもらうことになりました。
「少年よ、大志を抱け!」のセリフは、ルートが理にだけ言ってる感があるので、ルートもみんなに言える言葉に変えようということに。とりあえず今日は「若者よ、希望を抱け!」でいきました。
何か、若者全体に言えるかっこいい格言、ないですかね.....
今日、誰かが言ってた「我が道をゆけ」みたいなの、私は結構好きですよ(*^_^*)でも、なんか内容的には違うかなぁ...と。とりあえず、色々探してみます!!

次に、13場【弱者排除】で、2人の立ち位置や、セリフの変更をしました。主に三角の周りで展開されます。
私はもっときちんとセリフを覚えようと思います....。
7場【始動!東大一直線運動】では、コロスの生徒のカブらない立ち位置の確認やカナのセリフを少し削ったりしました。私、今まで、白紙委任を「はくしんいにん」と読んでたんですよね....「はくしいにん」ですね!確かに見たまんまだ....。もっとちゃんと確認します。
3場【華麗維新、始動】の次は職員室のシーンなのですが、場転のきっかけはマカのため息になりました。で、その次の5場【ぺろぺろキャンディーズ】では、有芽さんがぺろきゃんを紹介する時に動作を加えました。ぺろきゃん達と有芽で、EXILEのあのクルクル回るやつをやります。キレイに回るって、とても難しいですね...。2年生方のクルクルはとてもキレイでした!!モモ、カナ、ミイ、マカ、あれを目指して頑張って(^^)

最初にも書きましたが、最近とても暑いしついだらだらしてしまいます.....
もっと気持ちを集中させて、真剣に練習に取り組もうと思います!!!

それでは、さよなら(^^)/シ
【2012/07/26 00:02】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
夏と歌とブタ芸部員(7・26)
こんにちは今日のブログ担当はミサです。
今日の暑さは尋常じゃなかったですね。水分補給は大切です。でも水ばっかり飲んでちゃだめですよ。最近よく売っている塩飴などは体内の塩分濃度をもとに戻してくれる救世主です。活用、活用(^v^)

さて、今日は最初に一場の流れを確認しました。コロスが心象風景を表すのにざわざわっていうより風を吹かせたらどうだろう?ってことです。それもありだな…と思いました。
ルートが座ると同時に鳥が鳴き始めるということを、最初忘れてしまっていました。
少年よ大志を抱け、を変えて、若者よ希望を抱け…でしたっけ。なんかしっくりこないんですよね。いい言葉ないかな~、って模索中です。

あと、東大一直線運動のところをしました。早口なところが多く何言ってるのかわかんない!ってところが多かったです。はっきりしゃべらないと伝わるものも伝わりませんからね。
コロスがざわざわしていてルートのセリフの初めが聞こえないという事態がよくあります。ここの場合、「それは、」や「なので、」をいれることで改善できますが、あまり多用するとまずい気がします。
ルートの言葉で生徒、ショッキングピンクレディー、有芽と理の心がどう変わっていくかを丁寧に創っていったのですが(目配せ、顔を見合わせるなど)、まだまだやれることはあります。

それと演劇部のところをしました。最初の演劇部のシーンの「パンがなければ~」の言い方に苦戦しているようです。
あと花のセリフが多いかな、って。削れるところは削っていきます。全体的に、ですけど。動きをもっとつけていきたいですね。
二番目の演劇部のシーンは、一人劇「アントワネットのショートケーキ」を改造。フランス→おフランスなどさらに豪華に。まあ、セリフは増えてませんけども。
ストーリーを考えながら、セリフとセリフの切り替えを。演じ分けに注意!落語チックな切り替えをめざして!大胆に!

