スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
公演の感想等
顧問Hatchです。

6月9日の公演においでいただいた方から、多くのメッセージをいただきました。部員一同、全てのコメントに目を通させていただきました。感激しています。

「ブタ芸大好き」「楽しみにしています」「見て良かった」「さらに良いものを作って」「地区大会見に行きます」「プロの舞台に引けをとっていない」「このような取り組みをしている地元の高校生を誇りに思う」「テレビ放映してほしい」というコメントから、私たちは愛されているのだな、期待されているのだな、と感じました。

また、認知症の扱い方に不安があった私たちは、「自分にも経験がある」「自分の姿を見ているようだった」「老人問題についていろいろ考えた」「自分に何ができるか考えたい」というコメントに、たいへん勇気づけられました。

この他、「場面転換が自然」「舞台装置が簡潔でよい」「一人ひとりが際だっていた」「おばあちゃんとお母さんの演技が特に素晴らしかった」「台本がよくできており、演出もよく考えられている」「社会問題も取り入れられ、身につまるものがあった」「飽きさせないように作られていた」「余韻の残る良い終わり方」「涙が止まらなかった」「あっという間の1時間だった」等々のお褒めの言葉をいただきました。

一方で、「台詞がはっきり聞こえない」「叫びすぎではないか」「強弱に工夫を」「早口の台詞が聞き取りにくい」「英語の台詞が聞き取れなかった」「横向きの台詞が聞き取りにくい」「シーンによって完成度の差が大きかった」「暗転時の動作をきれいに」「人物が登場する場所に統一感がない」「いつもの場面転換のうまさは感じなかった」「コロスの動きが揃うとよい」「他校の劇に似ているが?」「収納場所はそこか?」「ラストシーンを作り込む必要がある」「大学の実名を出すのは問題ないのか?」「学校と家庭の場面のつながりが弱い」「主人公二人に感情移入できなかった」「最後のBGMの音質がよくない」等のご指摘も頂きました。

これらをふまえ、さらに良い舞台へと進化させるべく努力していきますので、これからも華陵高校舞台芸術部への応援をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2012/06/12 20:42】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
ありがとうございました。
会場に足をお運び下さいました皆様、ありがとうございました。
演じている身として不安な箇所も多々あったのですが、最後まで楽しみながら演じきることができたと思います。
少しでもお楽しみ頂けましたでしょうか。

さて、本日を持ちまして、3年生のゆう、えみ、なみは一区切り付けさせて頂きます。
引退式で表明したとおり、それぞれの夢へ向かって最終調整へと入ります。

長かったようで短かった3年間でした。
1から振り返ると確実に長くなるので割愛させて頂きますが、毎日が新鮮で刺激的で。たくさんのことを学びました。
演技はもちろん、舞台の仕組み。音響や照明の技法。そして色々な人の言動や心理。みんなのこころ。
私が1番大きかったと感じるのは、スタッフの大切さです。
「カツっ!」終了後、私はキャストから舞台監督としてスタッフに入りました。実は1年の頃、当時の舞台監督だったまいから舞台監督についての説明を聞いた時、私には関係ないことだろうな~なんて思っていたんですけど(笑)(自分の人生(?)がどうなるのかは本当に分からないので、今の1年生は油断しちゃダメだゾ☆)

スタッフ無しでは芝居は成立しません。普段はキャストより楽そうに見えますが、そうでもないんです。
舞台監督者会議の前にはたくさんの書類との格闘。大道具、小道具の作成。そして何より大変なのが、リハーサルです。
本番と同じ設備を使えるのは、リハーサルと本番の2回のみ。50分から60分の間にそれらの操作に慣れなければいけません。その間に音響、照明(ピンスポ込み)それぞれのレベルを確認して、きっかけの練習をして。
いつも戦争です(笑)
リハーサルで平静でいられたことはなく、インカムを着けているのにもかかわらず大きな声を出してしまい。何度皆さんにご迷惑をおかけしたことか。反省。
本番。実はキャスト以上に緊張しました……。
キャストとは違い、フォローがきかない。失敗は赦されないんです。だから限られた時間の中で精一杯機器に慣れようと奮闘しますが、私達も人間です。ミスするときはミスします。中国大会でやらかした時、本当に泣きそうになりました。どうしよう、どうしよう……と混乱して。せめて次に引きずらないように落ち着こうとしましたが、中々立ち直れなくて。苦しかったです。

