スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
9月2日(^-^)
こんばんは!
今日のこの記事の担当はエミです(^o^)

では、さっそく今日を振り返ります!
今日は放課後になったらすぐ、今回の文化祭で公演する劇の大道具、小道具を体育館に持ち運びました。
しかし、下準備不足で大道具の設置に時間をとられてしまいました(^^;)
そんなこんなで、設置が終わった後、照明の明るさ、位置の確認。
そして、流しをして、忘れている台詞が無いかを確認しました。
確認した後、小道具や衣装、髪型を本番と同じにして、通しをしました。
体育館は声が残響がひどく、きちんと大きな声かつ、丁寧にセリフを言わなければなりません。
しかし、今日の通しのダメだしでは、
・声が小さい
・セリフがはやくて、無駄な間が多い
・言葉一つ一つを丁寧に発音する
と、言われ、これはヤバいなと思いましたが、明日が本番なので、練習する時間は明日の朝のほんの数時間しかありません。
というか、練習云々ではなく、今日のダメだしは自分達の意識の問題だと思います。
だから、明日はゆっくり話し、言葉を大切にするのを心掛けて演じます!

通しの後、ある程度、体育館のステージを片付け、コモンホールで話し合いをしました。
話した内容は県大会の脚本は規制脚本にするか、創作にするかということでした。
規制脚本がよいと言う意見もあれば、華陵の伝統を守りたいから創作がよいという意見もありました。
結果的に、創作脚本を作る人と既成脚本を探す人の2つに分かれて行動することになりました。
どちらにせよ、いい劇が出来るように頑張ります(>_<)



今日のアーツ
・大道具の搬入
・流し
・通し
・話し合い
スポンサーサイト
【2011/09/01 22:55】 | 日記 road to 文化祭公演 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
華陵祭公演~七人の部長~ 9月2日午前10時より
越智優作 「七人の部長」
9月2日(金) 午前10時~ 
@華陵高校体育館


ぶた芸部員の大好きな、川之江高校の「七人の部長」
国立劇場から帰ってきて、たった4日間で仕上げました。
拙いところも多々あるかと思いますが、是非、お楽しみください!!

七分1七分2七分3七分7七分8七部11

今回は、3年生の引退公演。

1年生たちは、照明・音響のスタッフとして頑張ってくれています。
七分4七分5七分6七分9七分10

ゆうが、県大会の脚本も頑張ってくれています。
明日の華陵祭公演が済んだら、2,3日で、なんとか、第一版を完成させる予定です!
今回の県大会は、時間がないので、諦めて、既成脚本を探そうという案も出ています。
ずっと発信しつづけてきた華陵の伝統を壊したくないという意見も…。
さてさて、踏ん張りどころです。

できるかなぁ!?

みんな、敢えて苦しんでしまう人たち……ブタ芸らしい!




【2011/09/02 09:48】 | お知らせ2011 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国立劇場のスタッフさんからのコメントです
顧問Hatchです。

ツイッターに載っていた、東京公演のスタッフさんのブログアドレス
今回の国立劇場上演校に対する裏方の立場からの意見です。
これまでそういう立場の方から率直なコメントを頂いたことが多分ないので、みんな謙虚に受け止めましょう。
【2011/09/02 19:35】 | お知らせ2011 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9月2日 トモ
皆さんこんにちは

お元気ですか??

 

文化祭初日でした!!とても楽しかったです(≧∇≦)私達ブタゲイは、朝6時30分~通して文化祭が9時から始まり、10時から七人の部長をやりました数人緊張して不思議(?)な行動をしてました。

でも幕が開いてからはそれぞれの役に成り切ってました!笑いも沢山とれて良い舞台が出来ました。

 

ナオが演じたシイナは個性を生かして面白いシーンで大活躍しました

 

マイはケイコと全く違う大野さんを演じました!部活紹介のマイの表情や雰囲気が好きです

 

ユウはユウが得意な感情が入った言い方でハスミ役を演じていました

 

ナミはさすが滑舌が流暢!うらやましい!!ナミらしい佐藤さんを演じました

エミが演じた岬さんはミツアミやだ~とか言ってたけど本当に雰囲気がアニメ部らしくて(笑)いつも元気なエミのイメージとは違い難しいアニメ部長を演じました

 

ルカが演じた福岡さんは福岡さん要素とルカちゃん要素が合わさっててルカらしく面白い福岡さんを演じました

 

私(トモ)は感情変化が激しいから統一してというダメ出しをもとに、考えついたストレートで早く会議終わって練習したいオーラを出した窪さん役を演じました。後ろ向きの台詞が多いので聞こえたか心配ですが楽しく演じました

 

先生方からコメントをもらったので紹介します!

マイクがあったから声がもっと聞きやすい。

マイクの位置関係で聞こえにくい所があった。

凄かった。完ぺき!

前回よりよかった!

何を伝えたいか分からない。

さすが全国一位!

前半早い。めりはり無かった。

反応早い。かつっ!が見たかった。

涙こらえた。

純粋に笑えた。

全体と主役用の明かりがあったらどうかな。

夕日明かりをもっと大きくしたらどうかな。

でした。

そして話は変わりますが、マイとナオが今日引退しました。マイ、ナオ今まで本当にありがとうございました

とても個性的で場の空気を盛り上げて下さり、優しくて、面白くて…大好きです

…ということで特別企画!!お願いしてナオからメッセージが届きました

ナオから

県大会、時間なくて大変だけど心一つにして頑張ってね!!

メッセージありがとうございます!

 

(話はかわり)

かつっ!が6日前に無事に千秋楽を迎えました。悔いのないミヤコ役を私とミヤコが一体になって60分で生きたい!と思い演じました。まさか本番自分が泣くとは思いませんでした。泣いたらダメ、笑ってもダメと思っていたけど一つ本番中に気づいた事があります。ミヤコは泣くかもしれない、照れ照れして笑って話すかもしれないと思いました…というより感じました。今回はその時の感情でいった記憶があるので終わった後は後悔があったけど、こういう見方もあるなと思うようになったり体は感動MAXだけど脳がついていけてなくて何に感動したとか分からないけど感動しました最後のガーンからはけてヒューと言った時体全体からヒューと出た感じで幕が下りてからアァー、アァーと泣き叫んでいました。それくらい感動MAXでした

今まで応援して下さった皆さんありがとうございました

 

明日は台風の関係でお休みです!

