スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
6/1(日)[危 機 感!]
こんにちわ、タマです。
年月の経つのは早いもので、もう6月に入りましたね。
12ヶ月のうちの半分になるんでしょうか。
今年1年間なんて、麗しの高校生生活3年間なんて、本当にあっという間なんですね… まだ私、2年生だった頃の気分が拭えていません(笑) 未だに教室を間違えそうになります。この調子だと、20歳も直ぐなんでしょうか。
こわいこわい


さて、今日は本番目前!ということもあって、通しを2回程、途中、部分練習を挟みつつ行いました。

私は、出停記念日チームの1人として練習をしているのですが、出廷記念日は新入生顔見せ公演の初日なので、内心「このままで間に合うのか!」という不安がとてもとても渦巻いております。
それは今日の通しを見ていて余計に感じたことなのですが、この脚本を練習する中で、途中脚本の解釈を何度も考え、話し合ったことがありました。その苦労もあってか、皆が自分達の解釈をきちんと共有&理解し、練習を今日この日まで着々と進めることができたと思っています。その上での通し、なのですが、やはり通してみると違うもので、いまいちピンと来ない芝居になっているなと感じました。
その原因として、1つは感情が流れてしまっている、つまりはただの動作確認やおままごとのような状態にあるということ。
それからもう1つは(こちらは確実にそうだと思っているのですが)、自分達の解釈、あるいは理想、やりたいこと、をうまく芝居に組み込めていないことだと思います。GONGERAの時にも何度も直面した、「既成脚本の難しさ」を改めて感じます。あまり考え過ぎず、その脚本を素直に表現してみるのも既成の楽しさだということを教えていただきましたが、どうしても頭がかたいのか深く考え込んでしまいます。いや、考えない方がいいという訳ではないのですが、考え過ぎも良くないというか、ううん、なんだか難しい…(´×ω×`)

自分たちの思っている以上に、事態が上手くいってくれません。

それ以外にも、テンポの悪さ、変化の分かりづらさ、希に見られる演技の粗さ等々、本番を不安にさせる要素がのしのしと重くのしかかってきます。

しかし本当に本番まで時間もない為、その問題ひとつひとつにみっちり時間をかけて解決していくことができません。個人の意識と、明日の練習にかかっています。テンポや変化の付け方など、基本となる演技の練習をきちんとこなして、1年生の今後のタメになるような本番にしたいと思います!


それでは、今日はこの辺で!


以下、顔見せ公演の日程です!
6/3(火)→出停記念日
6/4(水)→一日一個の梅干し
6/5(木)→七人の部長
全て16:30頃から開演とさせて頂きます。
(もしかしたら早まったり遅れたりする可能性大。)

宜しくお願いします。
スポンサーサイト
【2014/06/01 22:29】 | 日記~2014年春 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/20 きほんにかえろう。
こんばんは、タマです。
テストが返ってきて悲惨な結果だったんですが、逆に次頑張ろうという気持ちが今すごくわいていて、自分でも驚くほどの勉強に対する意欲を剥き出しに…はしてませんが、毎晩できるだけ復習や予習をしようとこころがけました。がんばります。


さてさて、今日はシンさんがいらっしゃいました!
すっかり夏毛に生え変わって、久しぶりに見かけた姿はとても爽やかなお兄さん、という印象を受けました(^ ^)

シンさんがいらっしゃったということはもちろんワークショップまたはトレーニング!
今日は基本の基、腹式呼吸と声の出し方について、2・3年生は以前にも教えていただいたものを今回は1年生と一緒に再び学ばさせていただきました。

腹式呼吸の利点から。
→喉に余計な力が入らないため、喉を痛めず効率良く声を出せる。
→息を吸ったと同時に横隔膜が下がるためより多くの空気が入り、一呼吸で長いセリフを話すことができる。

などなど、改めて腹式の大切さを感じました。
そしてその腹式呼吸がうまくできるよう、まずは床に寝転がってみました。
寝ている状態は常に自然と腹式ができているため、寝て呼吸を行って、感覚をつかみます。
そこで重要になるのがお腹が膨らむ位置。
へそ下、丹田というところのあるあたりがふくらむとうまくできている証拠。
常に意識をそこに集中して立っている間の呼吸を行って行くことで、だんだんと良い腹式ができてくるんだとか。


そして呼吸のトレーニングを行った次は、声の出し方のトレーニングをおこないました。


舞台でいい声を出すために、やはり丹田のあたりがくっと締まるといい声が出るそうです。じゃあ丹田のあたりに力が入るのはどういった感覚かというと、いくつか方法があります。
まずは壁に手をつき、思いっきり壁を押す。そのとき、なるべく腰から入るようにすると丹田に力が入るんだとか。壁を押すときにへそ下あたりがなんとなくくっと締まると、丹田を使えている証拠。