その大変さを味わってほしい訳ではありませんが、これを心に留めておいてくれれば私は満足です。
「芝居はみんなで創るもの」なんです。

ここで部の皆さんにお礼を述べるべきなんでしょうが、それは3月の、本当に卒業するときにとっておきます。まだまだ永遠の別れではないし、このタイミングだと戻れなくなりそうなので(笑)

本当に素晴らしい時間をありがとうございました。いざ引退!となるととても寂しいですが、とりあえず地区大会で音響として入る予定なのでそれまでの辛抱ということで。できれば華陵祭、全員でステージに立ちたいな~と思っているのですがどうですかね(^-^;) 思いっきりはちゃめちゃなお話を。もちろんにしくんも一緒にね。

お礼と別れの言葉はまた3月に。それまで某先生のような社会の先生になれるようにあがきます!
何か不安なことや気になることがあったら声をかけてください。できることがあればお手伝いします。
実はまだまだ書き足らないのですが収拾がつかなくなりそうなのでこの辺で。

本当にありがとうございました!

IMG_0010.jpg
みんな大好きです!

3年 長尾緑(なみ)
【2012/06/09 23:05】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
6/8
こんばんは、まかです。
ブログのことをすっかり失念してました・・・。
すみません・・・。

大道具などの搬入練習をした後、演出・台詞の変更点の確認、各自発声をしてから、通しをしました。

通しでは、前日にもかかわらず1時間を越えてしまいました。
それぞれの台詞の間が少しずつ伸びたり、台詞を噛んでしまったりなどが重なってこういう事態になってしまったんだと思います。
また、一つ一つの言動にそれに見合ったリアクションや、話し方、感情表現が出来ていないということもいわれました。
自分の台詞が劇の中でどのような役割を担っているのか、その台詞が全体にどのような影響を与えるのか、その時自分ならどう反応するのか、また演じているキャラクターだったらどう反応するのかなどをもっとしっかり考えてそれに見合った演技がしていけるようになりたいと思いました。

通しが終わりダメ出しをしたあと、衣装・小物などの確認、ダメ出しをされたところの確認などをしました。

明日はもう本番なのに足りていないところがたくさんあってとても不安ですが、がんばりたいと思いました。
また、本番はこれまでに無いくらい緊張するとおもいますが、今の自分に出来る精一杯の演技と素早い行動が出来るようにしたいです。

それではこのへんで。
【2012/06/09 21:57】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
6月9日(土)
こんにちは!ミイです。
今日はスターピア公演でした。
はじめての大舞台でとまどったけど、楽しんで
演じることが出来ました!