明日も皆さんにとって良い一日になりますように

 

 

【2011/09/02 21:00】 | 日記 road to 文化祭公演 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
3日で仕上げた公演は、やっぱり3日分の出来!?
顧問Chiです。

今日、華陵祭公演を終えて、3年生が引退しました。
たった二人で、本当に良く頑張ってくれた3年生、なおとまいに心から感謝しています。

でも、今日の公演は、やっぱり練習の大切さを実感しました。

体育館は、非常にコンディションが悪く、演劇向きではないことは分かっています。
その上、騒音のひどい大型扇風機に負けないマイクを使用したため、
残響が残ってしまった。
最終的には扇風機を止めることを考えれば、
マイクを使用しない選択肢もあったかもしれません。
風を遮りたくない思いから、暗幕の使用を避けたので、
舞台に集中できる環境ができなかった。

でも、一番の原因は、たった3日しか練習できなかったっていうのがあったよね。

29日に帰ってきて、その日は搬入だけ。
30日に前半の練習。
31日に後半の練習。
昨日の1日は、3時間のリハーサル。
通し稽古が出来たのは、3度くらい!?

あれだけのセリフを疲れた心身でよくマスターしたものだと感心しました。
でも、一番大切な間、リアクションに、かなり難がありました。

コモンホールの新入生歓迎公演で、あれほど観客を惹きつけたものが
今回の上演にはありませんでした。

微妙な間、セリフで魅せる芝居です。
とっても残念でした。

でも、練習の必要性を思い知る、良い機会だったよね。

好意的な感想がなかったわけではありません。
自信を失う必要はありません。
もちろん脚本が素晴らしいので、ストーリーに惹かれた人はたくさんいました。
個性的なキャラクターも描けていました。

一番足りなかったのは、練習と、受けの演技かな!?

更に2年生には、セリフを大切にする話し方をもう一度復習して欲しいです。
波が出ちゃう人が多いので…。
すべてを真珠の玉のように均一に発声する必要はないけれど、
ちょっとぐしゃって崩れちゃうことが多すぎるよね。

言葉の力を信じる私たちは、もっと言葉を大切にしなきゃね。

顧問の私としては、文化祭公演が一番苦手です。
あの発声の難しい体育館で、本気で見たくない人が山ほどいるなかで、
顔の表情が全く見えないほどの遠距離から観る人たちに対応できる演技を
短い期間で準備しなくちゃならない。

でも、演劇に興味のなかった人に関心をもってもらいたい。
そう思うから、無理をしたくなっちゃうんです。
なんとかしようってこだわり始めると、止まらなくなっちゃうんだよね。
去年も前夜は11時過ぎになっちゃったものね。
でも、がんばるわりに、なかなかうまくいかないのが体育館での公演です。

今回は、なおを信じて、完全になおに任せました。
なおは、部長として、やるべきことは全てやってくれました。
みんなも疲れてる中、本当によくやってくれました。
この短い期間でできる精一杯だったと思います。
本当にありがとう。

そして、引退公演を終えた、3年生。
なお、まい、本当にありがとう。
もう部活動に二人が来ないんだなぁって思ったとき、
いかに私が二人に頼っていたかに気づきました。

これから受験、大変だと思うけど、
「カツっ!」で身につけた根性で、最後の最後まで諦めずに
がんばってね。
ずっと応援してます!

今、1,2年生は、県大会の脚本作りに苦しんでいます。
今日、大幅に設定を変えて、考え直すことにしました。
今回の設定は、演劇的で、演出をいろいろ工夫できそうだし、
イマジネーションが広がりやすいものになったのではないかと思ってます。

私は、今、すっごく幸せで、心の中になんの葛藤もなくて、
創作をするには、あまりに満たされた状態で、
脚本を創ることがむっちゃキツイです。
創作は、ハングリーじゃないと難しいんですよね。

みんなと「カツっ!」がやれて、本当に本当に幸せだったんだなぁと実感してます!

幸せいっぱいで、創作に苦しむ顧問でした。
【2011/09/02 21:44】 | 日記 road to 文化祭公演 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
文化庁のホームページに!
文化庁からご連絡いただき、うちの上演の1シーンが文化庁のサイトにアップされたそうです。
「おしえてください」のシーンだよ。
文化庁 芸術文化
【2011/09/03 08:21】 | お知らせ2011 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
舞台芸術部での三年間 ~支えてくださった皆様へ~
なおです

昨日、文化祭公演の「七人の部長」を終え、舞台芸術部を引退しました。
「七人の部長」生徒や大半の先生方は「良かった」と言ってくれましたが、やはりたった四日間で「しっかりテーマを伝えることのできる」レベルの芝居を作ることは出来ませんでした。
悔やまれる点は多々ありますが、これが最後の舞台です。
レベルは置いといて、「七人の部長」は大好きな脚本なのでやれて良かったです。
ブタ芸のみんな、本当にありがとう。

三年間、長かったような短かったような…

中学生のとき、文化祭で「合唱祭がなくなる日」で岡田君を演じて「演技って楽しいな」と思うようになり、俳優ではなく「声優」を目指してみることに。
声優になるためには発声方法と本格的な演技を学ばなきゃ...
そう思って、舞台芸術部がある華陵高校に入学しました。

すぐに入部届けを出しました。
最初の一年生は僕を含めて四人。僕と、マイと、Yと、スギでした。
早速発声方法とストレッチを伝授してもらいました。

「宗教みたい」と多くの友達に言われ、恥ずかしかったけど、舞台に立つため我慢しました。

はじめのアトリエ公演は「生徒総会」
潤一郎をやらせていただきました。

今思えば、セリフが早くて滑舌も悪く、と駄目なキャストだったと思います。
ですが、「本格的な演劇」というのを初めて体験し、もっと演じたいと思う気持ちが出てきました。