最後にこれらのシーンを流して終わりました。

最近、最初に歌を歌っています。やっぱり、スピーカーから流す音と、生の声では大きく違いますね。芝居は生ものといいますが、その通りだなと思います。一人一人の反応が変わるだけで全体が変わってくるのです。それは歌も同じ。キャラクターの気持ちを感じながらそれにあった歌を歌いたいです。

それでは今日はこの辺で。
ながんが。
【2012/07/26 23:59】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
7/27(金) 『残り1週間』
こんばんは(*^^*) 今日の担当はタマです!

今日は、ルートと理のラストシーンから始まって、ゆめの卒業のシーン、場転の練習、三回目の職員室のシーンをしたのち、18時少し過ぎから通しをしました。

~ダメ出し~

・パネル同士が擦れて音が出る。何かクッション的なものを付けた方が良いのでは。たまに黒子さんが見える。しっかり練習を!
・一回目の職員室のシーン、前のシーンからの場転が上手くいっていない。上手に他の職員が集まりすぎている。
・白金の立ち位置が全体的に良くない。また、草枕何者??状態。
・ゆめ :「そうやって数学アレルギーを~」の台詞、聞き取りづらい。少しボリュームを下げて。数学アレルギーという言葉自体、ピンとこない。少し簡単な言葉にしてみると良いかも。
・ゆめ :「何て楽な仕事だよね」日本語として違和感。「何て楽な仕事だろ」みたいな感じで、少し変えた方が良いかも。
・お母さんがパネルに隠されるとき、寸前で素の表情になっている。完全に隠されるまで表情を変えないで。
・お母さんがおばあちゃんのことを「お母さん」と呼ぶのは最後の家庭のシーンの時だけにして、それまではずっと「おばあちゃん」と言っておく方が印象が強くなる。
・理 :「ばかやろう、そこが良いとこ~」のシーン。草枕に対して好印象を抱いている意味が分からない。もっと早い段階から伏線を張っておいた方が良いのでは。
・花、理、ルートの三人のシーンの台詞を大幅にカットしても良い。
・今までは、「草枕の授業」→「マリーアントワネット」→「最後の家庭」という順番だったが、家庭とマリーのシーンを入れ換えても良いかも。
・花の「今年度」という言葉は、時制的に「来年度」にするべき。
・草枕の授業で、草枕はもっと老人のような話し方、動きをして。
・ルート :「そんなんで決めて良いのかー!」は、今はゆめたちの方に向かって言っているが、観客、世間の人びとなどに言う感じで。
・ルート :「理はその他大勢で良いの?」の台詞、もう少し簡単な言葉で。
・占中八策の大型部構想の説明は要らないかも。
・後ろ向きが多い。
・おばあちゃんの入りかた、扉から入って。

………こんな感じですかね…
まだあったり、間違ってたりしたらすみません。

8月4日の公演まで残り1週間!早いですね…
これからの練習、通しをする時間を増やした方がいいのでは、という指導を受けました。確かになるべく本番に近い状態で練習をした方が良いですよね。

よし、明日も早いし、今日はさっさと寝るぞ!

長文失礼しますたm(__)m
【2012/07/27 22:29】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
07/28(土) 『空』


タマです!
今日の帰りに撮った空、
とても綺麗だったので、upします(*^^*)
大きくなってて見づらいとか思ったけど、
全然大きくなってないという事実(笑)
やっぱり画像を送るときは
PCからの方が良いのかな…

それでは画像を☆(●^o^●)
  








まだまだあるんですけど、
メールから送ってるので三枚しか送れませんでした…(泣)

余談ですが、写真を撮ったときに
短時間だったのですが
なんと11ヶ所も蚊に刺されていました!!
お陰で今ムヒ漬けです(爆)
皆さん、虫除けって…大切ですよ…

でわでわ!

明日からも部活、頑張りましょー!

おー!г(^o^)┛"
【2012/07/28 20:21】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
空!
 
ポチです( ´ ▽ ` )ノ
今日、とても空がキレイだったので
みなさんにも見ていただこうかと!
 