~みんなの反省・感想~
1年生☆
 ユリ
・家庭のシーンで泣いた。 ・全体的によかった。
・これからも頑張ろう。
 ユキ
・頑張れた。 ・「大きな成果」を間違えた。
・ミスのないように頑張っていきたい。
 マカ
・走ってきてこけるシーンが変だったと思う。
 ポチ
・「そんなの施設に預ければ済むんじゃないの?」を抜かしてしまった。
・台詞が速くなってしまった。
 タマ
・緊張したけどみんなに励まして貰えて自然にできた。
・台詞が速くなってしまったけど、忘れずに言えた。
・気持ちの切り替えを練習していきたい。
 カナ
・普段と違う自分になれた。
・楽しんで演じることができた。
 ミイ
・楽しくできた。
・台詞を言う時、首が動いてしまった。
・声が高いので改善していきたい。
・幕にあたってしまった。
2年生☆
 エリ
・もっと作りこめたと思う。
・達成感が得られなかった。
・これから改善していくことがある。
・もっとたくさん練習して地区大では自信を持って演じられるように。
 ミサ
・時間がなかった。
・自分の役を作りこめてなかった。
・作品を深められる。
 トキ
・もうちょっと練習できた。
・家庭と学校シーンを絡める必要がある。
・コロスのタイミングを揃える必要がある。
 ニシ
・初めてで分からないことがあって焦った。
・みんなの支えがあってできた。
 チカ
・台詞をとばさずに言えて良かった。
・お客さんの反応に流されずに言えて良かった。
・演出だったのに完全にできなくて申し訳なかった。
 マリ
・リハで照明の時間を長く取って申し訳なかった。
・本番でできて良かった。
・次はミスなしで。
 モモ
・通しで同じところを間違えてしまった。
・通しで完全に集中できてなかった。
 ワタ
・五日前に喉を痛めてしまって申し訳なかった。
・本番台詞を2,3回噛んでしまい迷惑をかけてしまった。
・緊張してなにがなんだかよくわからなかった。
3年生☆
 トモ
・アイドルできるかが不安だった。
・自然にできて、成長したと思った。
・早着替えで時間がなかった。
 エミ
・有芽が卒業した後、髪形を変えるのを忘れていた。
・台詞間違えも多々あった。
・幕を触らないように気をつけること。
・1年の肝っ玉の太さに驚いた。
 ナミ
・一週間前にキャストで入る事になって不安だった。
・とても楽しかった。
・音響がノーミスで凄かった。
 ユウ
・楽しかった。
・いい演技をしようと思うよりも間違えないかという不安があった。
 ルカ
・楽しくできた。
・占中八策のパネルを出し忘れていた。
・演出において、適切な指示を出せなかった。
・1年生は声が出ていて練習通りできていた。
・舞台に立てないと思うと3年間早いなーと、みんないい人やなと思った。
・地区大頑張りましょう!!
千晶先生☆
・先週金曜日に厳しく言ったけど、それまでの練習には緊張感が足りてなかった。
・そこは反省して、同じことを繰り返さないで。
・公演の準備も、リハの段取りも不十分だったので、2年生を中心に次回の公演には計画的に準備を。
・2年生もうまいんだけど、伝えられる強さという点で、3年生と2年生との差を感じた。
・もっと自信を持って、相手に自ら伝えようとする強い気持ちを持って欲しい。
・勝手に感じ取って欲しいではなく、この思いを受け取って!という強さが欲しい。
・入ったばっかりの1年生はただセリフを覚えるのではなく、心の動きを丁寧にたどって欲しい。
・自分の演じる役の言動が、この芝居全体の中でどういう役割を果たしているかを考えて。
・要らない役はない。

整理すると…
 1年
・気持ちの繋がりをとらえる。
・自分の役割、台詞の意味を考える。
 2年
・勝手にやってる感じがした。
・目線が正面を向いてない。

 全体
・自ら伝えていない。
・人をぐっと掴む力が一番大切。
・めげない心、自信を身につけて欲しい。
・脚本の問題があり
 みんなで知恵を出し合って改善していく。

ヨコ先生☆
・10日前とは全然違う。
・楽しいというみんなの気持ちが伝わってきた。
・台詞がところどころ早い。
・動きながらの台詞が聞き取りづらい。
・英語の台詞が聞き取りづらい。
 ゆっくり話した方が良い。
・衣装に不安を感じた。
・見ていて楽しかった。

シンさん☆
・地区大の時にリハの指示を効率よくできるように。
・もっと早く段取って、計画的にやるように。
・しっかり勉強して赤点取らないように!!
・土・日の集中力は凄かった。

片岡先生☆
・人に見ていただくという意識が足りなかった。
・練習の時に本番を意識してやっていなかった。
・先のことを見通して、ひとつひとつの練習を大切に!
・勉強と部活などすべてを劇に絡めていけるようにメリハリをつける。
・客層によって演出プランを変えた方が良い。

以上です。

すみません。文章能力がないので分かりづらいかもしれませんが
お許しください。

今日をもって、ナミ・エミ・ユウが引退という事になりました(;;)
いつも優しく接してくれて、発声も1から教えてくれて
一緒に舞台に立つ事ができてとても嬉しかったです!