スギがドクターストップで部活を辞め、一年生は三人に。

夏の地区大会、「辛く厳しいこの世の中では辛い物好きばかりが目立っていますが、わたしは甘いものが大好きです。ところでからいとつらいって似てますよね。」
ここで中村かける君をやらせていただきました。

アトリエ公演と違って、大会なので先輩達の指導にも熱が入ります。
chi先生曰く、僕はボロクソに言われていたらしいのですが、あまり記憶にありません。
部員一丸となって何度も練習をして挑んだ大会は、惜しくも入賞ならず。

「華陵節」という華陵独特のテンポが原因で落とされてしまいました。
華陵節…?なんじゃそりゃ。
やってるこっちとしてはそんなもの全く分かりません。

そんな課題を抱えながら、秋のアトリエ公演で「ぽっくりさん」のケンジを演じました。
なかなか「華陵節」がなくなりません

「ぽっくりさん」を終え、新人大会の練習に入ろうとしたとき、Yが家の事情で部活を辞めました。
僕とマイの二人だけになってしまいました。

マイも一時期精神的にダウンし部活を休んだ時期があり辞めないか心配でしたが、ちゃんと復活して戻ってきてくれました。

新人大会では「しんがくじゅく」で河村君を演じました。
河村君のラスト15分の感情の流れがどうしても理解できず、初めて役作り悩みました。
彼はただ争いが嫌なだけだったのか…いまだに疑問です。


新入生歓迎公演でも「しんがくじゅく」を上演。

そして2年になり、部長にもなりました。
フミ先生と交代でchi先生が舞台芸術部の副顧問になられました。

シンさんやコバさんに聞くと、華陵を全国大会に2度も連れて行った先生とのこと。
その指導力も今までのものとは全然違いました。

地区大会の脚本をどうしようか迷っていたときにchi先生が「脚本、作ってみたら?」と僕に言いました。

脚本を作る...?
今までやったことないんですが...


部員は僕とマイの二人、一年生が入らないかもしれない、ということを考えて
「男子高校生の婚カツ」(一人芝居)をテーマに、「あるがままに(仮)」を作りました。
今思うとこのタイトル、かなり恥ずかしいです。

ユウトはここから出来上がりました。吹奏楽部、という舞台もここで決定。
しかし一年生が5人も入ってくれたので結局一人芝居は却下で、4.5人の芝居を作ることに。

chi先生はハッチ、シンさん、コバさんに多くのアドバイスをいただきどんどん作り上げていきました。
おばあちゃん登場。

脚本を作っている間、マイ演出の「ぼくんち」で一年生は初のアトリエ公演を上演。
みんな子供らしさが良く出ていてよかったです。

「ぼくんち」が終わったら完成しかけの脚本を一年生に見てもらい、即興劇をすることでどんどん作品の幅を広げていきました。


そして、「カツっ!」が出来上がりました。
マドンナ役はスミレさん、トモが演じました。
あてがきで書いたので、一年生もやりやすかったと思います。
しかし、おばあちゃん役とサクラ役、ミヤコ役が足りない。

そんな時、トキとシオ、サトが手伝ってくれることに。
音響や照明にも三年生が入ってくれました。

地区大会は「華陵節」のことはあまり言われず、突破することができました。
去年のリベンジが果たせてよかったです。
シオは受験の関係で引退。ありがとうございました。

次は、県大会。脚本強化で頑張ろうと思った矢先、トモの「やめる」発言。
地区大会前にみんなで涙流して話し合って、いい感じになったと思いきや、あれ?と思いました。
宝塚受験とかやりたいことがたくさんあったんだよね。

chi先生はあっさり退部をOKして、県大会の脚本制作に入りました。

イセさんが脚本制作を手伝いにきてくださいました。
一目見て「部長」という役職をやっていたことがわかりました。
お仕事バリバリな感じで、クールビューティーで演出についてもどんどん意見が出せて,,,

尊敬します。


県大会の前に文化祭公演、スミレさんはシオンさんに変更。三年生は「修学旅行」をやろうとしてましが、一年生の勉強のために「カツっ!」をやってもらうことに。

無理なお願いをして申し訳ない気持ちでいっぱいです。


県大会、サクラをアキラに変更し、Y君に戻ってきてもらいました。
やっぱりバイトがあったので、練習時間は限られていましたが。

県大会も突破し、中国大会。
トモが照明で復活し、島根に行きました。

島根に集まった中国5県の強豪達。
あの三刀屋高校もいました。

これが最後かも。。。
そう思って全力を出しました。

結果発表の時。

「全国大会に出場してもらうのは、山口県立華陵高等学校です」

・・・え?

驚きと喜び。二つの感情が入り混じって興奮状態でした。


ですが中大でYが離脱、2月の凱旋公演で、トキ、サト、マツが引退。
出来るならこの面子で全国に行きたかった...なんで年度またぐんですかね...


主要な人たちが引退して、部員不足になりましたが、ブタ芸は全国出場を諦めませんでした。
地元のテレビ局や新聞社にお願いして、新入部員の勧誘をしました。

ですが、3月11日、大震災の影響で福島のホールが使用不可能に。
僕たちに何ができるか考えましたが、「カツっ!」をやることしか思いつきませんでした。


新入生歓迎公演のために「七人の部長」を練習し始めました。
ですが、自分の計画性のなさと部長としての自覚のなさにchi先生に喝を入れられました。

なんとか新入生歓迎公演を終えると、8人もの新入部員が!!
しかも男子が2人も!本当にうれしかったです。

早速一年生に発声を教え、「カツっ!」を練習。
シオン役、トモにするかチカにするか。
chi先生は「華があるトモがいい」とおっしゃっていましたが、僕はずっとチカがいいなと思っていました。

マリさん経営のオシャレな喫茶店(ミルクセーキ美味しかったです)でオーディションをしました。
トモの滑舌が前より良くなっていたことに驚きました。


その数日後、話し合いの結果チカがシオンに。

記念公演、公開練習でスターピア、周南文化会館の方たちに大変お世話になりました。


全国大会、僕は「勝つ」ことではなく「楽しむ」ことを目標に挑みました。
そのおかげで、全国ではリラックスした気持ちで望めました。

そして、なんと結果は最優秀賞。国立劇場への切符を手にしました。
同時に日本一という看板を背負うことに。
日本一、人生で一回きりですよね多分。

国立劇場。一年半作ってきた「カツっ!」の最後の公演。
本当に楽しかったです。今まで溜まってたストレスが一気に発散されるぐらいに。

公演が終わってトキに会ったとき、涙がでました。
なんででしょう...長らく会えなかったからでしょうか?