次にびっくりした時に注目。びっくりした時、なぜか丹田がくっと締まるんだとか。普段から思わぬところで使ってたんですね、丹田。

そしてこれは荒療治。椅子の上に人を立たせ、そのいすを別の人が軽く動かします。乗っている人は落ないように下腹部に力をいれます。すると丹田にも力が入って、太い声が出せるんだとか。乗ってる人は怖くてそれどころじゃないかもしれませんね(笑)

いつもの発声中に、壁に手を当ててやってみたりするといいかもしれませんね。


そして、声が出ている時の息の量についても教えていただきました。
これは声帯の開き具合で決まるそうなのですが、声を「あー」と出しているときに、少しシャリシャリした音が混じっていると、それは声を出しているときに余分な息が出ている証拠とのこと。
これは、ハスキーな声の人のように、普段からすこしクセのある声帯の開き方をしている人もいるので個人差があるそうです。
しかし逆に普段はそれほど余分な息を感じないのに、発声や練習中でそれが感じられるとい人は、声帯がその時だけ変なクセのつき方をしている、つまり変な声の出し方になっているということらしいです。

こういう人は、まず声を「あー」と出しながら一度上を見上げると声帯のくせが矯正されるので、その上を見上げた状態で出ている声の感じを覚えていって、普通に立っている状態のときにそれを意識して声を出していくとだんだんと変わってくるんだとか。地道な努力が必要ですね!


さてタイトルの通り、普段がむしゃらに練習しているわたし達演劇部員問わずだれもが物事を進める上で大切な「基本の基」。
数学であれ何であれ、応用は基本がしっかりできてこそなので、今回シンさんが教えてくださったことをしっかり意識して、今後の発声に活かしていけたらと思います。



長々と失礼しました。タマでした。
【2014/05/20 22:56】 | 日記~2014年春 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5/2(金)[最近ほんとに楽しいです。]
こんにちばんわ、タマです。
だんだん夏に近づいてきて、今日なんか凄くあったかくて、
嬉しいやらこれからの暑さにうんざりするやらで、季節の変わるスピードを速いと感じる日々でございます。自分で何言ってるかわからないぞ。


今日はミサが来てくださいました!
なんだかうすらとお化粧をして色っぽくなっておりました。まったく。惚れてまうやろー!←
そんなミサと一緒に発声をしたあと、私は出停チーム(只今、新入生顔見せ公演:アトリエ公演を、3つのチームに分けて練習をやっております)なのですが、まず始めにコモンホールにてうめぼしチームのセットを組むのを手伝いました。
うめぼしチームは2、3年が合わせて二人と少ない所なのですが、1年生のケーとゲン、それからリヨがとてもしっかりしていて、いい雰囲気でした。
私ら出停チームも負けてられない!

それからコモンホールを2分割して、反対側で自分たちの練習を始めました!
今日はフユ:1年生の声がしっかり出ていて、とっても嬉しかったです。
しかし私の長ゼリのシーンで、私がセリフをあまり覚えておらず、何度もそこのシーンばかり練習してしまってなかなか先に進みませんでした。ごめんなさい。ちゃんと覚えてきます。
正直、この脚本は長ゼリがいきなり入ってくるということが多くて、「え、なんでこのタイミングで?!」みたいな事をよく感じ、悪戦苦闘中です。

そんな大変なこの脚本の、いいなと思ったところは、長ゼリの練習ができるというところと、裏設定をたくさん考えられるというところです。

実はあの人はああやって死んだんじゃないか、とか、長ゼリを聞いている間この人はこういうことがあったからこう考えるんじゃないか、とか、たくさん想像をふくらませることができるので、受けの演技はもちろん、思考能力もかなりレベルアップするのではないか、と思います。

私は、練習に関して自分のチームの1年生の事しかまだよく分からないのですが、皆凄く想像力豊かで、正直ここまで考えてたのか、と圧倒されてばかりです。昨日もエポ:1年生が鋭いところを突いてきて、なるほどなぁ、と納得させられることばかりでした(笑) いや、本当にみんなすごい。これからに期待大!です。


タイトルにもある通り、そんな良い素材を持つ1年生(出停チーム:フユ、エポ、スズ)と、演出が上手くなってきた2年生(出停チーム:ワン、ツゥ)と一緒にお芝居ができて本当に楽しいです(*^-^*) もちろん私のチームの人だけでなく、ほかのチームのみんなとこれから頑張っていくんだと思うとわくわくします!充実した、濃ゆい練習や、良い仲間関係を築けていけたらと思います。


タマでした!
【2014/05/02 23:57】 | 日記~2014年春 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。