本当に寂しいです!もっと一緒に演技がしたかった!!
今までたくさん迷惑をかけてしまいすみませんでした。

今まで教えてもらったことをすべてこれからの演技に生かしていけるよう
頑張ります!!!!


また明後日から地区大に向けて頑張っていきましょう!!



【2012/06/09 20:35】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
遅くなりました:公演のお知らせ
顧問Hatchです。

「詳細が決まりましたらお知らせします」としていた6月の公演について、
遅くなりましたが、詳細をお知らせいたします。
page01.jpg
13時から行われる金美齢氏の講演会は、
定員1000人のため、整理券が必要です。

700人の「先行予約」の締切は5月末でしたが、
主催の(社)周南青年会議所のリレーブログ(6月1日付)を読んで、
まだゆとりがあるような印象を持ちました。
詳しくはこちらまでお問い合わせください。

その後、14時45分から、舞台芸術部の上演予定です。
3年生にとっては、これが最後の大きな舞台になると思われます。
多くの方に来ていただけるとうれしいです。

さて、「華陵の舞台は整理券が必要?」
というお問い合わせもいただきます。
整理券が必要なのは、金美齢氏の講演会です。
それ以上につきましては、申し訳ございませんが、
主催の(社)周南青年会議所に直接お問い合わせください。
曖昧な言い回しで申し訳ございません。
【2012/06/09 17:00】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(1) | コメント(7) | page top↑
6月8日^^
こんばんわ!
今日のブログ担当はエミです。
日付が変わっちゃう前にさくっと、今日を振り返ります。

今日はみんなが集まり次第、明日のリハの確認等をしました。
そして、昨日ダメだしをもらった、コロスのシーンと家庭のシーンの見直しをしました。
そのときにchi先生がいらっしゃって、演出をつけてくださいました。その後、通しをしましたが、今日も一時間越えてしまいました。
本番前なのに大丈夫か!?って感じです;
いまさら失ってしまった時間を悔いてもしょうがないんですけどね・・・。

その通しでわたしがもらったダメだしで丁寧に言おうとしすぎてセリフに感情がこもっていないところが多々あると言われました。多分、前々からの声が高くてセリフが聞こえないというのを気にしすぎていたんだと思います。
演劇で一番大切なことが出来ていなくて、かなりショックでした。でも、落ち込みません。明日の本番では、感情もいれつつ、聞こえ難いセリフがないように心がけます!なんとしてでも、先輩の意地にかけて、がんばります!


さて、明日が公演なわけですが、緊張してます。
一年生はもっと緊張しているんじゃないかなって思います。初めてですからね、大勢のしかも地域の人たちに観てもらうのは。
緊張していても、失敗は恐れないで!・・・いや、ある程度は恐れてください。
でも、失敗したからって気負うことは全然ない!ルカとかはじめての地区大で失敗したぁって泣いてたけど、失敗したほうが成功したときよりも学べることが多いと私は思います。
『初めて』というのは誰にだってあって誰だって緊張するもの。
だから、明日は、失敗することを恐れて変に緊張するよりも、舞台を楽しみましょう!
あ、別に緊張がいけないというわけではないんですよ?適度の緊張は必要です。しすぎがダメなんです。

それでは、明日はみんなでたくさんの人を魅了する舞台にしましょう!
【2012/06/08 23:58】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
6月7日
チカです。
今日は千晶先生がいらっしゃり、またお叱りを受けてしまいました。「本番2日前になんでこんなに緊張感がないの!?」と。千晶先生がいらっしゃった時は先生に引っ張っていただき、私達もシャキッとしていましたが、おられなくなると甘さがでて、ダラけてしまう。だれも焦って何かをしようとしていませんでした。2年になり、焦りが必要なことは知っているはずなのに。恥ずかしいです。
その甘さに注意を受ける度に、1年生も巻き込んでしまっていることが、私は心から申し訳ないです。1年生、本当にごめんなさい。私達でよく話し合いをし、改善していきます。何か気づいたことがあれば、「どうなってるんですか?」と言ってきてください。