保護者のみなさん、OB・OGの皆さん、華陵の皆さん、地元の皆さん、他校の皆さん、多くの人に支えられて作り上げてきた「カツっ!」は最高の舞台で、最高の形で終わることが出来ました。


部長になったのに全然自覚、責任が無くてchi先生に怒られて、本当に辞めたくなるくらいでした。

何で自分ばっかり…「部長なんだから」って言うの辞めてほしいんですけど…勉強したいんですけど…面倒くさいんだけど…

人のせいにばっかりして、面倒くさがりな自分は何もしてなくて。「部長」「演出」と名前だけもらって。
周りを見て指示をちゃんと出せずに、仕切れずにいて。

国立前にchi先生にまた喝を入れられて、もっと仕切ろうと意識して行動していたのですが、やっぱり駄目だったのでしょうか、国立劇場の方にその統率力のなさから「あ、部長だったんだ」と言われちゃいました。
はい、そうです。部長なんです。

新聞社さんの取材に部長として答えるときなんか、自己嫌悪になります。


新年あけてみんなの前で言いました「ダメ部長と言われないよう頑張る」
結局最後までダメ部長でした。すみません。
自分が不利な状況になったとき、他の人のせいにするとんでもない奴です。

「部長失格」これ、chi先生に何度も言われました。
はいはいそうですか~、と言われるたびに思ってましたが、悔しかったです。とても。

こんな部長でごめんなさい。ついてきてくれてありがとう。

ルカ、「三隅」とか言ってからかってましたが、二年生の中で一番信頼しています。
何言われようがくじけない強い心を持っているルカなら、絶対みんなついてきてくれると思います。

全然お手本になれんでほんとごめん。


でも、この舞台芸術部に入ってから、コミュニケーション能力は確実にあがったと思います。
中学の時より、堂々としゃべれるようになったし、人前に出てもあんまり恥ずかしくなくったり。

学べたことはたくさんありました。勉強の成績も何故かどんどんアップ(笑)

トミー、フウ、タマ、サカ、シオ、サラ、マツ、サキ、アキ、トキ、アッコ、サト、モエ、カナ、ユラ、マイ、Y、スギ、ルカ、エミ、ユウ、ナミ、トモ、チカ、トキ(オ)、ワタ、エリ、ミサ、マリちゃん、モモちゃん、ユカ、シンさん、コバさん、イセさん、マリさん、センさん、支えてくださった皆さん、そして、ハッチとchi先生。

今まで本当にありがとうございました。

これから勉強が大変ですw
第一志望校合格のため、頑張ります。

県大会、見に行くから部員一丸となって「カツっ!」に続く最高の作品を作り上げてください!


では、さらばです(^ω^)ノシ

舞台芸術部部長 河野直人
【2011/09/03 10:18】 | 日記 road to 文化祭公演 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
9月4日15:00~17:00 NHK Eテレ
「カツっ!」の最終公演は終了いたしました。
でも、もう一度、あの輝きを見られます!!

9月4日(日曜日)NHKEテレ(旧教育テレビ) 
15:00~17:00

是非、リアルタイムでごらんいただいて、
もっともっと高校演劇を見たい!!
優秀校作品全編、ノーカットで見たい!
とFAXやEmailを送ってくださると幸いです!!

NHKへの意見→FAX番号 03-5453-4000 
NHKみなさまの声にお応えします
【2011/09/04 15:00】 | お知らせ2011 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
いよいよ今日・・・9月4日! 午後3時から5時、ご覧下さい!
今日です。是非、ご覧下さい!!
青春舞台2011
9月4日(日) NHKEテレ 午後3時~5時です

NHKの番組案内

ぶた芸部員たちは、台風で延期された華陵祭で
リアルタイムの視聴が厳しい模様です。
どうか、皆様、できるだけリアルタイムでご覧いただいて、
視聴率アップにご協力いただき、ご意見・ご感想をお送りいただけると幸いです。

リアルタイムで観られない方、是非録画を!!
ぶた芸部員たちも、この録画を最高の思い出として、永久保存版にします!!

私たちは、観劇のチャンスの少ない地方の高校演劇部員として、
これからも、高校生が1年作り込んできた素晴らしい舞台を放送する「青春舞台」の継続、
優秀校4校とものノーカット放送を願っています。

NHKおよび放送番組についてのご意見・お問い合わせ
FAX番号 03-5453-4000
NHKみなさまの声にお応えします
【2011/09/04 17:00】 | お知らせ2011 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
9月4日☆彡
こんにちは‼
今日の担当はルカです。

今日は創作脚本組と既成脚本組に分かれて県大会に向けてつくり、さがしを頑張っています‼
少しでも早く立ち稽古していきたいです☆

そして、今日は私達が国立劇場にまねいてもらい演じたカツっ!が青春舞台で放送されました‼
このブログにたくさんの人からのコメントがあり本当に嬉しかったです☆
このカツっ!をつくってきてたくさん辛いことがありました…
親と口論になったり、部活を本気で辞めようか悩んだ時期もありました。
でも、青春舞台をみて、このブログのコメントをみたら本当にやってきて良かったと思いました。
ありがとうございました。
こんなに私達の芝居を観てもらってたくさんの人が感動したという言葉をもらって本当に私は
幸せ者です(*^_^*)

すごく幸せなのと同時に凄く悲しいこともありました。
それは3年生の引退です。
2日は、本当につらかったです。
「明日も部活来て下さい‼」
嘘ではありません
本当に毎日来てほしいです。

ナオは入部して、ブタ芸のストレッチがあるんですがそれを最初に教えてくれた人でした。
発声なども細かく教えてもらいました。
部活に慣れてきたころ、私に気軽に話しかけてくれて本当に嬉しかったです‼
緊張するとお腹が痛くなったり部活の合間に面白いことを言ってくれたり…
面白いお兄さんみたいな人でした(^u^)

