スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
地区大会へのコメント
顧問Hatchです。上演後にいただいた感想用紙から、内容の一部をご紹介します(文面どおりではありませんがご了承ください)。

【舞台全般について】
・テンポがよく、舞台に引き込まれてしまった。
・既成台本ではあるが、華陵らしさにあふれる舞台だった。
・非日常の非リアルな設定を十分楽しませてもらった。が、舞台は時間がなかったためか、即席という感じがした。
・部屋の外に飛び出して何もなかったと安堵するシーンは、それまでの危機感の煽り方との対比がよくできていた。
・見ていて飽きない舞台だった。
・エンターテイメントとしては成功しているが、テーマをすくいきれていない、あるいは描ききれていない。

【演技について】
・1年生の演技はよかった。おばあちゃん面白かった。集金女もいい個性。
・キャラクターをしっかりつかんで役作りがされていると感心した。
・ヤクザも刑事も面白かった。が、叫びすぎて耳障りな台詞もあったので、台詞によっては速度に注意が必要。
・浪人生と女子大生をもっとリアルに。

【音楽について】
・生演奏がよかった。
・楽器は上手だったが、芝居全体の演出として効果的かは疑問。

【舞台装置について】
・セットの閉塞感が足りない。
・パネルが高く、居間という感じに思えなかった。


審査員の先生方からもたくさんの助言をいただきました。感想用紙に書いていただいた様々なご提案も含め、いろいろと試しながら、さらによい舞台を作っていきたいと思います。ありがとうございました。
スポンサーサイト
【2013/08/11 13:26】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8/10(土)[地区大会②]
再びタマです!
地区大会後の部員の反省です。
ばばばっと書いたので、メモのような形になっています。申し訳ない…

ワン: 楽しかった。皆と楽しく演劇をやるのが嬉しい。皆のサポートもしたい。音楽隊の息を合わせることが課題。次の大会に向けても頑張りたい。

ルリ: まだまだ演劇に対しては手探り状態。今回袖で足が滑りまくったので気をつけたい。次の大会ではもっと暴れて、もっと楽しみたい。

ユゥ: 来られなかった友達や、応援のメッセージをもらって、沢山の人が支えてくださっていることを実感した。人に何かを伝えるというのが、楽しく感じられた。また、本番の一時間、女子大生として居られたのが嬉しかった。

アユ: 音響卓に片岡先生がいてくださってすごく安心した。本番は一度も瞬きをせず、暇もなかった。色んな人と支え合ってできるんだと実感した。とても楽しかった。

サナ: 今までで一番の出来だったと思う。キャストさんも楽しそうだったし、観ている自分も楽しかった。次の大会も頑張ろう。

サイ: 照明で失敗して、テンパってしまったけど、次の大会でも、また照明をやりたいと思った。

ツゥ: 観ていて、迫力があって、楽しかったし、面白かった。次の大会でも頑張ろう。

ナナ: 始まる前はとても緊張したが、終わってみるとあっという間だった。次では、もっと演技力を高めたいし、自分に足りないところを、今以上に頑張っていきたい。

モチ: 一曲一曲ミスってしまって、申し訳ない。次も音楽隊を使って下さるなら、今よりももっと完璧にしたい。舞台に立てて良かった。終わってからのお客さんの拍手が嬉しかった。

ユキ: 観ていて、楽しい雰囲気が伝わった。今回、あまり練習に関われていなくて、自分は本気で「ごんげら」と向き合っていなかったんじゃないかと思う。県大会ではもっと向き合いたい。

カナ: 今回は観る立場だったけど、観ていて楽しそうで、自分もやりたいと思った。次の大会へは、もっと自分から動いていきたい。

ワタ: 出始めから暴走していたのが自分でもわかった。お客さんに笑ってもらえて良かった。大会までに色々ゴタゴタしていて、もうダメなんじゃないかと思った。今後どういう風に活動していくかが課題。

トキ: 皆に一番多くの迷惑をかけてしまって、本当に申し訳ない。なのに一緒にやってくれてありがとうございました。これからも頑張っていこう。

チカ: 練習にあまり顔を出せなくて、ぎりぎりで既成に変わったから大丈夫かなと思ってたけど、案外キャストもはまってて、面白かった。既成だけど華陵らしさも出ていて、創作っぽかった。今後の課題は、部活全体の雰囲気として緊張感が足りない、ゆるい気がする。もうちょっと周りを見て、個人が色んなことに気を使おう。