タマとマカもupしてると思います♪
 
 
↓華陵高校から↓
 
↓華陵高校を出たところから↓
 
↓私の家から↓
 
 
↓私の家からPart2↓
 
【2012/07/28 20:33】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「空」 7/28
こんにちは。マカです。
空が綺麗すぎて感動しました・・・。
ぽち、たま、まかの三人で空の写真をアップします!

逕サ蜒・302_convert_20120728203336
逕サ蜒・296_convert_20120728203220
そら

今日の部活もとても楽しかったです。
これからも精進していきます。
【2012/07/28 20:44】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
7/28【連日、空、綺麗】
こんばんわ、ユキです(`∇´)ノ
私は空を眺めるのが趣味の一つなのですが、最近いつもきれいな空が一際美しいです。
タマ・マカ・ポチの三人も写真をupしていましたね、自分的にはマカの2枚目が一番好きです。

しかし最近暑い日が続きますね、塩分補給も大事ですがやっぱり水分補給って大事だなぁと今日痛感しました。
お茶が無くなりまして、まぁ具体的に言えば凍らせたお茶が全然溶けなくなったのですが・・・
そんなこんなで結果的に私の飲み物が数時間無くてですね・・・
汗が一滴も出なくなるという危険信号が・・・・Σ(゜□゜;
めっちゃ頭グラングランしました;;体調管理には十分気を付けましょう。

さて、本題に移りますと、
昨日部員達に無茶を言って私の友達をブタ芸の練習見学に連れて来させていただきました。
その際通し稽古を見た感想を載せようと思います。
あ・・・彼女通し稽古途中から行方を眩ませていたのですが、みそくそのシーンで泣いてしまい
泣いているのを見られるのが恥ずかしくて外に出たら出たで戻ってくるのが気まずくなって入れなく
なったんだそうです。
けど見てはいなかったけど、昇降口を出たすぐそばにはいたので、あらかたの話の流れは把握していると
言い張っていました。
そして、彼女からの感想(+ダメ出し)です。↓

・泣きました!
・息遣いが自分の学校とレベルが違い過ぎてヤバい・・・
・パン(マリーアントワネットの下り)が素晴らし過ぎる。
・華麗高校がカレー工房に聞こえた。高校名だと気づいたのはユキの台本を見てから。
・河原の時周りに居たのが何か分からなくって、考えた結果・・・妖精・・・?
・凄すぎて本当に・・・
・四隅の授業仕分けの時夢ちゃんの台詞何言ってるのか分からなかった。
・羽生先生の英語の発音が神がかっている。
・プラチナのキャラが凄く良いと思う。
・色々と考えさせられた。
・凄く良い内容だと思う。
・通しや練習を見ていると、部員全員が仲がいいんだなと感じた。

です!

彼女はどうやら地区大会も見に来てくれるつもりらしいので、
その時にはもっともっと感動させられるような劇ができるよう、精いっぱい頑張ります。

【2012/07/28 22:39】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
変わらないものなんて無い
こんにちは。今日の担当は、わたです。
毎日、暑過ぎて死にそうです。たしか部室に扇風機があったので明日持っておりときます。


今日は、早い人は7時半から公演での最終版脚本の印刷をしてくれました。
そして、8時過ぎ頃には部分稽古をしていました。
最初はラストシーンを。脚本を持ちながら動きをつけていきました。
台詞の言い方が主でした。どうしても台詞と台詞のあいだに間を入れてしまうので、それを詰めたりしました。
次は、開幕のシーン。伏線として草枕を登場させるようにしました。
その後は、台詞がかわったシーンの確認していきました。

午後からは、続きで台詞がかわったところの確認と昨日のダメ出しをもとにやりました。
四隅の授業仕分けでは、「そうやって数学~」の台詞を呟く様に、嫌味ったらしくしました。
その次に「弱者排除」のシーン。台詞を大幅に変更したので大変でした。
ここも、台詞の言い方や動きをつけていきました。
必死でやっていたら、結構何をしていたかを思い出せなくなります。
動きや言い方は覚えているんですが、どういう思いで言っているかがわからなくなっています。
脚本を読んで復習しておきます。