マイは私達のアトリエ公演で演出をしてくれて「今回、演出するの初めてなの」って言ってた時そうなんだ~って思いました。
部活に慣れてくるとお姉さんみたいに注意してくれたり教えてくれたり。
時には友達みたいにフレンドリーに話しかけてくれたり。
たまに足かっくんしてくるのは油断できないなと思ってました。

そんな、人たちとお別れしないといけないのがつらいです。
大学行かないでよって思いまいした。
でも、ナオとマイなら部活に遊びに来てくれると思っています。
ナオが県大観に来てくれるとブログに書いてあるのを観てとても嬉しかったです☆

素晴らしい人たちが引退して私は部活をひっぱっていけるか心配です。
他の人にたくさん迷惑かけてしまうとおもいます。
でも、私は出来ることは頑張っていこうと思うので1・2年生の人はこれからも宜しくお願いします。

片岡先生、千晶先生、シンさん、コバさん
私は頼りないかもしれませんがルカって結構やるじゃん!って思われるよう頑張ります。
だからこれからもよろしくお願いします。
【2011/09/04 22:27】 | 日記 road to 文化祭公演 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
NHKありがとうございました! 青春舞台万歳!
さすがNHKです。
ブログにこれほどのコメントをいただき、部員一同感激しています。

華陵祭があって、放課が5時だったため、
部員たちは、リアルタイムで放送が見られなかったのですが、
各自の携帯やこのブログに届くお祝い&感動メールに、
圧倒されていました。

NHKのスタッフのみなさん、
素晴らしい番組をありがとうございました。
全国大会に出場した他校の頑張りをみせていただいて、
心揺さぶられました。
そして、本当に、本当に貴重な2時間分の1時間、
私たちの「カツっ!」のノーカット放送にあてていただき、
ありがとうございました。
本当に本当に感激しています。

見てくださった皆様、
ありがとうございました。

素敵なコメントをいっぱいいただきましたので、
この記事に転載させていただきました。
本来なら、おひとり、おひとりにお返事をお返しすべきところですが…
部員一同、心から感謝しております。
ありがとうございました。

そして、皆様にお願い!
私たちは、他の優秀校3校の作品も
是非ノーカット放送していただきたいと願っています。
もし、賛同いただけるようでしたら、NHKにご意見を!
NHKは視聴者の声でつくられる放送局です!

皆様の声****************************

はじめまして
先ほど、Eテレで見ました!

たまたまチャンネル変えたときに面白いなと思って、そこから最後まで見ました。
泣けて笑えてとても良かったです!
私も昔、吹奏楽部をやっていて同じような場面があったりして思い出しちゃいました。。

今まで、舞台演劇って興味なかったんですが、みなさんの演劇を見て興味が湧きました(。・ω・)
これからもがんばってくださいね!
【2011/09/04 17:23】 URL | akko #-[ 編集] | page top↑

こんばんは
はじめまして、
富山で高校演劇に携わっている者です。

今日のNHKの青春舞台2011で放映された「カツっ!」を観劇して、
いてもたってもいられなくなったので、こちらにお邪魔させていただきます。

全体的にキレのある演技(動き?)やコミカルな動きで楽しませていただきました。
そして、勇気づけられました。
内容からも、同じ高校演劇をやっている人としてもです。
何だか「がんばろう!!」って気持ちになりました。
ありがとうございます(*´ω`*)

楽器の生音や生歌、
舞台装置も高さがあって
とても感激しました。

富山は来年、全国大会があるので
視察団として本当は全国を観にいけたのですが、
諸事情で観にいけませんでした(´・ω・`)
劇場で生で観たかったです…。
でも、そういうこともあって、
本当に青春舞台2011の放映で観劇することを今まで心待ちにしておりました。
録画もしたので何回も観ようと思います。

最後に、
華陵高校のみなさま、
「カツっ!」の上演、お疲れ様でした!!
素敵な劇をありがとうございます。
これからも頑張ってください。
応援しています!(・ω・)


p.s.実は前からこちらのブログを拝見させていただいていました。
ぶた芸部の部員や顧問の先生方の努力の数々を読んでいたのもあり感激したとこもあります。(演技面や舞台装置などの裏ストーリー(?)を思い出して)
本当にお疲れ様です。
これからもブログの更新も楽しみにしていますよ(^ω^)♪
それでは、長文失礼しました。
【2011/09/04 19:42】 URL | あおりんご #-[ 編集] | page top↑

リアルタイム
お疲れさまでした☆
今リアルタイムで見てますよ~
永久保存しときます\\\\^^/♪
【2011/09/04 15:33】 URL | あき #-[ 編集] | page top↑

舞台拝見しました!
初めまして。
舞台凄く良かったです!
日曜にぼーっとテレビ見てたら、面食らいました。録画しとけば良かったです…
【2011/09/04 17:07】 URL | きむ #-[ 編集] | page top↑
最初から最後まで見てました

凄く感動したので
どうにかこの気持ちを伝えたくて
学校名を思わず検索しました(*^^*)


ほんとに感動的でした
過去と現在の表現の仕方というか
プロの演劇を見ているかのようにのめり込んで見てました
同じ高校生とは思えないほどでした


終わったあとに
録画しときゃよかったと
後悔したほどです(・・;)

これからも頑張ってください

あ、クールビューティー好きですw
【2011/09/04 17:10】 URL | あや #-[ 編集] | page top↑


凄くよかったです
今日のNHKで初めて舞台芸術部を知りました。
テンポの良さと感情表現の豊かさにとても楽しませてもらいました。同世代の人が頑張っているのを見ると勇気を貰えます。
これからも頑張ってください。応援してます!
【2011/09/04 17:20】 URL | Rick #RFphBmaY[ 編集] | page top↑


感動しました
最初から最後まで放送見ました!たまたまテレビをつけていて、山口県在住の私は、おぉ!華稜高校優勝なんだ!と思って見始めました。

結果、感動で心が大きく揺さぶられました。部長さんでしょうか、主人公の男性がとても魅力的にうつりました。
こちらのホームページで詳細を見てさらに驚きました。部員さんはそんなに多くないのですね!