マリ: 部活に来ていた割にあまり関わることができなくて申し訳ない。上演できて良かった。自分も大切だけど、もっと周りにも目を向けて欲しい。バラバラでは乗り越えられなくても、みんなと一緒だったら乗り越えられることだってある。

ミサ: 袖からであまり観ることができなかったけど、お客さんの反応が良くて、それが一番の救いだったと思う。今回、キャストになれなかった人が結構いたけど、キャストだけが大切ではない。自分もブタ芸の一員なんだということに誇りを持って欲しい。今、外から見る人がいるのにいない状況にある。他人事にならないで、自分の考えをもっと伝えるべき。あと、人間関係の構築。

エリ: 本番を観ていて、それぞれ自分のベストを尽くせていたんじゃないかと思う。もっと頑張って欲しい。リハで、指示をする人をしっかり確立した方がいいんじゃないか。創作から既成に切り替えて、何度も辞めたいと思ったけど、最後までやりきることで自分の自信にもなったし、良かった。


ホリ先生: 演劇の世界は初めてで、自分に何ができるかを考えながらやってきた。色んなことを乗り越えながらブタ芸は成り立っているんだと思った。今回、マリとエリの力が絶大だった。一、二年生も、もっと細かい事に気付く人になって欲しい。一人の人間として成長して下さい。

ハッチ先生: 今後の課題として、まずは声を出す。人が何を考えているかというのは、結局は声に出してみないと分からないし、伝わらない。一人で抱え込まない。伝えられた方はそれを素直に受け取る。分からなければ聞く。動く。次に、気が付く人になろう。全て自分の事と思って聞くことが大事。アンテナをはっておく。他人事と思わず、気を利かし、自分の事と思って動く。最後に、演劇にはいろんな関わり方がある。キャストとかスタッフとかいう縛りだけでなく、他にも演出など皆が出来ることは沢山ある。世の中は自分の意見を却下されることが多い。意見を出しては潰され、出しては潰され、ということ自体が大切。そういった否定されるという貴重な経験ができるのがブタ芸の特徴でもある。こうやったらどうだろう、というのを言ってみる。まず言ってみる。


以上です。
時間がかかってしまって申し訳ないです。それぞれの反省を活かし、より良い演劇、ブタ芸を目指していきます!
【2013/08/11 10:54】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8/10(土)[地区大会①]
タマです!
昨日は地区大会本番でした。

当日まで、色んなことがありました。脚本がギリギリで既成に変わったり、部員がやめたり、人間関係がこじれたり……文章で書くと薄く感じますが、一つ一つの出来事について、その都度本当に深く、重く、大切な話し合いを部員と先生とで行いました。

地区大会前までに多くの問題が勃発し、大会、果てはブタ芸は大丈夫なのかと、先輩や色んな先生方に心配をおかけしてしまいましたが、なんとか乗り越え、無事に大会も終え、最優秀をいただくことができました。


私は、地区大会へ向けて、あまり勝ち負けのことは気にしていませんでした。(こう言うと勝ち負けにこだわる方々の気分を害してしまうかもしれませんが…)ギリギリで既成に変わり、残りの時間を必死に練習し、本番、みんなで楽しく上演をすることが目的となっていました。みんなで、というのがこだわりです( ゚,_ゝ゚)

また、その自分たちの楽しさが、見ている方々に伝わって、見ている方々も一緒に楽しくなってもらえれば万々歳だなと思っていました。
(勿論楽しいだけでなく、この脚本で伝えたいことも、プラス伝えられたらもっと良い!しかし、審査員の方にも言われたのですが、今回はメッセージ性が弱く、楽しいところばかりになってしまったので、次の大会までにそのメッセージ性の部分を深められたらと思っています。)

あまり勝ち負けにはこだわっていないつもりですが、やるからには勝ちたいと思っています。

でもたとえ負けたとしても、負けたから終わりではなく、前回学んだのですが、負けたからこそ学べることもあるわけで、そりゃあ色々な後悔だったり悲しさだったりはあると思うけど、でも私は今回の地区大会では、負ける覚悟もしていました。負けて、「あの時創作を続ければよかった、なんてことにはならないぞ!」という決心もしていました。