前回のブログに書いていたことですが、両親や先生方と何度も話し合いした結果、悪い方向には向きませんでした。何度かの話し合いで部員の思いを知り、改めて私は恵まれているな、と感じました。まだ自分の中で完全に踏ん切りがついていないところも少しありますが、今は踏ん張っていきたいと思います。

では
【2012/06/08 08:51】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
六月六日
こんばんは ときです。
本番までもうすぐです。
 
通し稽古の話。
 
今日は通し稽古を二回したのですが、前から見る人があまりいないという事態。
自分の出番がしばらく無いひとは前からみましょう。
 
あと通し稽古は本番と思ってやりましょう。
流しではなく毎回本気で、衣装も本番と同じで。通しを何回もするのは本番何が起こってもなんとかするため。
 
と言いつつ僕がこれをできてませんでした。
 
一年生の見本となるべきがこれでは、いかんです。いつまでも一年生じゃないんだからそこの自覚をもたなくてはなりませんでした。
 
僕が一年生のときにおしえてもらったことをしっかり教えないのはおかしいことです。
しっかりこれから教えていきます。
と同時に
しっかり自分におしえていきます
これから頑張りましょう。
 
 
それでは。
【2012/06/08 01:44】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
6月7日【木】
ユキです(`∇´)
もう日付が変わりそうですがブログ更新といきましょう。

今日もchi先生がいらして指導をしてくださいました。
chi先生のご指導は厳しいけど、とても為になるし指導をしてもらう度に
自分の中の何かが変わっていく様な気がするので、とても有難いです!(≧∀≦)

chi先生ご自身もお仕事が忙しいでしょうに、
いつも私たちの事を気にかけて下さって本当に有難う御座います!!

さて、上記の様に書きましたが
本日のchi先生のお言葉…
「この間と全く変わっていない。いっそそれ以下!」Σ(゜□゜`)ガーン!
ショックを受けましたが、確かにその通りだと思います。
やはり自分では変わっている様に思えててもまだ成長していなかったか・・・orz

chi先生が特に気にしていらした事は
【ポチの台詞が心に入って来ない・噛み過ぎ】
【エミ・タマの台詞の言い方が気になる】
でした。

自分も「プラチナは~…」の台詞の中盤が
繋がって何を言っているのかわからないと言われたので、
明日は朝と昼にユウに台詞練習を見てもらう事にしました。

いつかchi先生に「文句無し!素晴らしいよ!!」と言ってもらえる様な
演技ができる様に頑張りたいです!

え~それでは最後にユウへ・・・
「こんな私の練習にわざわざお付き合いいただき有難う御座います!
 明日(最早今日)も頑張りますので、宜しくお願いします!!」


ではでは~ノシ
【2012/06/08 00:09】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
6月6日
こんばんは。水曜日担当のカナです。
だんだん暑くなってきましたね。

さて今日の部活の練習では配置の練習をしました。その配置は5分以内にしたらいいそうです。私は釘打ちをしました。私は下手の前の釘を打ちます。私は釘を優しく打ってしまうのでもっとガンと打つようにしてみます。あまり時間のかからないように練習しておきたいです。

配置を終えると通しをしました。出る所を忘れていたり、着替えに時間がかかってしまったのでもっと着替えに時間がかからないようにしたいです。

そしてもっと楽しんで演技をして行きたいと思います。
6月9日が本番なのでそれまでに今日自分が上手くできなかった所を直して行きたいです。

明日の練習は通しが終わった後よっしゃー!上手く出来たー!っと思えるように明日も頑張りたいです。

【2012/06/06 21:04】 | 日記~2012 Welfareフェスタ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。