生で演劇を見たことはあまりないのですが、テレビの演劇はつい見てしまう質です。
プロにも負けない素晴らしい熱演と演出でした。
これからの皆さんの活躍、お祈りしています。
【2011/09/04 17:23】 URL | くう #0bOaco/2[ 編集] | page top↑


観ました!

こんなにも感動し、泣いたのは今日観たカツっ!が1番です。

テレビで観ると皆の表情がよくみえて、今まで観たものとは別もののようでした☆


なお、まい、お疲れ様!
これからは受験勉強で忙しい毎日と思うけど、陰ながら応援しています^^

【2011/09/04 17:31】 URL | さと #mQop/nM.[ 編集] | page top↑


初めまして
商業高校の演劇部の者です

今、拝見させていただきました

なんていうか
深かったです


最初ゆうとさんのキャラが強烈すぎて
コメディ系?とか思って
見ていました


全部のキャラクターがイキイキしていて
すごく素敵な劇でした

ほんとにありがとうございました

こんな薄っぺらい言葉でしか
表現できなくてすみません

これからも頑張ってください!
【2011/09/04 17:34】 URL | あや #-[ 編集] | page top↑


たまたま放送を見たのですが、
すごいですね!!

完成度の高さが半端なかったです。
最初から最後まで見入ってしまいました!

特に亡くなった母親の回想シーンには
涙を誘われました(/_;)

優秀賞おめでとうございます。
これからも頑張ってください★
【2011/09/04 17:35】 URL | とある大学生 #UxnysfxY[ 編集] | page top↑


拝見しました
放送見させていただきました。
終了後、もっと見ていたいという気持ちに駆られて学校名を検索してきてしまいました。
すっかり舞台芸術部の虜になってしまったみたいです。
これからの舞台も楽しみに、皆様のご活躍をお祈りしております。
【2011/09/04 18:03】 URL | 七尾 #-[ 編集] | page top↑


拝見しました
普段から舞台が好きでヨーロッパ企画やモダンスイマーズやカクタなどを好んでみているのですが彼らの舞台に負けず劣らず楽しめました。素敵な時間をありがとうございました。
【2011/09/04 18:52】 URL | けんご #-[ 編集] | page top↑


素晴らしかったです
皆さんの親世代です。(子どもが中学生、小学生です)
素晴らしい作品、本当にありがとう。

つい頑張りすぎちゃう子、頑張りすぎちゃう子を複雑な目で見てる子・・
大人社会でも日常茶飯事な人間関係です。
だから、ぐいぐい引き込まれるものがあったのかもしれません。

癌や「死」という話題も色濃く出てましたが、かといって重すぎもせず、高校生らしいカワイイ勘違いな人間模様もあり、本当に楽しめました。
自分自身の学生時代の部活のことも思い出しました。
今だけの素敵な時間、大事に過ごしてください。

今後のご活躍、心よりお祈りしております。
【2011/09/04 19:42】 URL | わらび #-[ 編集] | page top↑


はじめまして
大阪在住の いち演劇好きの者です。偶然テレビを見て とても良かったので思わずお邪魔してしまいました♪
私が演劇に惹かれるところは色々ありますが「なんかイイなぁ」というインスピレーションみたいなものも大事にしてます。
皆さんは将来、舞台関係の仕事に就きたいという夢はあるのかな。場面転換の演出も自然で、冷める事なく入り込めましたし、主人公の眼鏡の役者さんは とても魅力的でしたよ!磨けば光る力を感じました。
余談ですが『逝ったり生きたり』という作品のお二人の雰囲気も何故か心に残りました。

技術や知識というのは学べば身に付くものですが、魅力や発想力というは天性のものだと思います。脚本・演出・裏方・役者…それぞれの道に歩いていき 十代には十代の二十代には十代の感性を大事に切磋琢磨していただきたいです♪
いつか、舞台で生の皆さんの活躍が観れることを楽しみにしています!

【2011/09/04 23:15】 URL | かなめ。 #sc/2WVYA[ 編集] | page top↑
【2011/09/04 23:23】 | 皆様からの声! | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
9月5日(月)
こんばんは!今日の担当はエリです^^
 
 
3年生のマイ、ナオ、3年間お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
昨日青春舞台を見ていてやっぱりマイとナオって本当にすごいなあ~ってしみじみ思いました(´ω`)あと、純粋にすごく感動しました。
2人ともっと一緒に舞台に立ちたかったけど、それは無理なので、県大会頑張ります。
時間があれば、ぜひぜひ見に来てください!
ナオ、マイ、大好きです(^O^)
 
なんかよくわからない文章でしたが、今日はスターピア下松の会議室4を借りて県大会の脚本作りをしました。
私は今日1時間遅刻しました…迷惑をおかけしてすいませんでした。
脚本は一応ほぼ完成しました!
明日から立ち稽古です。
セットなども考えたいですね(・ω・)
それとテーマソングも!
 
 
 
先程も書きましたが、青春舞台、本当に素晴らしい番組でした。NHKの皆さん、カツっ!を放送してくださりありがとうございました。一人でも多くの人に見ていただいていたらたら嬉しいです!!(^^)
 
 
 
それでは、今日はこの辺で。
【2011/09/05 23:09】 | 日記 road to 文化祭公演 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青春舞台2011 冷めやらず・・・
顧問Chiです。
「青春舞台2011」の反響はまだ止まず、
今日も一日中たくさんの嬉しいメールが届きました。

 私自身も、NHKのハイビジョンカメラでアップでとらえていただいて、
初めて気づいたキャストの細かい演技や表情や涙を観た感動が冷めやらず、
ずっと高ぶった状態です。
お骨折りいただいたスタッフの皆様に感謝するとともに、
我がぶた芸部員たちを更に誇らしく思っています。