そして、草枕が授業で使う教材は何が良いかを決めました。
案1は、夏目漱石の「草枕」。案2は河井酔茗の「ゆずり葉」。
最終的には「草枕」になりました。椿が落ちるところを書いている所が、
色々な解釈ができるのではないかという点で選びました。

次に「ひとり頑張る演劇部」のシーン。
花をこれまでとは違い、ひいた感じから文句を言うような感じにしました。
エリが言い方で苦戦していました。それに演技も。
同じテンポに台詞がなるので、マシンガントークにしたり台詞を詰めたりしました。

最後に草枕の授業をやりました。
草枕が本を読むときにおどろおどろしい声で言うようにしました。


色々と気持ちの整理をしたら、吹っ切れてやる気が出てきました。
公演まで1週間切りました。やれることはやって公演に臨みましょう。

では今回はこの辺で。
【2012/07/29 00:52】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
毎日の時間を大切に
こんばんは。カナです。
夏になって暑くなって来たので、すぐやる気を最近失ってしまうので、暑さにたえて練習を頑張っていこうと思います。さて、今日の練習ですが、今日は場転の練習と、1つ1つのシーンを極めました。そして、動きが変わった所などの練習をして、6時から通し稽古をしました。まだ動きがよくわからない所があるので本番までにはわかるようになっておきたいです。そして、今日の練習で新たに動きが変わった所がいくつかありますが、そこを忘れずにやっていきたいです。
練習できる時間が迫られているので、1日1日の練習を無駄にしないように頑張りたいです。
明日も練習がありますが、今日上手くできなかった所をできるようにしていきたいです。
明日の練習も気を抜かずに自分のやることを常に意識して、明日も頑張っていきたいです。
【2012/07/29 23:36】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
7月30日(月) 気持ちをひとつに!
こんにちは。今日の担当はエリです。
 
 
今日は最初にセットの向きを縦向きから横向きに変えてから、12時30分くらいから通しをしました。
ダメ出しをしてから部分稽古をして、2時30分くらいからまた通し。
同じようにダメ出しをして4時30分くらいからまた通しをして、結果計3回通しをしました。
 
ユキのお母さんから差し入れでシュークリームをいただきました^^
ありがとうございました!
 
◎ダメ出しまとめ
・SOSの出方がパネルの真ん中から出ていてルートの「ばーかーれーい!」の出方とかぶってるからパネルのわきから出てみては?
・ひきわり→パネルを持つ人のみはける
 パネル→キャストのみはける
・有芽「そりゃあ協力したい気持ちは山々だけど…」はぶてたかんじに
・「L・O・V・E投げキッス」の歌いだしのLはっきり言う
・「いやだあ!」の前ちょっと間
・「河原で待ってるから」の後生徒→コロスへの切り替えができていない
・「何よこのマザコン!」の前にもっと感情の高ぶりを
・「謝れみんなに!」の時の生徒達の反応
 
などです。
 
練習が終わってから市民劇場を観に行きました。
こまつ座の井上ひさし作「闇に咲く花」(栗山民也演出)でした。
戦時中の話しで、当時の生活の大変さがひしひしと伝わってきました。
神主さんの奥さんや、神社に勤めている(?)女の人達の息の合ったリアクションや反応に思わず笑ってしまいました。
ラストの神主さんの息子さんの衝撃的なシーンでは、上下から太鼓の音やギターの音が聞こえてくるなど、とても見応えがありました。
役者さんの演技はもちろん、演出も音楽の使い方も素晴らしく、素敵な作品でした。
1年生も「観て良かった」と口々に感激を漏らしていました。
 
 
 
 
暑い日が続きますが、水分補給など小まめにとって体に気をつけたいです。
【2012/07/31 08:15】 | 日記~2012全劇研&地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。