既成にして、その脚本と向かい合い、真剣にその脚本に取り組みました。
しかし取り組んでいく分、勝ちたいという想いは必然的に思ってしまいました。また、一年生のためにも、勝って、勝つことで得られる喜びや感動、団結力の強さ、ブタ芸の素晴らしさを教えてあげたいと思っていました。一時期ぐちゃぐちゃ、どろどろになってしまったブタ芸をしっかり再構築するきっかけになると思ったから。

だから今回は勝って、次にすすめる道ができて、本当に良かったです。安心して、泣いてしまいました。ここからが大変なんですけど。

うーん、結構勝つことに対する思いが強い気がする。
あんまりこだわりすぎることがないようにしたいです。暴走しそうで怖いから。


みんなと演劇をしたい。辛いことは必ずあるけど、それを乗り越えてさらにみんなと前に進んでいきたい。みんなと楽しさを共有したい。私には、その上で勝ち負けがあって、勝てたら万々歳。負けたら、それは、それまでに如何にみんなとやってこれたかで変わってくると思います。


こんなことを書いていますが、練習で演出や他の方を手助けしきれていません。もっと自分から関わって、次に繋げたいです。今回落ちてしまった他校の方々の分も背負って、次の大会を目指します。


いつもブタ芸を支えて下さっている皆様、本当にありがとうございます。今回、ブタ芸は色んな方の支えがあって成り立っているということを改めて実感しました。一年生も、今回それを一番強く感じているようです。

大事な受験があるのに、私達後輩が不甲斐ないせいで部活に足を運んで手伝ってくださる先輩方、本当に感謝です。大好きです。らぶです。皆さんの今後の、あらゆる事の成功を願っています!



これからも舞台芸術部を宜しくお願いします。
次の大会頑張るぞー!おー!


([地区大会②]の方で、部員各自の反省を書いております。)
【2013/08/11 08:09】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
8月9日 自分を信じて。
こんばんは、最近腰を打ったサナです。原因は、ベッドから落ちたことです…本当にすみません。ご迷惑をおかけします。

さて、今日はリハーサルの日でした。もう明日が本番だと思うと、すごく緊張してきました。
私はけがのためまともに歩けないので、アユと一緒に音響卓にいました。そこで、リハーサルの様子を見ていました。
リハーサルで感じたことと、明日に対する意気込みを今日は書きます。

まず、リハーサルから。準備にかなり時間がかかったため、きっかけ練習や声だしが十分できていなかったところがすごく残念なところだと思いました。
設置の時は、もっともっと自分から仕事を探して、ぼーっと突っ立っておくことがあまりないようにしましょう。
全体的には一人一人がもっと集中して設置などに取り組むべきだったと思います。
あと、くぎ打ちするとき・し終わった時、パネルを運ぶときなど、声を出すところは聞こえるくらいきちんと出しましょう!
くぎ打ちは焦らず確実に!

次に、明日に対する意気込みなど。
本番にかける思いは一人ひとり違うと思います。緊張、とにかく勝ちたい…など、それぞれの気持ちや思いがあって当然です。

私は、地区大に対しての特別な感情は特にありません。ただ一つ言えることは、上演時間である1時間の間を作品の中で、楽しく生きていきたいということです。
「GONGERA」の世界の中で現実と違う、何か別の世界の中で楽しく生きたいと思っています。

やはり、本番の舞台は足が震えるほど緊張します(私の場合)。緊張するのは皆さん同じだと思います。
緊張しない方法はありません。唯一の方法はきっと、「自分を信じること」ただ一つです。
地区大での本番の舞台は失敗をしたとしても一度だけです。
その中で自分が今までやってきたことを信じて生き抜くこと。それが一番後悔しない舞台になると思います。

明日の本番は、1時間「GONGERA」の世界の中で自分を信じて楽しみましょう!
私は勝ち負けももちろん大事ですが、勝ち負けよりも自分が楽しむことが一番大事だと思います。
自分を信じて、楽しみましょう。

今日はとにかく皆さん早く寝て、明日に備えましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。以上、サナでした!