多くの方に、貴重な時間を割いていただき、
「カツっ!」をご覧いただいたこと
深く、深く感謝しております。

中でも…私が一番観てもらいたかった同病の先輩のHさん。
Hさんは、遠方に住んでらして、再発治療中で、
「カツっ!」の生の舞台を観ていただくことができなかったのです。
Hさんとは、ネットで知り合い、
闘病中、弱気になった私をいつも励ましてくださいました。
ちょうど、3人の子どもが同じ年頃で、
似たような悩みを抱え、共感できることも多かったのです。
Hさんの長女さんは、とってもまっすぐで強い正義感、ケイコのモデルです。
Hさんのブログに書かれたエピソードにインスピレーションを得て、
ケイコは生まれました。

そのHさんが、お友達やご兄弟とともに昨日の放送を見てくださって、
まるでHさんのお子さん達を観ているようだったと
感動してくださったそうです。
まだ会ったこともない私が、
Hさんの長女さんをよく理解していると喜んでくださったのです。
「こんな素敵な作品を作ってくれてありがとう」
ともおっしゃっていただきました。

正直、怖かったのです。
ケイコとユウトの母はすでに亡くなっている設定。
再発された方がご覧になって、
死を予期させるとんでもない作品だと思われるのではないかと……。
でも、この作品を作っていた頃、私は同病の友人を亡くし、
自分自身の再発にも怯える毎日で、
苦しさを演劇にぶつけずには居られませんでした。
私に万一のことがあったとしても、
きっとうちの子たちは強く幸せに生きていける。
たとえ死んでも子ども達をずっと見守り続ける
と祈りながら、この作品を創りました。

我が子に対する強い思いは、
きっとHさんもご理解いただけるはず
と思いながらも……ずっと不安でした。

だから、本当に嬉しかったです。
作品を通じて思いを伝えることが出来て。

かつての同僚で、よく夜の職員室で語り合った先生に
「見ましたよ。今まで見せてもらった中で一番面白かった。
ストーリーも楽しめました。
先生の身の上や悩みを知っていると、
ちょっと切なくなりましたが…。
でも、そういう部分も全部脚本に入れてしまうところが
先生らしなって思いました。
好きなことをやってたって、
いやむしろやらせてもらってるからこそ葛藤があるんですよね。
すごく共感しました。
とにかく面白くて先生らしくて感動的でした!」
とメールをいただいて、心があったかくなりました。

「あなたの思いは伝わるはず!」
と芝居の中のDJマミのセリフが聞こえてきそうでした。

福島に職場から復興ボランティアに行っていた弟からも
「福島県の高校生が地元で開催できなかった無念の気持ちを
自らを納得させるようにコメントされていましたが、気持ちがよくわかりました。
いろんな背景を抱えて演劇というものに打ち込んでいる姿は、
若いひとの強さと力を感じさせてくれました。
なんだか、高校生にひたむきに生きる大切さを教えてもらったようです。
華陵高校の作品は見ごたえがありました。
熱演ぶりも音響も照明も高校生とは思えませんでした。
話もとても面白かったのですが、正直なところ、
途中途中のメッセージが盛りだくさんで、
何を伝えたかったのかを理解できないでいます。
それを考えてシーンを思い出し、考えこむ。
難しい映画を見たあとの楽しみにも似てこれがまた僕には楽しく感じます」
とメッセージをくれました。お互い学生の頃、美術や建築、映画を見て、
ああでもない、こうでもないと語り合った日を思い出しました。
もしかすると、ケイコとユウトは、私と弟だったのかもしれません。

********************************************************
こちらのブログにも引き続き、たくさんの反響をいただいています。
高校演劇の仲間たちからの声はもちろんですが、
たまたま見て感激してくださった方の声には、感激します。
実は、他の優秀校作品(鹿児島高校・大谷高校・北見北斗高校)の国立劇場での公演も、
NHKは完全収録されているのです。
みなさんの声があれば、ノーカット放送が可能になると思います。
もしよろしかったら、NHKへご意見を!
思いは届く!と強く感じる今日この頃です。
********************************************************

こんばんわ!
初めまして!
神奈川のとある中学校の、演劇部の者です!

顧問が華陵高校さんのカツっ!を観に行き、そしてなんとDVDも…!!

すごく引き込まれました。

部員一同、感動してました(*^^*)


今回、放送が部活中で撮ったんですけど、chを間違えるというすっごく馬鹿な失敗をしてしまい残念ながら見る事は出来ませんでしたが、神奈川から応援してます!

これからも頑張って下さい!

DVDありがとうございました。
【2011/09/04 23:38】 URL | #-[ 編集] | page top↑

はじめまして。
今さっきNHKで見ました
笑えたし予想外に泣けました
こんなにも素敵な舞台を
作りあげているみなさんは
すごいですね( ´ ▽ ` )
みなさん一人一人が輝いてて
まぶしかったです( ̄▽ ̄)
またおめにかかれたらうれしいです
ではさらば!
【2011/09/05 03:08】 URL | 優稀 #-[ 編集] | page top↑

福島から愛を込めて

福島県在住の華陵高校OBです。

山口を離れ早15年が経過しました。
先日のテレビ番組を拝見して華陵の名前を聞いてびっくり。
野球部の活躍は存じ上げていましたが、演劇部の皆さまの活躍は初めて知りました。

約1時間でしたが見入ってしまいました。
大変感動しました!

福島県はまだまだ原発問題や風評被害等良いニュースが少ないですが、母校の皆さんが頑張っている姿を
拝見し大変勇気づけられました。

本当にありがとうございました。

遠いところからですが、これからも応援致します。

お身体に気をつけて頑張ってください!


【2011/09/05 05:55】 URL | まさ #-[ 編集] | page top↑

青春舞台2011拝見しました

9月4日(日)にNHKの青春舞台2011で「カツ!」を拝見して、大変心を打たれました。
三十代の私も、5歳の娘も、画面に釘付けで、笑ったり、泣いたり、すごく感動いたしました。
本格的で現代の青年達の熱い思い、頑張り、レベルの高い出来上がりに、すばらしすぎて尊敬を感じました。
一晩明けた今朝でさえ、娘と幼稚園への登園の際に、昨日視た舞台の話題で持ちきりでした。
再放送があることを願って、いまから心待ちにしています。
素敵な舞台をありがとうございました。

【2011/09/05 22:53】 URL | ukey #-[ 編集] | page top↑
【2011/09/06 00:04】 | 日記 road to 国立劇場 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
創作・・・苦しい!9月5日
刻々と時間が流れ、疲れた頭と体に鞭打って
創作脚本に挑戦していますが、
辛い!