【2013/08/09 20:53】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうすこし!【8月8日(木)】
どうも、モチです。

今日は、発声練習と少し部分練習をして、大会に向けての準備などをしました。
そして、今日は早めに上がらせていただきました。

今日の部活の終わりの方に、少しだけ話し合いをしました。
顧問のハチ先生が言っているように「良い舞台をつくる」という、皆の目指すところ。
もちろん、それは私も同じ目標です。
たぶん、部員の方々も同じはずです。

だから、なおさら皆で頑張りたいな!と思いました。

…なにが、言いたいのか全く分からなくなってしまいました…
言葉がとても苦手なんです!
ごめんなさい!


また、リハーサルは明日で、本番まではあと2日となりました!

私は自分の演技?に全く納得出来てないので…
舞台の足を引っ張らないようにしたいですし、皆様に少しでも印象に残してもらえるようにするべく、
ラストスパートで、がんばりたいと思っているところです!
【2013/08/08 22:37】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大会直前
顧問Hatchです。

大会を目前に控えた今、部員のみんなにはいろいろな思いがあることでしょう。

作品の仕上がりに自信がなくて、打ちのめされそうな人。
練習で上手くできずに悩んでいる人。
舞台とは関係ないことで悩みを抱えている人。

でも、明後日の上演は、裏方として今回の舞台を支えてくれる3年生と一緒に作ることのできる、最後の舞台です。もしかすると、GONGERAをすること自体、最後になるかもしれません。やり残したことのないように、精一杯頑張りましょう。

今日も話をした内容ですが、私は、いろんな人がいろんな思いをもってこの大会に臨むのは、ある意味自然なことだと考えています。

自分たちのメッセージを観客に届けたい人。
自分の舞台上での姿を大切な人に見せたい人。
友達と一緒に1つのものを作り上げたい人。
とにかく「勝ちたい」人。

いろんな思いがあります。どれがいいとか悪いとか、どういう思いでなければならないとか、そういうのはない、と私は思っています。

全員があらゆる点で「1つ」になることなんて、そうそうできるものではありませんし、あらゆる点で「1つ」になっていなければならない、というのは、どんな集団でも最終的には個人の集まりである以上、不可能です。

しかし、人はある「目標」に向けてなら、まとまることができます。舞台芸術部の場合、どれだけ激論を交わし、たとえ人間関係がぎくしゃくすることがあったとしても、「いい舞台を作る」ことが目標であるなら、私たちは1つになれます。いや、「舞台を作る」ためにここにいるのだから、それ以外の要素がどれだけ絡んだとしても、舞台芸術部は、最終的には絶対に1つになれるのです。そして、先ほど挙げた「それぞれの目標」は、この「いい舞台を作る」ことから始まるのです。だったら、1つになれないわけがない!

明日はリハーサル、明後日は本番です。ベストを尽くしましょう。


【明日・明後日のスケジュール】

8月9日(金)
 7:30 通し稽古1(華陵高校)
 8:40 リハーサル練習(終了後、「接待係」の生徒は堀本先生の車で移動)
 9:30 通し稽古2
10:30 撤収及び梱包
11:00 大道具搬出
11:30 大道具出発、自家用車組華陵高校出発
12:10 周南市市民館への大道具搬入
12:40 楽屋入り(「楽屋B])、昼食とリハ準備
13:40 リハーサル(15:00までに楽屋撤収完了)
14:40 リハ見学、役割の仕事または練習(2階ホワイエ:大声を出さずに)
18:30 全日程終了、解散

8月10日(土)
 7:30 通し稽古(周南市市民館そばの公園)
 8:30 会場入り、役割の仕事または練習
 9:30 開会式
 9:40 役割の仕事または観劇(楽屋入りまで)
12:20 昼食
13:40 楽屋入り(「楽屋B」、上演準備)
14:40 上演
15:40 大道具搬出
16:00 役割の仕事または観劇(16:10楽屋撤収完了)
17:20 閉会行事
18:00 会場出発
18:30 大道具搬入、簡単な反省会の後、解散(19:30頃)
【2013/08/08 18:57】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8/7(水) 残りわずか
 どうも!最近体重が減ってて機嫌がとても良いサイです!
 今日は、午前中は発声練習と部分練習をして、午後は通し練習とリハ練習をしました。今日はオープンスクールだったので、中学生とその保護者の方々、先生方などたくさんの方がいらっしゃいました。中には私の後輩もいました。ちゃんと話せなくてごめんねー(泣)入学したらまた見学においでー
 そして、暗転練習をしました。照明を使える唯一の機会なので、普段よりも集中してやりました。今日が最後の暗転練習でした。あとはリハでするしかないです。
 リハまではあと2日、本番まではあと3日、お客さんに喜んでもらえる作品にしたいです。
 本日の担当はサイでした!!
【2013/08/08 07:49】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お久しぶりです!!!! 8/6
こんにちわ、アユです。 暗転練習が昨日あり地区大会への実感が湧いてきました。地区大会まで今日いれて6日です。一週間きりました。ここからが踏ん張りどころなのでがんばります。

今日は10時からということで基礎練は個人個人でやりました。
午前は設置を二回しました。私も設置をしてみました。パンチとニ間パネルを設置したのですが、ニ間パネルが一番持っていて怖かったです。高さと重さで他のパネルよりも慎重に運ばないといけなかったからです。垂直に持つ大変さを知りました。設置に5分かかりましたがこれからどんどん練習して短時間になることが目標です。

午後は二回通しをしました。一回目はエリがみにきてくれました。二回目はルカやチカ、ミサがみにきてくれていつもよりも反省点がでてきたのでよかったなと思いました。
皆さん、お忙しい中ブタ芸を見に来てくださったこと嬉しかったです!!!
二回目の反省点のとき、浪人生の演出を色々とつけてくれましたのでよかったかなと思います。色々な面で皆さんが来てくれたことにモチベーションが上がりました。ありがとうございます。
明後日、暗転練習があるのでがんばっていこうと思います。 地区大会頑張ります!!!!
というわけで、この辺で終わりたいと思います。ではでは。
【2013/08/06 08:48】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自分で動けるか
顧問Hatchです。あと数日で本番ですね。先日の進路講演会で「前向きに!」と言われたように、よい舞台を作るために、自分にできることはすべてやっていきましょう。

さて、今日は、この前ラジオから流れてきた、あのマイケル・ジャクソンの昔話をちょっとばかり。「Wiz」というミュージカルに「カカシ」役で出演したとき、マイケルは他の役者の台詞や歌、踊りを全て覚えたそうです。「才能があるから」でしょうか? それもありますが、多分彼は誰に言われたわけでもなく、他の役がどのように感じて体を動かし、台詞を言っているのかを理解しようとしたのでしょう。自分自身の向上のためもあるでしょうが、私は彼が作品をより豊かなものにするために、そのようなことを行ったのだと思います。

さて、みんな。本番は今週土曜日です。それぞれがどのように舞台芸術部に貢献できるかを自分で考え、動いてください。私もようやく「オープンスクールDVD作り」が一段落し(動画を見ると気分が悪くなるくらいの日々でした)、部活に長時間を割けるようになりましたので、頑張りますよ!
【2013/08/05 21:58】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
暗転練習
こんにちは。今日のブログ担当はつうです。

最近私って集中力ないなとしょっちゅう感じます。前から演技を見てるのですが時間が長くて集中力がきれて
しまってます。今から鍛えないと後で困るので辛抱してがんばります。

今日は、午前中昨日の通しのダメだしの改善、7時くらいから暗転練習をしました。

この脚本は、タイミングが悪いことが一番ダメだと思うので勢いを大切に演技することが必要だと思います。
どのシーンでもタイミングが遅れると微妙に見えてくるのでひとつひとつの動きを細かくタイミングをはかっ
てできたらいい作品にしあがってくるのではと思います。
そして、動きをピタっと止めることも重要です。動き、タイミングに気をつけ残り少ない時間頑張りましょ
う。

暗転練習に関しては、悠の声の大きさが小さいことがきになりました。ラジオのシーンが聞こえにくいです。

暗転とは関係ないですが、ナナの表情が気になります。下を向いているので気をつけましょう。
【2013/08/05 00:13】 | 日記~2013地区大会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。