チカが言うとおり、
「カツっ!」の中に
全てをつぎ込んでしまって、
もう何も出てこない。

様々な設定に、
最近上演した「七人の部長」
優秀校東京公演でご一緒した
大谷高校の「逝ったり生きたり」
北見北斗高校の「ぺったんぺったん」
のせりふが出て来ちゃう。

演出を考えようとすれば、
前橋南高校の「荒野のメルヘン」
秩父農工科学の「少年神社」
大沼高校の「ひきなかへしそ」
深川高校の「πガール2」
に入り込んじゃう。

トキが
「それ、まずいでしょ。」
と叫び出してしまうくらい、
いろんな学校の素晴らしい作品に影響を受けて、
自分たちが何を発信したいのか、分からなくなってます。

ふっても何も出ないブタ芸部員たちです。

すでにアテ書きで、「カツっ!」に、それぞれの個性を
とことんまで入れ込んでしまったので、
キャラ設定から、厳しい。
全て「カツっ!」とかぶってしまうか、
全く違うキャラにしようとすれば、
その人を思い浮かべても、インスピレーションが湧きにくく、
筆が進まない。

華陵祭の代休で、学校が停電なので、
スターピアの会議室を借りて
朝9時から夜9時半まで創作にとりくんだけど、
できたのは20ページ足らず。

ユウが最初に書いてくれた脚本は15ページ。
ぷつん、ぷつんと途切れてしまってる感じで、
ドラマを感じられないよくある話だったからと
設定変更をしてみたのに、
新しい設定で、みんなが考えたのも、増えたのは数ページ。

ユウ、本当にありがとう。
一人で15ページ、頑張ってくれたのにね、本当に大変だったでしょう。

脚本創作の中心となって、意欲的に取り組むユウは、
一日かけてようやくできた20ページ足らずの脚本についても前向きで、
「きっとこれから演出していけば、膨らんでいきますよ」

とりあえず、大道具を設置し、脚本を印刷し、
実際に動いてみます。
何かが見えてくるかも……

ずっとお休みがありません。
今週は課題テストもいっぱいあります。
10月に入ると、舞台監督者会議。国体もあって、
すぐに考査期間になって、テストが終わるとすぐ県大会。

カチカチと時間の流れる音が聞こえてきそうなほど、
追いつめられてます。

がんばろう!
【2011/09/06 06:43】 | 日記 road to 2011県大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9月6日 まり
こんばんは(・∀・)ノ
今日はなみに代わってまりが担当します!!


今日は始めに山を走る組と脚本印刷組に分かれて活動開始◎
山を走る組の中では、ナオとマイの存在が大きくて寂しく感じるねっていう会話が出てきました。いろいろ教えてくれていた2人には本当に頼っていたなと今さら実感。半年という短い間だったけど、一緒に部活が出来てよかったです。ありがとうございました!!


ランニングと発声の後は、今日からコモンホールで立ち稽古!!!と思っていましたが、そんなスムーズにいくわけがなく…
まだ数値を測ったり、緞ラインなどを決めたりしてない状況で、何も考えずに大道具を置いたりしてしまいました。また、脚本を印刷することも、昼休みなどを使ってすればよかったと反省…。


そんな状態でしたが、なんとか舞台セットも出来て、最後にやっと立ち稽古を!!
脚本の中身もまだ完全に出来ている訳ではないのですが、いろいろ問題点?が出てきました。1番は滑舌が悪くなっていること。そして、1年生の長ゼリフがヤバいことなどがありました。

県大会まで時間がないので、限られた中でも有効に使っていきたいです☆彡


では、この辺で♪
【2011/09/06 23:15】 | 日記 road to 2011県大会 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
9月7日(^^)
こんばんわ!
今日はエミが担当です^^

さっそく、今日を振り返ります!
今日は、大道具を設置した後、今作っている脚本の練習をしました。
練習をしていたのですが、なかなか上手く進まず、結局あまり進歩は無かったように思います。
それに、昼休みなどに出来ることをきちんとしていなかったため、また、大切な練習時間が少なくなってしまいました。
本当に同じことを何度も繰り返してしまう自分にあきれています。
しかし、そこで落ち込んでいてはダメです!!
失敗をばねにしなくては!
何事もそうですよね、失敗を絶対に成功につなげるために、努力しなくては!


脚本もそうです。
確かに、私達、部員だけでは、作り上げることは困難です。
でも、だからって、誰かがやってくれるだろうと思っていては何も作れないし、何も出来ない。
一人一人が、自分のことだと思ってする!ということを今日、改めて再確認しました。


部員の皆(特にキャスト)にやってほしいことは、きちんと脚本を読み込むこと。
そして、自分の役はこの時のセリフにこう反応するとか、役についてじっくり考えてほしいです。
私も、二年生なのに、初歩的なことを忘れていたと思います。
これを機に初心に戻って、いい作品を作るためにがんばっていきたいです。




今日のアーツ
・新しい劇の練習


【2011/09/07 23:17】 | 日記 road to 2011県大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日刊新周南に記事が載りました!
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/08 19:26】 | お知らせ2011 | page top↑
9月8日 (木) トモ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/08 20:54】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
「あきらめたくない」涙を浮かべる新部長、るか
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/09 17:00】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
9月9日 ばーいなみ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/09 21:35】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
魔法のことば!?
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/11 07:41】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
9月11日(-"-)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/11 21:11】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
下松トピックス&高校生新聞に登場!
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/12 06:11】 | お知らせ2011 | page top↑
ブログ上の固有名詞について
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/12 10:20】 | お知らせ2011 | page top↑
やることリスト スタッフ組
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/12 17:57】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
9月12日byもも
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/12 20:51】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
スタッフ日記 9月12日(月)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/12 22:46】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
始動!
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/12 22:47】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
9月13日 わた
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/13 22:06】 | 日記 road to 2011県大会 | page top↑
国立劇場舞台裏その2
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2011/09/14 19:24】 | お知らせ2011 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。